スポンサードリンク

洞口依子の夫や子供の存在とは?現在はリンパ浮腫fで闘病?

洞口依子の夫や子供の存在とは?現在はリンパ腫瘍で闘病?

洞口依子の芸能界デビューや女優として

洞口依子さんは女優として活躍を
している方です。

 

1965年3月18日生まれです。

 

東京都武蔵野市出身で
高校時代に「週刊朝日」1980年
11月7日号の表紙となりました。

 

その後、EPICソニー・スターメイキング
コンテストで優勝を果たします。

 

雑誌「GORO」の「激写」モデル
として芸能界デビューを果たしました。

 

1985年の映画「ドレミファ娘の地は騒ぐ」
に主役として初出演を果たします。
(黒沢清監督、伊丹十三と共演)

 

それ以降も黒沢監督や伊丹監督の
映画に多く出演をしています。

 

1986年「女の人さし指」でテレビドラマ
初出演をし、その後テレビドラマ
「愛という名のもとに」

「ふぞろいの林檎たちⅣ」などの作品
で一躍人気となりました。

洞口依子の夫や子供の存在とは?リンパ浮腫で

スポンサードリンク

 

洞口依子さんは1997年にNHKの
ディレクターと結婚をしています。

 

洞口依子さんの夫は一般人という
こともあって画像や名前などの情報は
ないようですね。

 

2004年1月に洞口さんは子宮頸がんを
告知されて子宮と卵巣の全摘出手術を
受けることになりました。

 

受診をした当初は子宮筋腫とばかり
とおもっていたそうですが・・・

 

先生から「子宮頸がんの疑いがあります」
ということを告げられて・・・

 

まるでテープが逆回転しているような
感覚に襲われたそうです。

 

さらに、隣にいた夫を見ると両目が点
になって口が半開きで死にかけの人形
みたいになっていたそうです。

 

当時38歳ということで卵巣を取ることに
ためらいがあり、放射線治療をしようかと
いろいろ悩んだそうです。

 

しかし、夫が
「今後、子供が産めないことも、あらゆる
困難にもすべて立ち向かおう」と言って
くれたそうです。

 

術後は後遺症に悩まされた過酷な
闘病生活を送ったようです。

 

格闘の様子を赤裸々に記した
始めての著書「子宮会議」を発売して
イベントなどでは予防のための検査
をするように呼びかけています。

2004年に子宮と卵巣の全摘出をして
その後、10年ぐらいは再発することなく
健康だったのですが、2016年ぐらいに
警戒をしていた「リンパ浮腫」を
発症しています。

 

リンパ浮腫とは?
「手術の際に、がんの転移が疑わしい
リンパ組織を切除することで
副作用として発症する浮腫」

 

発症しない人もいれば
すぐに発症する人もいれば
洞口依子さんのように10年後などに
発症する人もいるようです。

 

リンパ浮腫は一度発症すると完治は
困難なようです。

 

水風船がたまるみたいにむくんで
しまうようです。

 

これ以上悪化させないために
リハビリに通ったり加圧の強い医療用
ストッキングなどを履いたりと
かなりの苦労があるようです。


スポンサードリンク

お読み頂きありがとうございます

記事が役に立ったや面白かったなど 情報をシェアや拡散して頂けると嬉しいです♪ 日々記事更新のカテになります

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ