スポンサードリンク

榎木孝明の家族とは?不食の生活で宗教との関係が?その後は一体

榎木孝明の家族とは?

不食の生活で宗教との関係が?

その後は一体

enoki_001

榎木孝明の過去から現在が

榎木孝明さんは俳優や水彩画家として
活躍されています。

 

榎木孝明さんは1956年1月5日生まれ
なので、2015年に59歳になります。

 

鹿児島県出身です。
幼少の頃は一人で絵を描いたり
するような目立たない少年だった
ようですね。

 

軟弱だった榎木孝明さんの少年時代に
父親は厳しく鍛えられたそうです。

 

絵が好きだったことは変わらずに
武蔵野美術大学に進学しました。

 

アルバイトで芝居をしたのを
きっかけにのめりこんでいった
そうです。

 

しかし、20歳のときに父親が肺がんで
急死しました。

 

1978年に劇団四季の研究生になって
3年生のときに大学を中退しています。

 

1984年に連続テレビ小説「ロマンス」で
テレビデビューをして以来は
数多くの作品に出演しています。

 

絵への情熱はなくなっていないようで
画集などを出版しているようです。
日本だけでなくインドやネパールなどの
地へ赴いて作品を完成させているようです。

 

その後、映画「アダン」出演の
際に監督から痩せることを相談されて
15kgの減量をした過去があるんです。

 

スポンサードリンク

榎木孝明の家族とは?嫁や子供

榎木孝明さんは1996年に結婚を
しています。

 

嫁は「鈴木輝江」さんです。

 

実は榎木孝明さんの嫁の鈴木輝江
さんは女優さんをしていた方なんです。

 

子役としてデビューをして多くの
ドラマに出演していたようですが
結婚後に女優としての活動はしていない
ということでした。

 

榎木孝明さんと嫁はドラマの
共演がきっかけで交際に発展して
結婚したそうですよ。

 

榎木孝明さんには子供さんが3人
いるそうです。

 

男の子が2人
女の子が1人ということのようですね。

 

榎木孝明さんは宇宙やUFOといった
ことにかなり関心を示しているようで
家族全員のイニシャルが「ET」
なんだとかw

榎木孝明の不食の生活と宗教とは?

榎木孝明さんは「不食」ということを
実践したことで最近では注目を浴びています。

 

「不食」とは日本ではあまり聞きなれない
言葉ですよね。

 

榎木孝明さんの不食を行うきっかけは
特になにもなかったそうで・・・

 

体について「研究」をしたかったのだとか・・・

 

そもそも不食とはなんなのか?

何も食べず飲まずに生きていける
ということだそうです。

 

プラーナという考えが元にあるようで
大気中のエネルギーを取り込むことに
よって人間は生きていけるのだとか・・・

 

確かに食べることで消化をしたり
で体にはかなりの負担がかかると
言われているようですね。

 

 

榎木孝明さんは20代からインドを中心に
旅をして帰ってきたときに飲まず食わず
で帰国したときに体調がよくなっている
ことに気がついたそうです。

 

実際にインドでは70以上飲まず
食わず状態で生活をしている
男性がいるそうです。

 

不食で死なないようにするには
いきなり食をたつとダメだということで

 

だんだんと動物的な体から植物的な
体に変化をさせていくそうです。

 

なんとも宗教的な考え方が絡んでいる
ような気がしますね。

 

不食の人にとっては食事は害であり
暇つぶしであると思っている
人もいるようですね。

 

しかし、世の中から食事をするという
楽しみがなくなったら自殺者が
多発するのでは?と思うぐらい食で
ストレスを解消したり喜びを得ている
人は多いものですよね。

 

たとえ不食で元気になったからといって
200歳までいきるわけではなく
たかが何年間しか寿命もかわらなそうです。

 

そう考えると無駄なことを楽しむ
という考えも必要ですし・・

 

そもそも無駄と思うのは人によって
考え方の違いもありますしね。

榎木孝明の不食のその後の生活は?

榎木孝明さんは不食生活を30日間

送ったあとに通常の生活に戻った
ようですね。

 

体重は不食によって9kgおちた
そうです。

 

こちらから不食で激やせした榎木孝明
さんの画像を見ることができます。

 

どう見ても健康的には見えませんが
目の光も失われているように感じますね。

 

本人が満足してそれで健康になったと
感じることができるのであれば
それでいいのかもしれませんが

病気というのは気持ちの持ちようで
変わることがあったりしますからね。

 

自分の信じている医者に診てもらったら
体調が悪くても良くなったという感じを
受けやすいということもあるようですし。

 

気持ちに大きく左右される唯一の
動物なのかもしれませんね。


スポンサードリンク

お読み頂きありがとうございます

記事が役に立ったや面白かったなど 情報をシェアや拡散して頂けると嬉しいです♪ 日々記事更新のカテになります

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ