スポンサードリンク

郷ひろみの結婚相手の嫁って?子供があの年齢で!二谷友里恵とは

郷ひろみの結婚相手の嫁って?

子供があの年齢で!

二谷友里恵とは

hiromi3_001

郷ひろみの芸能界入りが!

郷ひろみさんといえば歌手として
ずっと活躍している方ですね。

 

郷ひろみさんは1955年10月18日
生まれなので、2015年で60歳になります。

 

とうとう還暦を迎えるということなんですね。

幼い頃から美少年という評判が高かったようで
外国人と間違われることもしばしば
あったようですね。

 

その美貌がジャニー喜多川さんのおめがねに
かなってスカウトされてジャニーズ事務所に
入って芸能界入りをしたんですね。

 

本人は芸能界に入る気はあまりなかった
ようですが近所のおばさんが勝手に
東宝映画の「潮騒」の出演者募集に応募した
ようです。

 

当時のオーディションに行く途中にやっぱり
やめたいと思ったようですね。

 

オーディションには不合格になったそうですが
ジャニーさんに目をつけられたということです。

 

スポンサードリンク

郷ひろみの結婚相手の嫁って?

郷ひろみさんは現在結婚をしていますが

過去に多くの女性との熱愛がありました。
1975年にはロサンゼルス在住の日系
アメリカ人ドロシーと熱愛が報じられています。

 

1985年には祇園の芸妓さんとの熱愛や
六本木クラブNO1ホステスとのフライデー
騒ぎなどがありました。

 

そして有名なのが歌手の松田聖子さんとの
熱愛報道でした。

 

松田聖子さんと郷ひろみさんは交際を
公にしていたんですが・・・・

 

1985年松田聖子さんが単独で涙の破局会見を
おこなったんです。

 

その時の名セリフが
「生まれ変わったら一緒になろうねと話し合った」
という言葉でしたが・・・・

 

実際には破局会見のことも郷さんは知らず
そのような言葉も発していないということです。

 

芸能界はいろいろなことが絡んでいるので
何が真実なのか本当にわからないですね。

 

そして・・・・

1987年に女優の二谷友里恵さんと結婚をしました。
郷ひろみさんと二谷友里恵さんの間には
2人の娘さんも生まれました。

 

しかし・・・

1998年に結婚から11年という年月が
たち離婚ということになりました。

 

子供の養育費として郷ひろみさんから
二谷友里恵さんに対して1億5千万円が
支払われています。

 

離婚の原因は郷ひろみさんの度重なる
浮気だったようですね。

 

そして2度目の結婚をします。

 

2000年にニューヨーク在住の投資家の
娘である大根田名美さんと結婚をしました。

 

こちらから2度目の嫁の
大根田名美さんの画像をみることができます。

 

嫁が住んでいるニューヨークに郷ひろみさんは
移住をしたんですが
結局・・・

 

2005年には離婚をしました。

 

2012年に交際をしていた元タレントで
化粧品会社のOLだった
徳武利奈さんと結婚をしました。

 

郷ひろみさんの現在の嫁である

徳武利奈さんの画像をこちらから見ることが

 

できます。

徳武利奈さんは
1979年12月13日生まれなので
2015年で36歳になります。

 

郷ひろみさんとは24歳差の年の差
婚ということになりますね。

 

なんと!徳武利奈さんの父親は元
プロ野球選手の徳武定之さんです。

 

郷さんは「彼女は僕よりも僕の両親を
大事にしてくれる人」と語ったようですが

それを聞くと介護要員と思ってしまいます。

 

2014年には双子の男の子が生まれています。

 

郷ひろみさんが58歳のときの子供さん
ということでもはやおじいちゃんといっても
いいぐらいの年齢ですね。

 

お金があるといくつになっても男性は
子作りができるという感じですね。

郷ひろみと二谷友里恵とは?

郷ひろみさんは二谷友里恵さんと
結婚していた時期がありました
郷ひろみさんと二谷友里恵さんの離婚
はかなりドロドロしたものになりました。

 

それというのも双方が自身の自叙伝の
ような本をだしてお互いのことを書いて
しまったということにあるのかもしれません。

 

それぞれのいいぶんをどちらか正しいとは
ここで判断できることではありませんが
結婚から離婚ということでの
男女というのは心の中に多くの気持ちが
渦巻くものなのだなと感じますね。

 

郷ひろみさんも3度目の結婚で
双子の子供さんも生まれたことですし
今度こそは仲良く結婚生活をおくれると
いいですね。


スポンサードリンク

お読み頂きありがとうございます

記事が役に立ったや面白かったなど 情報をシェアや拡散して頂けると嬉しいです♪ 日々記事更新のカテになります

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ