スポンサードリンク

ハリーポッターの作者の収入が驚愕の金額で!生活保護だった過去から

ハリーポッターの作者の収入が驚愕の金額で!生活保護だった過去から

ハリーポッターの作者の生活保護だった過去とは?

ハリーポッターの作者である
ジョアン・ローリンズさんは
ペンネーム「J・K・ローリンズ」として
活躍をしています。

1965年7月31日生まれです。

イングランドグロスタシャー州
出身です。

 

幼い頃には美しい庭や自然豊かな
ディーンの森のそばで暮らしたこと
が、J・K・ローリンズさんの想像力
を育てたようです。

 

子供の頃から物語を書くことが好きで
初めて書いたのは「Rabbit」という
名前のうさぎの話で6歳のときだった
そうです。

 

総合性中等学校時代にはすでに
想像力に飛んだ作品で国語の
教師たちに強い印象を与えていました。

 

J・K・ローリンズさんは
文学方面に進みたかったようですが
両親の希望でエクセター大学で
フランス語と古典を学びました。

 

大学卒業後には秘書として働いて
いましたが仕事にはあまり興味を
見出せませんでした。

 

一度だけ出版社で働いたこともあり
原稿の断り状を送る作業をしていました。

 

国際アムスティでも働いたことも
あり、この時に大人向けの小説を
書き始めていました。

 

25歳を迎えるまでに2つの小説を
書いたんですが日の目を見ません
でした。

 

1991年にポルトガルの英語教師として
職を得ました。
ポルトガル在住中5ヶ月目で
出会った男性と同棲をし、妊娠を
しましたが流産をしています。

 

1992年に27歳で結婚をしましたが
その前にはすでに2人の関係には
亀裂が入っていました。

 

それから数週間後再び妊娠をします。

1993年7月第一子である娘のジェシカ
を出産しました。

 

しかし、4ヶ月後ローリングは家から
追い出される事件が起こりました。

 

翌日に赤ん坊を取り返し友人の
もとへ身を寄せ2週間後にポルトガル
に別れを告げました。

 

1993年12月社会保障局で生活保護と
住宅手当を申請しました。

 

1994年ころから貧困と心労のために
深いうつ病になり「自殺も考えた」
ことがあるそうです。

1994年8月に離婚を申請しました。

ハリーポッターの作者の収入が驚愕の金額で!

 

スポンサードリンク

 

ハリーポッターの作者である
J・K・ローリングさんがそもそも
ハリーポッターを思いついたのは・・・

1990年のことです。

延々と続く英国の田園風景を眺め
ながら4時間かけてロンドンへ戻る
列車に座っているときでした。

 

自分と同じように寂しげな黒と白
のフリージャン種の牛たちをじっと
見つめているうちに、突然アイデアが
浮かんできたそうです。

 

その後、安物の薄っぺらいノート
に一心不乱にアイデアを書き留めて
いったそうです。

 

これがハリーポッターの最初の草案
となっています。

 

1993年の生活保護を受けて旦那さん
とも離婚間近な時期に家のキッチン
テーブルで「賢者の石」を書き上げる
ことになりました。

 

あれだけ世界を魅了した物語が
作者の人生どん底時期に書かれて
いたとは驚きですね。

 

1995年完成した原稿を代理事務所に
送りました。1件目はそっけない断り
の手紙とともに送り返されてきました。

 

2件目のクリストファー・リトル
著作権代理事務所で契約を結びました。

 

原稿はあまりに長編だったために
出版する会社は現れませんでした。

 

ブルームズベリー出版社より出版
が決まったのは編集者の子供8歳に
読ませたところ・・・
「パパ、これは他のどんなものよりも
ずっと素敵だ」と発言をしたからです。

 

契約金は1500ポンドでした。

その後は世界中の誰もがしる
ベストセラーへとなるハリーポッター
ですが・・・・

 

1999年6月末にはハリーポッターである
作者のローリングが受け取った印税は
7桁の金額になり億万長者へと
なっていました。

 

年収約1億2500万ポンドを得ること
で歴史上最も多くの報酬を得た作家
とされています。

1億2500万ポンドは日本円にすると
182億円です。

 

ハリーポッターは本だけの売り上げ
だけではなく映画も大ヒットをし
その他関連商品から作者が手にした
金額は560億円だったそうです。

 

2007年時点で総資産は1210億円と
なっています。

まさに、生活保護を受け取るような
どん底人生から大金持ちになったという
シンデレラストーリーですね。

 

2001年には医師のニール・マレー
再婚をして
2003年に男の子
2005年には女の子を出産しています。


スポンサードリンク

お読み頂きありがとうございます

記事が役に立ったや面白かったなど 情報をシェアや拡散して頂けると嬉しいです♪ 日々記事更新のカテになります

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ