スポンサードリンク

宮崎駿の息子の作品の評価とは?難解になった理由や絵のすごさが!

宮崎駿の息子の作品の評価とは?

難解になった理由や絵のすごさが!

hayao_001

宮崎駿の息子の作品の評価とは?

宮崎駿さんといえば日本では知らない人は
いないというぐらい有名な映画監督ですね。

 

いわゆる「スタジオジブリ」を立ち上げ
取締役を務める方でもあります。

 

そんな宮崎駿さんも引退を発表し今後の
スタジオジブリの後継に注目が集まり
ますが、宮崎駿さんには息子さんがいます。

 

息子さんの人物像や作品を調べてみたい
と思います。

 

宮崎駿さんに息子さんは2人います。

 

スポンサードリンク

 

長男である宮崎吾朗とは?

宮崎吾朗さんは1967年1月21日生まれで
2015年に48歳になります。

埼玉県立所沢高等学校卒業
信州大学農学部森林工学科卒業

高校では山岳部で大学では児童文化研究会に
所属していたそうです。

 

やはり父親の影響を強く受け継いでいるので
しょうか、自然環境の保護や保全について
勉強がしたかったそうです。

 

子供の頃から絵を描くのが好きだったそうです。
しかし、多忙な父親である駿さんとは
ほとんど接することができなかったそうです。

 

大学卒業後、森緑地設計事務所に入社をして
建設コンサルタント・環境デザイナーとして
従事したそうです。

 

そして・・・・スタジオジブリの「鈴木敏夫」さん
からジブリが美術館をつくるときに誘われた
そうです。

 

1998年にスタジオジブリに入社しています

 

三鷹の森ジブリ美術館の総合デザインを手がけたのが
長男である吾朗さんなんですね。

 

その後はアニメーションの演出家としても
活躍しています。

2006年「ゲド戦記」
2011年「コクリコ坂から」
2014年「山賊の娘ローニャ」テレビアニメ
などを手がけました。

 

宮崎駿と息子の関係や実力の差とは?

駿さんと吾朗さんの関係があまり良くないと
噂されることもありますが・・・

そもそも駿さんは実力のあるものを認める
主義です。

 

ゲド戦記の監督を務めるときに強く反対を
したようですね。
監督なんかできるわけがないと吾朗さんのことを
認めなかったようです。

 

吾朗さんが絵をかけるとも思ってなかったし
吾朗さんを監督にした鈴木さんに対しても激昂
したそうです。

 

しかし、ゲド戦記に登場する竜とアレンの
絵を見せられたときに黙りこんでしまうぐらい
すごかったそうです。

 

エヴァンゲリオンで知られる庵野さんも
吾朗さんの絵をみたときに「完全に宮崎アニメです」
と語りどうしてもっと早くやらせなかったんだと
いったそうです。

 

世間では常に父親である駿さんと比べられて
しまう吾朗さんですが、偉大な人物の子供に
生まれてしまう苦悩というのもあるでしょうね。

 

同じ分野では決して超えることができない一線が
あるように思います。

 

あくまでも宮崎駿さんの作品が好きな人は
吾朗さんの作品はすばらしくても違うと思って
しまうでしょうしね。

結局人間というのは唯一無二の存在であるということ
かもしれませんね。

 

次男の宮崎敬介とは?

宮崎駿さんには息子さんがもう1人います。
宮崎敬介さんですね。

 

どうしても吾朗さんばかりが息子として
報道されてしまいますが同じ世界にいるということで
しょうがないことでしょう。

 

次男の敬介さんは1970年生まれです。

武蔵野美術大学造形学部卒業

 

大学在学中に版画家柄澤齊の作品に感動を
したことをきっかけに独学で木口木版画をはじめた
そうです。

 

父親が宮崎駿さんであることは伏せて
版画家として活動をしているそうです。

 

木口木版画とは?

木口を版面にした版木に彫った木版です

こちらから木口木版画のつくる工程を見ることが
できます。

 

長男にしても次男にしてもアートな芸術作品を
つくる人物に成長をしたということなんですね。

宮崎駿の内容が難解になった理由や絵のすごさ!

宮崎駿さんの映画が難解になっているという
話があります。

 

宮崎駿さんはアニメーターであり映画監督でもあり
哲学者でもあるのかもしれません。

 

頭の中で考えていることがかなり複雑なの
でしょう。

 

どこから宮崎駿さんのアニメが難解になったの
かという話で
「ナウシカ」の漫画完結版からだといわれています。

 

Aですか?Bですか?ということではなく
Cもあるかもしれないと・・・

 

不浄なものを浄化することへの疑問が
ある世界感がひろがっているんですね。

 

「もののけ姫」ではすべてが殺戮をする人
だということで誰を応援したらいいのかわからない
世界になっていったようです。

 

崖の上のポニョなどは大人にうける場所と
子供にうける場所とわかれているんですね

 

実は「となりのトトロ」は劇場では
ガラガラだったそうです。

 

テレビで大爆発してその後に人気があがり
評価があがったようですね。

 

その後宮崎駿さんの映画がもてはやされる
ようになるんですが、実は内容を隅々まで
理解している人は少ないのではといわれるぐらい
難しい問題をはらんでいる内容になっているんですね。

 

内容を理解していなく見ている人が
多いといわれていますが、それが大衆だとも
いわれています。

 

大衆で何がいいのかわからないのか理解できない
うちに戦争に突入したりする意識だったりしますが
映画などは好きだと思えば誰かを傷つける
わけではないのでいいのでしょうが・・・

 

宮崎駿さんは自分の頭の中にある思いを
理解してくれる人が少しでも増えればいいと
考えているかもしれませんね。

宮崎駿の絵のすごさ!画力とは!

宮崎駿さんの画力は半端なくすごいと
いわれています。

 

こちらから画力のわかる絵をみることが
できます。

 

とにかく年齢を重ねても全く衰えることの
ない画力が驚愕なんですね。

 

一番最新の作品である「風たちぬ」でも
衰えていないすごさは本当にすごいと
おもいますよね。


スポンサードリンク

お読み頂きありがとうございます

記事が役に立ったや面白かったなど 情報をシェアや拡散して頂けると嬉しいです♪ 日々記事更新のカテになります

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ