スポンサードリンク

ヒュージャックマンの嫁がブサイクだと話題に?年齢が以外と!

ヒュージャックマンの嫁がブサイクだと話題に?年齢が以外と!

hyu_001

ヒュージャックマンの学生時代や過去とは?

ヒュージャックマンはオーストラリア出身の
俳優や映画プロデューサーとして活躍をしています。

1968年10月12日生まれなので、2017年には
49歳になります。

5人兄弟の末っ子として生まれています。
父親はケンブリッジ大学の会計学士を持つ会計士
母親はヒュージャックマンが8歳のときに英国に
戻ったんですが、ヒュージャックマンは兄弟と
共に父親の元に残っています。

ワールンガの男子高校であるノックス・グラマー・
スクールで生徒会長を務めた後にシドニー工科大学
でコミュニケーション学士を取得しています。

それまでは俳優に興味はなかったようですが
大学在学中に卒業認定単位を取得するためにたまたま
履修した演劇クラスで演劇の面白さに目覚めて
俳優を志すようになったそうです。

その後、演技を学ぶためにエディス・コーワン大学
の西オーストラリア演劇学校に進学しています。

1994年26歳のときに卒業をしています。

1994年から俳優として活動を始めましたが
テレビドラマに出演するというぐらいの仕事
だったようですが・・・

ミュージカル「美女と野獣」「サンセット大通り」
などに出演をして人気を博しました。

世界的に知られることになったのは
1988年にイギリスの王立劇場での舞台
「オクラホマ!」でsっやくカールを演じたことです。

そして「Xーメン」の主役であるウルヴァリン役に
抜擢されています。

ヒュージャックマンを知ったのはX-メンの
ウルヴァリン役という人も多いのではないでしょうか。

ヒュージャックマンの嫁がブサイクだと話題に?年齢が以外と!

ヒュージャックマンはテレビ初仕事だった
「コレリ」に出演したときにオーストラリア人女優
であったデボラ=リー・ファーネスと出会い
1996年4月に結婚をしています。

スポンサードリンク

ヒュージャックマンの嫁の画像をこちらから
見ることができます。

実は、ヒュージャックマンよりも嫁のデボラが
13歳も年上なんですね!

まだ駆け出しだった彼が大女優だった嫁のデボラ
に一目惚れをしたのがきっかけだったようです。

男性が13歳年上ということに関しては世間は
あまり驚きがないようですが、女性が13歳年上
ということには驚くようですね。

いまでこそ還暦を超えているヒュージャックマンの
嫁なのでブサイクなどという人がいるようですが
若い頃はかなり活躍をしていた女優さんだったんです。

若い頃の嫁のデボラの画像はこちらから

ヒュージャックマンはとにかく結婚してから
いままで嫁のことだけを愛している有名な
愛妻家なんですね。

どんなにきれいな女優さんと共演をしても
嫁のデボラ以外の女性の惹かれることなんて
ありえないと断言しています。

何て素敵な男性なんでしょう〜

嫁のデボラはヒュージャックマンと結婚できて
ラッキーだったねと言われることがとにかく
いやだそうです。

結婚はお互いが決めたことだしこれまでの
道のりを築いてきたのは2人なのだから・・・と

きっとデボラは大きな器でヒューのことを
受け止めて愛しているのでしょうね。

相性があってお互いを愛し続けるということは
年齢や境遇は関係ないのかもしれません。

もしかするとお互いの感じるインスピレーション
を無視して相手の持ってる財産や名誉に惚れて
結婚をすることのほうが愚かなことなのかも
しれませんね。

結婚は男性と女性がお互いを思いやり
育んでいくものなのでどちらともが素敵でないと
うまくいかないのではないでしょうか。

ヒュージャックマンと嫁のデボラは2度の流産を
経験して自身の子供はいませんが・・・

2000年5月15日生まれの
男の子オスカー・マクシミランと

2005年7月10日生まれの
女の子アヴァ・エリオットを養子に迎えて
4人で幸せに暮らしているということです。

ヒュージャックマンの出演作品が!

ヒュージャックマンといえばX-メンが有名ですね。


テレビでも映画の放送があったので見たことある
という人も多いのではないでしょうか?

毛深い男性が苦手な日本人女性も
ヒュージャックマンはかっこいいという人が
多いようですね。

X-メンだけではなく
「レ・ミゼラブル」もかなりの良い作品として
人気があります。

映画館で見たことがある人もまた改めて
DVDやブルーレイを購入して自宅で見たいと
思うぐらいの作品のようですね。


スポンサードリンク

お読み頂きありがとうございます

記事が役に立ったや面白かったなど 情報をシェアや拡散して頂けると嬉しいです♪ 日々記事更新のカテになります

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ