スポンサードリンク

生島ヒロシの息子の死去という衝撃の事実とは?俳優としての活躍が

生島ヒロシの息子の死去という衝撃の事実とは?俳優としての活躍が

ikuhiro_001

生島ヒロシの学生時代やアナウンサーとしての?

生島ヒロシさんはアナウンサーやタレント
・ファイナンシャルプランナーとして活躍を
している方です。

 

1950年12月24日生まれなので、2017年には
67歳になります。

本名は「生島博」さんです。

 

宮城県気仙沼市出身です。
「宮城県気仙沼高等学校」を卒業
「法政大学経営学部」に入学をしましたが
20歳の夏に大学紛争を機に単身渡米をしています。

 

1975年カリフォルニア州大学ロングビーチ
校ジャーナリズム科を卒業し
1976年4月にTBSアナウンサー16期生として
入社をしました。

 

1989年3月にTBSを退社して独立をし
株式会社生島企画室を設立しています。

 

ちょうど時代ということもあったんでしょうが
アナウンサーとして有名になり独立をして
成功を収めた一人ではないでしょうか。

 

1998年から平日の早朝に
「生島ヒロシのおはよう定食」と
「生島ヒロシのおはよう一直線」を担当
しています。

 

2002年にはファイナンシャルプランナー
の資格を取得したり・・・

 

その後、福祉住環境コーディネーターや
防災士資格などなどの資格を取得したりと
幅広い知識を取得し多くの分野で活躍を
しています。

生島ヒロシの息子の学生時代や俳優としての?

 

 

 

生島ヒロシさんには息子さんがいますが
長男の「生島勇輝」さんは1984年4月4日
生まれで、俳優やリポーターとして活躍を
しています。

 

デビュー当初は生島ヒロシさんの経営している
生島企画室に所属をしてタレント活動を
していたんですが現在はケイダッシュに
移籍をして活動をしています。

 

次男の「生島翔」さんは1985年7月28日
生まれで、コンテンポラリーダンサーや
俳優・振付家として活動をしています。
「暁星中学」を卒業後にアメリカ・カリフォルニア
州にある寄宿舎生の芸術高校に単身留学を
しています。

 

当初は演劇専攻を希望したそうですが
英語をまったく話せなかったためにダンス
専攻にしたようですね。

 

高校卒業後にさらにニューヨーク大学
ティッシュ・スクールオブジアーツに進学を
してダンスを専攻しています。

 

大学卒業後には6年間アメリカでアーティスト
ビザを取得してダンサーをしながら振付家としても
活動をしています。

 

その後はドイツに活動拠点をうつして
2010年に帰国をしダンサーを続けならがら
俳優としてミュージカルや舞台にも出演を
しています。

生島ヒロシの息子が死去?という事実は

生島ヒロシさんの息子さんを検索をすると
「死去」という衝撃的なキーワードが目につき
ますが・・・・一体どういうことなんでしょう。

 

実は生島ヒロシさんは宮城県気仙沼市出身
なんですが、2011年3月11日に東日本大震災
で大変な被害を受けた地域として頭に浮かぶ
人も多いと思います。

 

気仙沼市には妹夫婦が住んでいたんですが
津波に流されて遺体で発見されています。

 

妹さんの旦那さんである義理の弟さんは
現在も行方不明のままなんです。

 

生島ヒロシさんの妹さんご夫婦が被災
したことで身内の息子さんと間違って検索を
している方が多くいたのかもしれません。

 

妹さん夫婦は2011年2月に85歳で亡くなった
母親の納骨式を行うために遺骨と位牌を携えて
3月12日に状況する予定だったようです。

 

しかし、前日に東日本大震災で被災をして
しまったんです。生島ヒロシさんもつらかった
でしょうね。

震災から生き延びるための防災とは?

災害は忘れた頃にやってきます。

日本に住んでいる限りどこにいっても地震
という恐怖から逃れることはできません。

 

今までは安心と言われていた九州にさえ
大地震が起こっています。

 

毎日毎日をビクビク過ごすことは賢明では
ありませんが、もしかしたらくるかもしれない
震災に備えておくことは安心にもつながりますね。

 

震災後に救援がくる3日間〜7日間をしのげれば
いいともいいます。

あまりにも長い期間を過ごすための貯蔵は
家族が多いと現実的ではありませんの
3日間過ごせる分があればということで
人気の防災セットは購入していおいて損は
ないかもしれませんね。


スポンサードリンク

お読み頂きありがとうございます

記事が役に立ったや面白かったなど 情報をシェアや拡散して頂けると嬉しいです♪ 日々記事更新のカテになります

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ