スポンサードリンク

稲田朋美が若い頃やりまくりの衝撃真実が週刊誌によって暴かれた?

稲田朋美が若い頃やりまくりの衝撃真実が週刊誌によって暴かれた?

inatomo_001

稲田朋美の学生時代から政治家までの?

稲田朋美さんは政治家や弁護士として活躍
をしている方ですね。

 

1959年2月20日生まれなので、2017年には
58歳になります。

 

福井県越前市出身です。

「京都府立乙訓高等学校」
「早稲田大学法学部」を卒業しています。

 

1982年に司法試験に合格をして
1983年には司法修士生

1985年に弁護士登録をして
1989年に弁護士である「稲田龍示」さんと
結婚をしました。

 

1990年に税理士登録、西梅田法律事務所で
勤務をします。

2004年に弁護士法人光明会代表就任を
しています。

 

稲田朋美さんが大学在学中には男女雇用機会均等法
もなく就職先がほとんどなかったために
司法試験を受けようと考えたようですね。

 

1日役16時間ほど勉強をして司法試験に
見事合格をしたそうです。

 

やはり、早稲田大学にいくぐらいの頭が
あってもそのぐらい勉強をしないと司法試験には
合格は難しいのですね。

 

弁護士になってから5年間働いていたのですが

子供を出産したのを機にやめたようです。

 

と同時旦那が読んでいた産経新聞の「正論」を
読んで稲田朋美さんは「いまの教育はおかしいん
じゃないでしょうか」といった投稿をするように
なったそうです。

 

その後弁護士の「高池勝彦」さんから
「南京事件についていっしょに裁判をやらないか」
と声をかけられたそうです。

 

そのときに、噓の情報によって軍事裁判で
2人が処刑されたということで・・・
まったく噓のことで日本の名誉を傷つけるような
ことが教科書でもおしえられていて放置できないと
考えたようです。

 

まったく政治には興味はなかったようですが
日本のために噓で名誉を傷つけられたくないと
強くおもったことから政治家への道を決意
したようです。

 

郵政解散のちょうど2週間ほど前に自民党本部
で「百人斬り競争」はでっち上げであるという
内容の講演を聴講していた「安倍晋三」幹事長
代理の目に留まってスカウトをされたようですね。

 

稲田朋美さんは女性の立場を考える
ということもでも発言をよくしいて
保育所増設の政策などを見ていると
ほんとうに母乳を飲んでいる赤ちゃんを
預けてまで働きたいと思っているかなと疑問
に思っているようですね。

 

政治家としてテレビ出演も多くしているために
幅広い層の人々認知されています。

稲田朋美が若い頃やりまくりの衝撃真実が週刊誌によって暴かれた?

 

スポンサードリンク

 

稲田朋美さんは美人な政治家としても
有名です。

さらには網タイツなどを履いている姿
からもおしゃれに気をつかっているところが
伺えますね。

 

稲田朋美さんには娘さんがいらっしゃって
娘さんが洋服のコーディネイトなどを
考えているようなので、若い感性が入って
いるのかもしれませんね。

検索をすると「稲田朋美 若い頃 やりまくり」
というキーワードが目に付きます。

 

え?どういうことと思ってしまいますが

やりまくりというとどうしても男性との
関係かな?と想像をしてしまいますが・・・・

 

決してそのような過去があるわけではなく
現在の稲田朋美さんが色気があって
才女でというところから想像をしてしまう
男性が多いようですね。

 

稲田朋美さんは若い頃から頭がよくかなり
勉強をしていて早稲田にも入学をし・・・

 

さらにはその後の人生設計もしっかりと
考えて女性の社会進出も視野に置き
司法試験を受験し合格をしたようです。

 

そう考えると若い頃は勉強をやりまくり
だったのでしょう・・・

 

勉強もしっかりし弁護士になり結婚をして
出産もして子育てをしながらさらには
政治家にまでなるとはすごいアクティブで
才能のある方なんだと感じますね。

 

なかなか女性の社会進出や平等を訴えられ
ながらも、実現をしない社会が続いています
ので女性の手で少しでも女性が生きやすい社会
をつくっていただけたらなと切望します。


スポンサードリンク

お読み頂きありがとうございます

記事が役に立ったや面白かったなど 情報をシェアや拡散して頂けると嬉しいです♪ 日々記事更新のカテになります

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ