スポンサードリンク

井上順の現在は病気で難聴の衝撃真実とは?補聴器を着用している?

井上順の現在は病気で難聴の衝撃真実とは?補聴器を着用している?

井上順の父親や祖父、芸能界デビューからの?

井上順さんはタレント・歌手・俳優
コメディアンとして活躍をしている
方です。

 

1947年2月21日生まれです。

東京都渋谷区出身で
「成城学園高等学校」を中退
しています。

 

東京都渋谷区の代々木公園前で
馬場を営む家の3人兄弟の末子として
生まれ、麻布龍土町で育ちました。

 

馬場とは?
「乗馬を行うための土地」

 

祖父は日本で初めて競走馬を
輸入した人物で、父親は馬場専属
の獣医師でした。

 

1961年13歳で峰岸徹・大原麗子・田辺靖雄
・ジェリー藤尾らがいた「六本木野獣会」
へ加入をして、のちにジャガーズの前身
バンドにも加入をしています。

 

1963年成城学園高等学校在学中の
16歳で鑑賞したザ・スパイダースの
ライブに触発されてその場でグループ
加入を申し出ました。

加入後はグループ・サウンズ時代の
最年少メンバーとして、ツインボーカル
を堺正章さんと担当しました。

 

1970年スパイダースが解散をした後に
「井上順之(じゅんじ)」と芸名を
改めましたが、痔を患ったことから
「じ」は良くないと1973年に
順に戻しています。

 

1971年「昨日・今日・明日」でソロ歌手
としてデビューをしています。

 

歌手を本業におきながら俳優や
司会などの分野でも活躍をする
ようになりました。

井上順の現在は病気で難聴の衝撃真実とは?

 

スポンサードリンク

 

井上順さんを最近あまりテレビで
みないような気がするなと感じる
方が多いようですね。

井上順さんは現在どうしているの
でしょうか?

 

どうやら全く芸能界の仕事を
していないというわけではなく
時々歌手活動をしながら、ドラマや
映画・舞台などで活躍をしています。

 

2015年にはNHK大河ドラマ
「真田丸」にも織田有楽斎役として
出演。

 

2018年には
「やけに弁の立つ弁護士が学校
でほえる」にも出演をしていました。

 

映画には
2018年「星くず兄弟の新たな伝説」
に出演をしています。

 

しかし・・・・噂によると
仕事をセーブをしているということ
なんです。

 

どうやら病気が原因のようですね。

 

井上順さんは50代の半ばころから
「他人の声が小さく聞こえる」など耳
に違和感を感じることがあったそうです。

 

しかし、自覚症状がほとんどないため
友人に「耳が少し遠くなったんじゃない?」
と指摘されてやっと気付いたそうです。

 

耳鼻科での診断は「感音性難聴」でした。

耳の奥にある内耳や聴神経の障害で
医者からは「治らない」と言われた
そうです。

 

原因としては加齢もあったようですが
歌手という仕事で耳を酷使し続けて
きたこともあったようです。

 

仕事上・・・音が聞こえにくいと
支障も多いために医者からは補聴器
を勧められたそうです。

 

聞こえが良くならと抵抗感はなく
補聴器をつけたそうです。

 

現在は耳のなかにすっぽりと入る
タイプの補聴器を使用しているそうです。


スポンサードリンク

お読み頂きありがとうございます

記事が役に立ったや面白かったなど 情報をシェアや拡散して頂けると嬉しいです♪ 日々記事更新のカテになります

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ