スポンサードリンク

勝谷誠彦のクビ理由が衝撃の?倒れた原因の病気とは?

勝谷誠彦のクビ理由が衝撃の?倒れた原因の病気とは?

勝谷誠彦の学生時代やその後の職歴や衝撃の?

勝谷誠彦さんはコラムニストとして活躍
をしている方です。

 

1960年12月6日生まれです。

 

兵庫県尼崎市出身で
開業医の家に生まれています。
西宮市立の小学校を経て尼崎市立七松小学校
から灘中学校に進学をしています。

灘高校時代には生徒会長を務めていました。

 

学生時代から教師をつかまえては議論を
持ちかけるタイプだったようですが成績は
悪かったようです。

 

大学受験では現役時代に
筑波大学医学専門学群の受験に失敗をしました。

 

翌年には東京大学文化Ⅲ類に不合格に
なりましたが早稲田大学第一文学部に合格
を果たしました。

 

慶応の法科にも受かったんですが
買ってに早稲田への進学を決めてしまった
ために親に仕送りを打ち切られて家庭教師
や土方などのアルバイトで自活をしたそうです。

 

大学時代には少女漫画研究会に所属をし
小説家死病ということもありゼミで小説を
書いていました。

 

大学2年生のときに機関紙「蒼生」に小説
「栗の花」が「早稲田文学」に小説
「金魚」が掲載されました。

 

在学中から風俗関連を専門とするフリーライター
として活動をして大企業の管理職レベルの
収入を得ていました。
と同時に編集プロダクション
「ブレーメン・ファイブ」を設立しました。

大学卒業後には広告代理店である電通
に入社をしましたが数ヶ月で退職をして
文藝春秋に入社。

 

文藝春秋では多くの担当を歴任し
記者当時には
「女子高生コンクリート詰め殺人事件」
における加害者少年らの実名を報道して
議論を呼びましたが勝谷誠彦さんの持論は
「獣に人権は無い」でありました。

その後、文藝春秋を退社をし
フリーランスとして活動をするように
なりましたが苦しい時期もあったようです。

 

その後、コラムニストとして取材や執筆
、講演活動、メディア出演を行うように
なりました。

勝谷誠彦のクビ理由が衝撃の?

 

スポンサードリンク

 

勝谷誠彦さんといえば歯に絹をきせない
言葉遣いでメディアに衝撃を与えている
人物といっても過言ではありませんが・・

過去に番組をクビになったことがある
ようです。

 

勝谷誠彦さんがクビになった理由とは
いったい何なんでしょうか?

 

「たかじんのそこまで言って委員会」を
2013年3月5日にクビになったと発表を
しました。

テレビ局側から今週の収録を最後にと
言われたので出ませんと勝谷誠彦さんから
断ったそうです。

 

どうやら勝谷誠彦さんが所属する
吉本の担当者にクビが通告されたようなの
です。

 

理由については勝谷誠彦さん自身は
有料配信メールには書か無いと記されて
いたようですが、どうやらそこまで言って
委員会で他局の番組批判をしたため
ということのようです。

 

勝谷誠彦さんは自身の考えをありのまま
話すことがスタンスだったために
制作サイドにもっとしゃべらせろといったり
やばい箇所が編集でカットされることに
不満を持っていたようですね。

 

そこまで言って委員会という名前の
番組なのにそこまではいってはいけなかった
というオチということになりますね。

勝谷誠彦の倒れた病気の原因とは?

勝谷誠彦さんは2018年8月23日に
集中治療室に入っていることがわかりました。

 

勝谷誠彦さんのHP日記コラム
「勝谷誠彦の××な日々」発行人の
高橋茂氏がHPで公表をしています。

 

どうやら病院で診察を受けてそのまま
入院ということになったようです。

 

しかし、集中治療室での治療ということで
不安ですね。

 

病名などについては本人以外はいい加減な
内容での報告になることを考えて控えて
いるようで・・・・勝谷誠彦さんの回復を
待っての報告ということになるようですね。


スポンサードリンク

お読み頂きありがとうございます

記事が役に立ったや面白かったなど 情報をシェアや拡散して頂けると嬉しいです♪ 日々記事更新のカテになります

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ