スポンサードリンク

河野太郎の顔色が悪い理由が衝撃の?英語力がスピーチで

河野太郎の顔色が悪い理由が衝撃の?英語力がスピーチで

河野太郎の学生時代や社会人時代そして政治家として

河野太郎さんは政治家として
活躍をしている方です。

 

1963年1月10日生まれです。

神奈川県平塚市出身で
河野洋平さん(政治家)の長男
として生まれました。

 

「YWCA幼稚園」
「平塚市立花水小学校」
「慶應義塾中等部・高等部」
を卒業しています。

1981年4月に慶應義塾大学
経済学部経済学科に入学するも
2ヶ月で退学をしています。

 

その後渡米をして渡米後すぐに
マサチューセッツ州アンドーバー
でサマースクールに通いました。

 

その後、コネチカット州の
ボーディングスクール、
サフィールドアカデミーで1年間
を過ごして

 

1982年9月にワシントンD.Cのジョージ
タウン大学に入学をして比較政治学を
専攻しています。

 

1984年にジョージタウン大学を
休学して、ポーランド中央計画
統計大学に交換留学をして
1985年1月にジョージタウン大学に
復学をしています。

 

1985年12月にジョージタウン
大学を卒業しています。

 

帰国後に富士ゼロックスに入社を
しています。

 

1993年に日本端子に転じて
自動車や電気機器の部品メーカー
で開発生産や海外輸出を担当しました。

 

小選挙区比例代表並立制に伴って
父である河野洋平さんの選挙区が
分割されたために
1996年第41回衆議院議員総選挙
に神奈川15区から自民党公認で
立候補をして当選をしました。

河野太郎の顔色が悪い理由が衝撃の?

スポンサードリンク

 

河野太郎さんは政治家として
活躍をされていますが・・・

テレビなどで顔を見る機会も多い
政治家の一人です。

 

河野太郎さんは顔色が悪い
「土気色をしている」
「赤みがかった顔色をしている」
といわれています。

 

顔色が悪い原因として
考えられるのが河野太郎さん
ご自身もブログなどで公表をして
いるアトピー性皮膚炎のようです。

 

アトピー性皮膚炎は原因がなんなのか
解明されておらず、さらには
完璧な治療法も現在はありません。

 

そのために多くの人が
アトピー性皮膚炎で苦しんでいます。

 

河野太郎さんもその一人のようで
ストレスがたまったり疲れが
たまったりすると悪化するようです。

 

河野太郎さんの顔色をみていると
長年ステロイドの治療をしてきた
ために肌の状態も変化してしまった
のでは?と考えられます。

 

アトピー性皮膚炎は軽度から重度
まで幅広いようですが・・・・

 

河野太郎さんのように人脈や
お金があっても治らないということは
本当にいまだ完全なる治療法がないと
いうことなんでしょうね。

 

顔色が悪い理由はほぼアトピー
性皮膚炎のためと思われますが

 

実は2002年に父親である河野洋平
さんが肝臓移植を受けた際に
息子である河野太郎さんがドナーとして
臓器を提供しているんです。

 

しかし、肝臓移植での後遺症
で肌や顔色が悪いとは考え難い
ようですね。

河野太郎の英語力をスピーチで?

河野太郎さんは学生時代にアメリカ
留学をしていたこともあり
英語力は相当すごいようですね。

 

母国語を英語とする人が
河野太郎さんの英語を話すところ
を聞いたところ・・・・

 

日本人が苦手とする発音の
ほとんどを完璧に発音できている
ようです。

 

聞き取り難い発音はないようで
スラスラと英語を話すようです。

 

やはり学生時代に親の財力があり
教育に力を入れてもらうと
将来は有利にはたらくことが多い
のですね。


スポンサードリンク

お読み頂きありがとうございます

記事が役に立ったや面白かったなど 情報をシェアや拡散して頂けると嬉しいです♪ 日々記事更新のカテになります

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ