スポンサードリンク

真木よう子のガリガリ理由や体重が衝撃!現在事務所との関係とは?

真木よう子のガリガリ理由や体重が衝撃!現在事務所との関係とは?

真木よう子の学生時代や芸能界デビュー秘話やその後

真木よう子さんは女優や歌手として
活躍をしている方です。

 

1982年10月15日生まれです。

 

千葉県印西市出身です。
小学校5年生のときに安達祐実主演の
「REX恐竜物語」を鑑賞して同世代の
安達祐実さんが活躍しているのを見て
芸能界に入りたいと強く思いました。

 

中学校3年生のときに両親に「無名塾」
入りと芸能界入りを相談したところ
父から猛反対を受けたんですが
女優になるのを反対するなら援助交際
していると芸能界入りの許可をもらった
そうです。

 

中学校卒業後の1988年に応募者約
1000人の中から5人の合格者の内に
選ばれて見事、仲代達矢主宰俳優養成所
「無名塾」に入塾しました。

 

2003年オムニバス写真集「LIP」
で水着姿を初披露しています。

 

2005年に撮影した初主演映画
「ベロニカは死ぬことにした」で
初めてヌー◯シーンに挑戦しています。

 

2006年11月「ゆれる」で第30回
山路ふみこ映画賞新人女優賞受賞して
います。

 

2008年11月10日に元俳優の片山怜雄
さんと結婚をしています。
2009年5月10日に第一子となる女の子
が生まれています。
しかし、
2015年9月に離婚をしています。

2013年6月主演映画「さよなら渓谷」
の主題歌「幸先坂」で歌手デビュー
を果たします。


同年11月にルイ・ヴィトンの街頭広告
のモデルに日本人で初めて起用され
ました。

 

2014年3月7日「さよなら渓谷」で
第37回日本アカデミー賞最優秀主演
女優賞、「そして父になる」で
最優秀助演女優賞をダブル受賞しています。

 

2017年11月10日出演が予定されて
いた映画「SUNNY強い気持ち・強い愛」
を体調不良を理由に降板したことを発表
しました。

 

2018年9月25日レプロエンタテイメント
とマネジメント契約をしたことが
明かされました。

真木よう子のガリガリ理由や体重が衝撃!

 

 

真木よう子さんは激やせをしていて
どうしたの?といわれていますが・・・

激やせ理由とは一体なんなんでしょうか?

 

スポンサードリンク

 

真木よう子さんは
2015年ぐらいには激やせ
2016年ぐらいには激太り
2017年ぐらいには激やせ
体重の増減を繰り返しているようです。

さらに肌荒れも体重増減のときに
指摘をされていてかなり体調がおもわし
くなかったのでは?といわれています。

 

実際に、一番最近の激やせのときには
ドラマの役作りのためだったとも
語っているようですが・・・・

 

それにしても40kg代をきっている
体重担っているのと思われるぐらいの
激やせぶりでした。

 

そもそも、真木よう子さんは気分の
浮き沈みが激しい性格だということ
で繊細な心も持ち主だということです。

 

メンタルの部分が外見にもろにでて
しまうのかもしれません。

 

真木よう子さんは売れっ子になった
後にはコミケ騒動やなりふり構わない
ドラマの番宣など大丈夫?かなと
思わせるようなそぶりが多かったの
も事実です。

 

私生活においても旦那さんとの
離婚や不倫騒動などお騒がせな部分
も多いようですね。

 

ただ、激やせは病気というわけでは
なく精神的なものや役作りから
きたものではないかと思われます。

 

太り過ぎもだめですが、痩せ過ぎも
やはりだめなんですね。

真木よう子の現在事務所との関係とは?

真木よう子さんは売れっ子になった
後にいろいろとお騒がせしている
女優さんですが・・・

 

2018年1月に当時所属していた
「フライングボックス」から独立をして
自身の家族が経営する個人事務所である
「そよかぜ」に所属をしましたが・・・

 

その後、売れっ子を排出している
大手芸能事務所の
「レプロエンタテイメント」に所属
することが発表されました。

 

独立後に個人事務所に所属をしたもの
の思うようい仕事が取れなかった
ことが理由にあるようです。

 

2017年の夏に放送された
「セシルのもくろみ」が大爆死をした
後に、みるみるうちに真木よう子さんの
仕事は減っていったようです。

 

そのために大手事務所に入って
新たな仕事を得るということを
考えたのでは?と噂されているようです。


スポンサードリンク

お読み頂きありがとうございます

記事が役に立ったや面白かったなど 情報をシェアや拡散して頂けると嬉しいです♪ 日々記事更新のカテになります

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ