スポンサードリンク

萩原聖人は現在はどうしてる?彼女との再婚はあるのか?離婚理由が!

萩原聖人は現在はどうしてる?

彼女との再婚はあるのか?離婚理由が!

masato_001

萩原聖人は現在はどうしてる?

萩原聖人さんは俳優さんとして有名な
方ですよね。

 

デビュー当時は爆発的人気で急激に
階段を駆け上がっていった感じですが
その後結婚や離婚などをして少し失速
してしまいましたね。

 

しかし、ちょこちょことドラマに起用
されるなどの活躍を見せていました。

 

最近はあまりドラマでも見る機会が減って
いるように感じますがどうしているので
しょうか?

 

現在の活動を探っていきたいと思います。

 

萩原聖人さんは俳優だけの仕事だけではなく
ナレーターや声優という仕事も多く
しています。

 

萩原さんは芸能界にスカウトされて
はいっています。

 

最初の出演したテレビドラマはあの人気
刑事ドラマの「あぶない刑事」でした
役所としては「置き引き少年役」という
ことでちょい役だったんですね。
1987年のことでした。

 

その後いろいろな役に挑戦ていき
1990年の人気ドラマ
「はいすくーる落書2」に出演をして注目を
集め人気ものへの仲間入りといった感じでした。

 

ちょっと悪い不良少年の役が型にはまっていて
とてもかっこいいイメージがあったのを
憶えています。

 

1995年には人気女優だった和久井映見さんと
結婚をして世間を騒がせましたね。

 

1999年には第一子である長男が誕生しましたが
2003年に嫁である和久井さんと離婚をしました。

 

当時離婚の理由が萩原さんがギャンブル好きで
のめり込んでいるので和久井さんが
あきれての離婚という噂がありましたね。

 

確かに萩原聖人さんはかなりのギャンブル好き
ということがあります。

 

さらには麻雀やフィギィア集めやプロレス
の熱烈なファンといった男性ならではの趣味
を多く持っているんですね。

 

離婚当時は女性からのイメージは少し
落ちたように感じました・・・

 

しかし、その後も順調にドラマやナレーター
などの仕事をこなしているようです。

 

最近ではドラマは
・おふこうさん(NHK 2014年)
・平成猿蟹合戦図(WOWOW 2014年)
・怪奇恋愛作戦(テレビ東京系 2015年)
・64(ロクヨン)(NHK 2015年)
・アルジャーノンに花束を(TBS 2015年)
その他 単発ドラマも多数出演

 

映画
・仮面ティーチャー(2014年)
・風に立つライオン(2015年)

その他舞台やCMなど多くの仕事をこなして
いるようですね。

 

声もよいですし使いやすい演技の上手な
俳優さんといったところなんでしょうかね。

 

主役級をはるということではなくても
これだけの仕事をこなしていれば充分ですね。

 

スポンサードリンク

萩原聖人の彼女との再婚はあるのか?

萩原聖人さんは上述したように
女優の和久井映見さんと結婚をしていた
過去がありますが・・・

 

結局は離婚ということになっていますね。

 

離婚理由は・・・・萩原さんが独身
時代のように好き勝手しすぎていたという
ように言われていますね。

 

萩原さんは多趣味な人なので家族で
何かを楽しむというよりも1人で楽しむという
ことが多かったのかもしれませんね。

 

しかも、夜な夜な遊びまわっていたという
話もありますので嫁である和久井さんも
ほとほと疲れてしまったのかもしれませんね。

 

その後、萩原聖人さんは現在も独身を貫いて
いますが・・・

 

離婚後にも何人もの女性と噂はありました。

 

そして最終的に2012年に声優の藤村知可さんと
熱愛という情報が週刊誌によって報じられました。

萩原聖人さんよりも10歳年下ということです。

 

藤村知可さんは人気アニメである
「ポケットモンスター」などで声優をしている
人ですね。

 

こちらから藤村知可さんの画像を見ることが
できます。

 

萩原さん自身も藤村さんとの交際は認めて
いるそうなんです。

 

しかも同棲中ということのようですね。

 

萩原聖人さんは最近マンションを購入した
という話もあるようなので結婚を考えて
のことなのではといわれているようですね。

 

萩原さんのギャンブル好きや麻雀好きと
いった趣味趣向は変わらないようなので
それを理解して許してくれる女性といったところ
なのでしょうか。


スポンサードリンク

お読み頂きありがとうございます

記事が役に立ったや面白かったなど 情報をシェアや拡散して頂けると嬉しいです♪ 日々記事更新のカテになります

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ