スポンサードリンク

宮根誠司の顔に傷が?画像で検証テープで隠しているが理由は?

宮根誠司の顔に傷が?

画像で検証テープで隠しているが理由は?

miyane_001

宮根誠司の学生時代やアナウンサーになった理由が!

宮根誠司さんはフリーアナウンサーやタレント
そして司会者として活躍をしている方です。

 

宮根誠司さんは1963年4月27日生まれなので
2016年には、53歳になりますね。

 

島根県太田市出身の宮根誠司さんですが
「島根県立太田高等学校」を卒業後に
浪人生活を経て
「関西大学経済学部」を卒業しています。

 

大学卒業後には1987年に「朝日放送」に
入社をしています。

 

実は全くアナウンサーを志していなかったそう
ですが、就職活動をしているときに
立ち寄った就職課で朝日放送の募集掲示をみて
軽い気持ちで応募したそうです。

 

そうしたところ面接でトークが成功して
採用されたんだとか・・・・

 

一生懸命アナウンサーを目指してもダメな
人が多いなかふと思いついて受かるというのは
しゃべりに関して天性の才能があるのかもしれませんね。

 

アナウンサー当初はニュースを読んでいたそうですが
その後はリポーターやスポーツコーナーなど
を担当しています。

 

2004年3月末にアナウンス部課長職を最後に
退社をしています。

 

フリー転身後も大阪でのレギュラー番組を担当
して活躍をしていました。

 

読売テレビでのレギュラー番組である
「ミヤネ屋」が全国ネット化してとうとう全国的
に知名度を上げることになりました。

 宮根誠司の顔に傷が?テープで隠している理由とは?

 

スポンサードリンク

 

宮根誠司さんはそもそも関西での活動でしたが
どんどんと売れていき全国的に知られる顔に
なりましたね。

 

そんな、宮根誠司さんは元アナウンサーとしては
今までの人たちと少し違った雰囲気です。

 

嫌いという声もおおくあるようですね。
ある種独特な雰囲気をもった人物ということなの
かもしれませんね。

 

宮根誠司さんが2014年3月に「Mr.サンデー」に
出演した際に顔に傷を隠すようなテープが貼って
あったんです。

 

宮根誠司さんが顔の傷?にテープを貼った画像は
こちらから見ることができます。
(鼻と左頬の間に見えます)

 

しかし、この顔のテープについて触れられることは
全くなかったんです。

 

どうしてもテレビに出る仕事をしている人が
顔に傷を負った状態で出演をすると何かしらの
憶測が飛び交います。

 

・殴られて怪我を負ったのではないか?
・ほくろやシミを除去したのではないか?

ということが言われていました。

 

どうやら昔の画像にはシミのようなものがテープを
貼っている部分に写っているのでシミを除去した
可能性が高いのでは?といわれているようですね。

 

確かにテレビに露出する仕事なので顔のシミが
目立ってきたら気になるのかもしれません。

 

シミ除去の施述をするとしばらくは赤くなり
傷のようになるのが特徴ですからテープで隠して
いたのかもしれませんね。


スポンサードリンク

お読み頂きありがとうございます

記事が役に立ったや面白かったなど 情報をシェアや拡散して頂けると嬉しいです♪ 日々記事更新のカテになります

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ