スポンサードリンク

中村獅童と竹内結子の子供の現在とは?離婚理由の真実が明らかに?

中村獅童と竹内結子の子供の現在とは?離婚理由の真実が明らかに?

中村獅童の父親と歌舞伎役者としての?

中村獅童さんは歌舞伎役者・俳優・声優
として活躍をしてる方です。

 

1972年9月14日生まれです。

歌舞伎の名門・小川家に生まれました。
父は元歌舞伎役者の初代中村獅童さん
結婚、10年目で待望の長男である
中村獅童さんが誕生しました。

 

6歳の6月から日本舞踊を初めて
中村獅童さん自ら舞台に出たいと祖母に
直訴をしました。

 

8歳のときの1981年6月歌舞伎座
「妹背山婦女庭訓」「御殿」の豆腐買の
娘おひろで二代目中村獅童を名乗り初舞台
を踏みました。

 

中村獅童さんの父親は獅童さんが幼い
ときに歌舞伎役者を廃業していて師匠不在
の中でのスタートとなりました。

 

付き人もおらず、楽屋の支度は全て
母親が付き添っていたそうです。

中学時代にはロックに傾倒してバンド活動
を開始しています。

明星学園高等学校卒業後には歌舞伎役者が
開店休業状態のまま、
日本大学藝術学部演劇学科に入学をしています。

 

在学中にはアマチュアバンドを結成しています。

 

19歳のときに歌舞伎の道を目指すことを
再び決心しましたが、後ろ盾がないために
役がつかず、最後列の一番端に並んでいる
だけの役を演じ下積み生活を送りました。

 

その後、日本大学を中退しています。

1995年3月に団優太さんとボーカルユニット
「UNIT33」としてCDを発表しています。

 

1996年「狐狸狐狸ばなし」おそめ役で
歌舞伎座賞を翌年には「歌舞伎の見方」
解説で国立劇場特別賞を受賞しています。

 

映画「ピンポン」で準主役の「ドラゴン」
役を射止めて、日本アカデミー賞、
ゴールデン・アロー賞をなど数々の賞を
受賞しました。

それ以降多数のドラマや映画に出演を
し知名度をあげることになりました。

中村獅童と竹内結子の子供の現在とは?離婚理由の真実が明らかに?

 

 

 

中村獅童さんは2015年1月31日に一般女性
と結婚をしていますが・・・

過去に女優の竹内結子さんと結婚を
していました。

 

2005年5月10日にオフィシャルサイトで
「いま、会いにゆきます」で共演をした
竹内結子さんと結婚を前提した交際をしていた
ことを発表して、同年6月に結婚をしています。

その後の会見で竹内結子さんが妊娠
3ヶ月であることも公表しました。

 

2005年11月に第一子である男の子が
誕生しています。

 

しかし・・・・

2008年3月7日竹内結子さんとの離婚が成立
しています。

 

2006年10月末に竹内結子さん側から
離婚届が提出されており、1年半近くが
経過してからの離婚となっています。
長男の親権は竹内結子さんが持っています。

 

中村獅童さんと竹内結子さんの離婚原因
は何でしょうか?

 

実は、2006年に中村獅童さんは飲酒運転
で警察に捕まっています。

 

スポンサードリンク

 

その時に中村獅童さんが運転していた車に
元カノで女優の岡本綾さんが乗っていたことが
わかったんです。

すでに、この時には2人は別居状態だった
ようですが・・・

この一件が離婚の決定打となったのでしょう。

 

竹内結子さんは梨園の妻として中村獅童
さんの母親から厳しく指導されていたようです。

 

その指導に耐えきれずに家を出たとも
いわれています。
さらには子供を歌舞伎の世界に入れる
気もなくなったということもあるようです。

 

離婚でもめたのは子供の親権でした。

中村獅童さんは子供を歌舞伎役者にしたい
と考えていたので一歩も引かなかった
ようです。

 

しかし、飲酒運転と浮気?は立場的に
弱いものになったのでしょうね。

 

噂では中村獅童さんは養育費を月50万円
払っているということです。

 

定期的な面会は認められているようです。

 

以前は週刊誌などで中村獅童さんが
竹内結子さんとの間にできた息子さんに
あわせてもらえてないとあったようですが・・

 

それは誤報で度々会っているようです。

しかも再婚する前に息子に
「お父さん違う人と結婚しようと思うんだけど
いい?」と息子の許可も得たのだとか。

 

ここまでいい関係が続いているとしたら
もしかしたら息子さんが将来、歌舞伎界に
入る?何てことも考えられますが・・・

 

母親である竹内結子さんがいい顔をしない
といった感じでしょうか。


スポンサードリンク

お読み頂きありがとうございます

記事が役に立ったや面白かったなど 情報をシェアや拡散して頂けると嬉しいです♪ 日々記事更新のカテになります

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ