スポンサードリンク

中西進の解任の衝撃の真実とは?夫人や子供の存在とは?経歴が

中西進の解任の衝撃の真実とは?夫人や子供の存在とは?経歴が

中西進の学生時代や経歴とは?

中西進さんは教育者・文学者として
活躍をしている方です。

 

1929年8月21日生まれです。

東京府出身で
「旧制東京都立武蔵中学校」
「広島大学付属高等学校」
「東京大学」を卒業しています。

 

大学卒業後にはそのまま東京大学の
大学院に進学をして文学研究科に
て学びました。

 

1955年に修士課程を修了して
文学修士の学位を取得しました。

 

1959年に博士課程を修了しましたが
30代で博士論文
「萬葉集の比較文学的研究」を執筆して
1962年に文学博士の学位を取得しています。

 

また、この論文によって1963年に
第15回読売文学賞を受賞しています。

 

以後は、日本古代文学と
中国文学との比較研究を始めました。

文学者として東京学芸大学付属高等学校
教諭などを経て、
1970年に成城大学にて文芸学部の
教授に就任しています。

 

それと同時にプリンストン大学客員
教授も兼任しました。

1984年には筑波大学に転じて
歴史人類学系の教授に就任しています。

 

1987年国際日本文化研究センター
に転じて教授に就任し
トロント大学客員教授を兼任しました。

1995年には帝塚山学院大学に転じて
教授に就任するとともに、国際理解
研究所の所長も務めました。

 

そのほか名だたる多くの大学の
客員教授を兼任しています。

 

1994年に歌会始にて召人を務めました。

 

専門は文学であり日本文学、比較文学
万葉学といった分野の研究に従事しました。

万葉集研究の第一人者とされています。

中西進の解任の衝撃の真実とは?

スポンサードリンク

 

中西進さんといえば文学者で
万葉集の研究の第一人者といわれて
います。

2019年4月1日に新元号である
「令和」が発表されると中西進さんが
「令和」の考案者であると報じられました。

 

しかし、中西進さんは
「お話しすることはありません」と明確
な回答は控えて
「元号は中西進という世俗の人間
が決めるようなものではなく、天の声で
決めるもの。考案者なんているはずがない」
とコメントしているようですね。

 

中西進さんは新元号である令和の
考案者なのでは?ということで一躍
時の人となったわけですが・・・・

 

中西進さんを検索すると「解任」
というキーワードが目につききに
なる人も多いようです。

 

そこで調べてみたところ・・・・
どうやら同時期にカルロスゴーン氏が
解任されたことと相まって検索
キーワードに出てきてしまっただけで
中西進さんが解任されたという事実は
ないようですね。

中西進の夫人や子供の存在とは?

中西進さんの夫人は誰なのか?という
こともきになる人が多いようですが

 

中西進さんの夫人は
「中西ひろ子」さんだそうです。

 

2人はおしどり夫婦として知られて
いたようですが・・・

 

夫人の中西ひろ子さんは
2011年9月65歳という若さで亡くなられて
いるようです。
死因は持病の腎臓病が悪化したことが
理由だったようですね。

 

中西進さんは夫人を亡くされた後に
年下の女性と再婚をしているようですね。

 

子供さんは4人いるようですが
長女はアイルランドの大学に留学をして
医学部に入り医師を目指していたようです。


スポンサードリンク

お読み頂きありがとうございます

記事が役に立ったや面白かったなど 情報をシェアや拡散して頂けると嬉しいです♪ 日々記事更新のカテになります

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ