スポンサードリンク

浪岡一喜は韓国人の真相とは?嫁や子供の画像が流出?

浪岡一喜は韓国人の真相とは?嫁や子供の画像が流出?

浪岡一喜の学生時代や気弱だった幼少時代とは?

浪岡一喜さんは俳優として活躍
をしている方です。

 

1978年8月2日生まれなので
2018年には40歳になります。

 

大阪府大阪市出身で
「大阪府立高津高等学校」
「早稲田大学政治経済学部」を卒業
しています。

 

子供の頃はかなり気の弱い性格
だったようで、保育園にいっていたとき
いじめられて登園拒否になって小学校
までは幼稚園などにはいかなかった
そうです。

 

2004年に「パッチギ!」のモトキ・
バンホー役で注目を集めて
同年「幻星神ジャスティライザー」で
神野司郎/デモンナイト役を演じました。

2006年に初主演作となる
「ライオン丸G」が放送されています。

 

その後は、多くのテレビドラマや映画や
舞台などで活躍の場を広げています。

浪岡一喜は韓国人の真相とは?

 

スポンサードリンク

 

浪岡一喜さんを検索すると「韓国人」
というキーワードが目に付きます・・・

浪岡一喜さんはデビュー映画が
井筒監督作品の「パッチギ!」でした。

 

パッチギは日本人の少年と在日韓国人の
少女との恋愛を描いた青春映画です。
パッチギで浪岡一喜さんは在日コリアン
であるモトキ・バンホー役を演じています。

 

また・・
ドラマ「ハンチョウ」では韓国人役を演じ
そのときには浪岡一喜さんは流暢な韓国語
を披露しています。

そのことから韓国人なのかな?と思われる
ことが多くなったようですね。

 

しかし、浪岡一喜さんは特技が
日本舞踊という生粋の日本人ということ
です。
どうしても俳優さんは役柄での
イメージがつきやすいために役柄を
そのまま当てはめられたことになって
しまったようですね。

 

たしかに浪岡一喜さんはドラマや映画
でチンピラ役を演じることが多いために
学生時代はかなりやんちゃだったのでは
と思ってしまいますが・・・

 

上述したように早稲田大学を卒業して
いる優秀な高学歴の持ち主です。

 

さらに、高校も地元で有名な進学高
ということですので役柄とは全く違う
ことがわかりますね。

浪岡一喜の嫁や子供の画像が流出?

浪岡一喜さんは2006年に結婚をして
います。

嫁は2歳年下の一般女性ということです。

 

どうやら嫁とは大学時代から5年間
交際していたようですね。

 

嫁は弁護士を目指していたようですが
浪岡一喜さんの俳優としての活動を
支えるために自身の夢はあきらめた
ようですね。

 

浪岡一喜さんは家のことがなにも
できないようで・・・
料理はもちろん掃除や洗濯など
やり方すらわからないようです。

 

嫁が実家に帰っている間は
部屋を汚さないように菓子パンなど
をゴミ箱を抱えながら食べていた
そうです。

 

子供さんは・・・
2007年9月24日に長女が誕生しています。
2010年6月23日に長男が誕生しています。
2016年6月7日に次女が誕生しています。

 

浪岡一喜さんは家のことは何も
できないようですが子供さんの面倒
はよくみるということです。

 

父親になる前はドラマや映画で共演
する人たちと張り合う気持ちが
強かったようですが・・・

 

子供が生まれてからは後進の俳優
のこともおもいやる気持ちへと
変わっていったようですね。

 

嫁は一般人なので画像はありません
が頭のよい方なんでしょうね。


スポンサードリンク

お読み頂きありがとうございます

記事が役に立ったや面白かったなど 情報をシェアや拡散して頂けると嬉しいです♪ 日々記事更新のカテになります

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ