スポンサードリンク

泉ピン子の旦那や子供の画像で隠し子との関係が!震えで太ったのか?

泉ピン子の旦那や子供の画像で!

隠し子との関係は?

震えで太ったのか?

pinn_001

泉ピン子の女優ではなかった頃!

泉ピン子さんは女優として活躍している
日本人なら老若男女知らない人はいないかも
しれませんね。

 

泉ピン子さんは1947年9月11日生まれ
なので、2015年で68歳になります。

 

現在は女優としての活動しか見たことは
ないという人も多いと思いますが
そもそも、芸能界にデビューをしたのは
歌謡漫談家としてでした。

 

デビューをしたもののキャバレー回りが
続いているような状態でした。

 

1975年に日本テレビの
「テレビ3面記事ウィークエンダー」の
番組リポーターを担当したことが
ブレイクのきっかけになったようです。

 

当初は下品なネタを多く扱わされていたため
ワーストタレント1位にも選ばれたんです。

 

1975年ぐらいから女優業にのりだして
1980年「手ごろな女」でドラマ初出演を
果たして、歌手としても1977年に「哀恋蝶」が
ヒットしたんです。

 

なんといっても、1983年4月から放送された
NHK朝の連続テレビ小説「おしん」の母親役で
一躍女優として評価を得ることになりました。

 

1990年以降には橋田壽賀子さんの
「渡る世間は鬼ばかり」にも出演して
安定した演技が長い間視聴者を楽しませています。

スポンサードリンク

泉ピン子の旦那や子供の画像って?

泉ピン子さんは消化器内科医である
「武本憲重」さんと結婚をしています。

 

1988年に結婚をしたそうです。

 

こちらから泉ピン子さんの旦那さんの
画像を見ることができます。

 

泉ピン子さんの旦那は
「武本ホームドクタークリニック」の
院長を務めています。
開業をしている立地は銀座ということで
かなり稼いでいるのではないでしょうか。

 

実は、泉ピン子さんの旦那である
武本さんは北野武さんが司会をしている
「たけしの本当は怖い家庭の医学」にゲスト医師
として出演していることもあります。

 

泉ピン子さんは旦那さんと出会ったのが
40歳頃のことだったそうで
俳優の西田敏行さんが結婚の後押しをしたのだとか

旦那さんと泉ピン子さんの間には子供さんは
いません。
どうやら授かることができなかったようです。

 

しかし!!!!

 

この泉ピン子さんの旦那さんは
隠し子がいたんです。

 

看護婦さんと浮気をして子供を産ませて
いたようなんです。
さらに驚くのは2人もいたとのこと・・・

 

その後・・・隠し子が発覚した後に泉ピン子
さんは「許します」とマスコミに対して
コメントしたんです。

 

テレビで見るイメージのピン子さんだったら
絶対許さないだろうと思ってしまいますが
一体何があったんでしょうね・・・・
泉ピン子さんは自分に子供ができれば
よかったんですけどと語っていたんですが
胸が痛くなります・・・

 

嫁に子供ができないなら他につくるとか
最低ではないでしょうか?

 

旦那さんは一体なにがしたかったのか
なんだかもやもやしてしまいますが・・・

 

実は、隠し子の1人である娘さんが芸能活動
をしているんですね。
「泉沙織」さんといってヴァイオリニスト
だそうです。

 

こちらから泉沙織さんの画像を見ることが
できます。

 

泉という苗字を使っているところかも
泉ピン子さんと不仲ではない様子がわかります。

 

なんだか、泉ピン子さんに対する見方が
変わってしまいました。

泉ピン子の震えとは?

泉ピン子さんは役柄としてかなり意地悪な
姑などを演じることが多いんですが・・・・

 

その演技の迫力からか泉ピン子さんの
意地悪なシーンを見て「震える」という人が
多いようですね。

 

それだけ人を本当に怖がらせる演技をできる
ことはすごいですよね。

 

多くの人を震え上がらせる泉ピン子さんですが
若い頃には付き人をしていた時期も
ありました。

 

当時は扱いがかなりひどかったようで
ちゃんとした寝る場所を与えてもらえず
キャバレーの楽屋などに泊まっていたようですが
従業員や経営者がよばいにきたそうです。

 

泉ピン子さんは震えて怖がっていた
そうなんですよ。

 

本当にひどいですよね。

最近は、太ったといわれているようですが

年齢的にも体質的にも太りやすいのかも

しれませんね。


スポンサードリンク

お読み頂きありがとうございます

記事が役に立ったや面白かったなど 情報をシェアや拡散して頂けると嬉しいです♪ 日々記事更新のカテになります

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ