スポンサードリンク

セーラー服おじさんの勤務先とは?嫁や子供って?早稲田出身?

セーラー服おじさんの勤務先とは?

嫁や子供って?早稲田出身?

se-ra-_001

セーラー服おじさんの出没地域!

セーラー服おじさん!
え?セーラー服って女子のものでは?
と思ってしまいますが・・・・
おじさんがセーラー服を着ている
セーラー服おじさんが以前から都内で
目撃されてネットで話題になっていたんですね。

 

出会ったら幸せになれるという
都市伝説のような話まででるように
なりました。

 

セーラー服おじさんに出会ったひとは
写メをとってSNSに投稿するなどして
画像がどんどん拡散されました。

 

こちらからセーラー服おじさんの画像を
見ることができます。

 

スポンサードリンク

 

下半身だけをみたらなんだか女子高生
なのに上半身に目を移したとたんに
奇妙なおじさんが現れるとった
感じですね。

 

どうやら新宿や池袋などの東京近郊で
セーラー服姿で出没しているようですね。

セーラー服おじさんの勤務先とは?

セーラー服おじさんの正体が明らかに
なっているようです。

 

セーラー服おじさんの本名は
「小林秀章」さん

生年月日は1962年生まれで
2015年で52歳になります。

 

なんと大手企業に所属するエンジニアで
世界的特許権者でもあるんです。

 

どうやら大手企業というのは
「大日本印刷」ということのようですね。

 

印刷業界のトップ企業ですね。

そして、セーラー服おじさんである
小林秀章さんが取得した特許というのが
「レンズ形状の設計方法、レンズの形成方法、
撮像素子、およびフォトマスク設計方法」
というもののようですね。

 

なんだか一般人の私には何が何だか
わからないですがすごい人ということ
だけはわかります。

 

セーラー服おじさんの勤務先での
年収は900万円ぐらいと推測ができます。

セーラー服おじさんは早稲田出身?

セーラー服おじさんは日本の大手企業
である「大日本印刷」に勤めているということで
さぞや学歴も高いのだろうと・・・・

 

セーラー服おじさんは「早稲田大学」出身です。

 

英語も堪能でかなりのエリートのようですね。

セーラー服おじさんのきっかけって?

そもそもそんな高学歴な上の大手企業に
勤めている・・しかもおじさんが
なぜセーラー服を着ることになったのか
気になるところですね。

 

どうやら最初にあるきっかけがあったようです。

 

神奈川県のラーメン店で
「30歳以上でセーラー服を着て来店したら
ラーメン一杯タダ」という企画があったそうです。

 

30歳以上の女性でもセーラー服を
着るのはさすがに抵抗がありすぎますが・・・

 

さらにおじさん・・・・

タダでラーメンを食べることもできるし
実際にセーラー服を着て街を歩いて
みたいという欲求も手伝ってセーラー服
おじさんが誕生したようですね。

 

セーラー服を着ているだけで
最近は儲けることができているようです。

 

注目度は半端ないのでどんどん
セーラー服おじさんの話は拡散されて
海外からも取材が殺到したようですね。

 

さらには週末は何かしらのイベントの
出演や取材などで売れに売れまくって
いるようですね。

セーラー服おじさんの嫁や子供って?

セーラー服おじさんは結婚をしているの?
と気になる人も多いですね。

 

確かに年齢的にもおじさんなので
結婚をして嫁や子供がいてもおかしくは
ありません。

 

なんせ、セーラー服おじさんは特に
男性が好きというわけではなくて
女性がすきなんですから。

 

どうやらセーラー服おじさんは
結婚はしたことがあるようですが
離婚をしたバツ1のようですね。

 

だからこんな奇抜なことをできたのか
と妙に納得してしまいますが・・・・

 

セーラー服おじさんの左手の
薬指に指輪がはめられていることも
あったりしててっきり嫁がいると
思い込んでいました。

 

今後再婚する予定はあんまり
ないようですね。

 

本来は嫁や子供に使うべきなのに
すべて自分のために使ってきて
しまったからと語っているようです。

 

歌舞伎町などに出向くときには
酔っ払いにスカートをめくられたり
するそうでめくられてもいいように
紺のオーバーパンツを履いているそうですw

 

男性から性的な対象として声をかけられる
こともあるようですが、リクエストには

応えられないそうですw

 

仕事場の上司にも説明は求められた
そうですがとくにお咎めはなかったっとかw


スポンサードリンク

お読み頂きありがとうございます

記事が役に立ったや面白かったなど 情報をシェアや拡散して頂けると嬉しいです♪ 日々記事更新のカテになります

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ