スポンサードリンク

園子温の嫁画像や子供の存在とは?病気の詳細やその後とは

園子温の嫁画像や子供の存在とは?病気の詳細やその後とは

園子温の学生時代や映画監督や詩人としての活躍が

園子温さんは映画監督・脚本家として
活躍をしている方です。

 

1961年12月18日生まれです。

 

愛知県豊川市出身で
17歳で詩人としてデビューを果たして
います。

 

「ユリイカ」「現代詩手帖」に続々と
詩が掲載されてジーパンを履いた
朔太郎と称されました。

 

「萩原朔太郎とは?」
大正時代に近代詩の新しい地平を
拓き「日本近代詩の父」と称された
方です。

 

園子温さんは法政大学に入学後
8mm映画を手がけました。

 

幼少期から映画好きで洋画ばかりを
見ていたそうです。

 

1986年8mm映画「俺は園子温だ!」
がぴあフィルムフェスティバル入選
翌年、8mm映画「男の花道」でグランプリ
を受賞しています。

 

1990年ぴあフィルムフェスティバルス
カラシップ作品として制作された
16mm映画「自転車吐息」はベルリン
映画祭正式招待のほか、30を超える
映画祭で上映をされました。

 

ヨーロッパ及びアジアでの
継断公開が2年あまり続きました。

 

1993年「部屋」を制作しサンダンス映画祭
審査員特別賞を受賞しました。

 

49の海外の映画祭で紹介されました。

その一方で街頭詩パフォーマンス
「東京ガガガ」を主宰して
一大ムーブメントを起こしました。

2001年には物議を呼んだ衝撃的
な作品「自殺サークル」を公開します。
過去最高の観客動員数となって
記録を塗り替えました。

 

2007年にはテレビ朝日系ドラマ
「時効警察」に監督として参加を
しました。

 

2012年「ヒミズ」を公開
自身初の漫画原作物に挑みました。

第68回ヴェネチア国際映画祭
コンペティションに出品されて
主演の染谷翔太と二階堂ふみが
最優秀新人俳優賞を日本人初の受賞
という快挙をもたらしました。

 

2013年4月テレビ東京系ドラマ
「みんな!エスパーだよ!」にて
総合監督を務めました。

2014年には小説「毛深い闇」を出版
映画「TOKYO TRIBE」を公開
雑誌「GO JAPAN」がその年最も
輝いた男性を表彰する
「GQ MEN OF THE YEAR 2014」を
受賞しました。

 

2015年5月に映画「新宿スワン」を公開
し、園子温さんの最大のヒットを
記録しました。

園子温の嫁画像や子供の存在とは?

 

 

園子温さんは2011年に結婚をして
います。

嫁は園子温さんよりも19歳年下の
女優さん「神楽坂恵」さんです。

 

スポンサードリンク

 

園子温さんの嫁はそもそもグラビア
アイドルでしたが・・・

映画「冷たい熱帯魚」「恋の罪」で
体当たりの演技を見せ話題となりました。

園子温さんの嫁はヘアメイクの仕事
に憧れて上京したところ・・・

 

スカウトされてグラビアアイドルと
してデビューを果たしています。

 

しばらくはグラビアアイドルとして
仕事をしていたようですが
仕事に対して疑問を持ち始めて
2007年に「グラビアアイドルやめます」
と宣言をして女優業へ専念することに
なったようですね。

 

そもそも二人の馴れ初めは
バーで嫁に一目惚れをした園子温さん
が「俺の映画に出てください」とオファー
を出したそうです。

 

その後、猛アタックをして結婚という
流れになったようですね。

 

嫁は園子温さんと結婚を決めた理由に
ついてこう語っています。
「まっすぐでかわいらしい部分が
あることがわかったからで、あと
責任感が強いところ」と・・・

 

園子温さんは嫁と仕事をしている
うちに、同志感もありさらには
二人の生活よりも女優をとるという
エゴイズムがなかったことも
より好きになった理由と語って
います。

 

嫁と俳優とのラブシーンを撮っている
ときは大丈夫だったようですが・・・
編集をしていたらやっぱりあか〜ん
ってなったそうです。なんか可愛いですね。
園子温さんの嫁である神楽坂恵さんは
2019年2月5日に第一子となる女児を
出産しています。

園子温の病気の詳細やその後とは?

園子温さんは2019年2月7日に
心筋梗塞を発症して緊急手術を
受けています。

 

2月7日の午後4時に突然胸の苦しみ
を訴えて救急搬送されています。

 

手術は成功をしてその後は話せるほど
に回復をしているようです。

 

都内の病院で入院療養をしながら
経過観察をしていくそうです。

 

園子温さんは心筋梗塞で病院に
運ばれる数日前に第一子が生まれた
ばかりということで・・・

 

嫁はどれだけ心配したでしょう・・・


スポンサードリンク

お読み頂きありがとうございます

記事が役に立ったや面白かったなど 情報をシェアや拡散して頂けると嬉しいです♪ 日々記事更新のカテになります

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ