スポンサードリンク

高嶋政宏さんにとっての高嶋ちさ子さんって何?子供は生まれた?嫁のシルビアとの関係は

高嶋政宏さんにとっての高嶋ちさ子さんって何?

子供は生まれた?嫁のシルビアとの関係は

takamasa_001

 

高嶋政宏さんにとっての高嶋ちさ子さんって何?

高嶋政宏さんといえばかなり有名な

俳優さんですが、家族全員が芸能人という

芸能一家で育っていることも有名です。

 

高嶋政宏さんとバイオリニストである

高嶋ちさ子さんはいとこ同士になるんです。

 

しかし、あまりテレビなどで

親戚関係にあるということを

知っている人は少ないように感じます。

高嶋政宏さんにとっての

高嶋ちさ子さんとはどんな関係なんでしょうか。

 

高嶋政宏さんの父親は高島忠夫さんです。

 

その実の父の弟が高嶋弘之さんという

音楽ディレクターやプロデューサーと

して活躍しているビートルズの日本の

仕掛け人と言われています。

 

兄弟共に有名人という家系なんですね。

 

しかし、高島忠夫さんと高嶋弘之さんは

親戚関係を断絶しているようです。

 

高嶋政宏さんが幼い時には

両家は行き来があって仲良くして

いたようですね。

 

しかし、子供が物ごころがついてきて

高嶋ちさ子さんが高嶋政宏さんの自宅に

遊びにいったりすると、料理やおやつなど

いちいち自分の家との差を感じたそうです。

 

高嶋ちさ子さんの父親である弘之さんも

かなりすごいひとではありますが

当時はレコード会社で働く一社員だった

こともあり普通のサラリーマンという

生活だったようですね。

しかし、高島忠夫さんの家庭は夫婦で

芸能人で売れているということもあり

かなり裕福だったということで差がしょうじて

いたんでしょうね。

 

そして、両家が断絶する発端になったのが

高嶋政宏さんのお母さんである寿美花代さんの

一言だったそうです。

 

そもそも寿美さんの言動に傷つけられる

こともあったようですが、寿美さん自身は

そういう意味でいっているのではなさそう

といった感じだったようです。

 

しかし、高嶋ちさ子さんがバイオリンを

始めるとなったときに

寿美さんがお金がかかるけど大丈夫?

というようなことを言ったようで・・・

 

それからはだんだんと関係がなくなり

現在では断絶状態だということです。

 

高嶋政宏さん側からも高嶋ちさ子さん側

からも関係を発言することはないので

2人がいとこ同士ということも知らない人も

多いようですね。

 

親戚同士の付き合いというものは

他人の付き合いよりも難しいものが

あるかもしれませんね。

 

高嶋弘之さんの画像はこちらから

 

スポンサードリンク

高嶋政宏の子供ってうまれたの?

高嶋政宏さんは1965年10月29日

生まれなので

2015年で50歳になりますね。

 

2005年に女優のシルビア・グラブさんと

結婚をしています

 

こちらからシルビア・グラブさんの

画像を見ることができます。

 

現在までに子供さんは生まれていません

子供をつくらない主義や不妊という

内容は報道はされていません。

 

最近では不妊が社会問題になっていますね

女性も男性も不妊の症状が出ている

人が多くいるようですね。

 

生活習慣や食生活といったことが

不妊になりやすくなったともいわれて

いますよね。

 

高嶋さんの夫婦が不妊かどうかは

わかりませんが、もしかすると

今後子供さんが生まれる可能性があるかも

しれませんね。

 

しかし、嫁のシルビアさんも

スケジュールで管理された仕事を

しているので計画的に妊娠しないと

いけないことを考えると厳しい職業なの

かもしれませんね。

高嶋政宏と嫁のシルビア・グラブとの関係は?

高嶋政宏さんの嫁である

シルビア・グラブさんは1974年7月17日

生まれなので、2015年で41歳になりますね。

 

シルビア・グラブさんは

父親がスイス人で母親が日本人の

ハーフなんですね。

 

ミュージカルを中心にした女優業

といったところでしょうか。

 

2人の関係は良好といわれています。

高嶋さんがシルビアさんにラブラブで

朝ごはんを毎日つくってシルビアさんを

起こしているのだとか・・・

 

高嶋さん自身の家庭では大変なことが

いろいろと起こっています。

 

高嶋さん自身も嫁であるシルビアさん

といるときが唯一平穏でいれる

時なのかもしれませんね。


スポンサードリンク

お読み頂きありがとうございます

記事が役に立ったや面白かったなど 情報をシェアや拡散して頂けると嬉しいです♪ 日々記事更新のカテになります

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ