スポンサードリンク

武井壮の生い立ちや睡眠時間のうその衝撃真実とは?

武井壮の生い立ちや睡眠時間のうその衝撃真実とは?

武井壮の学生時代や芸能界に入ったきっかけが?

武井壮さんはタレントとして活躍を
している方です。
元陸上競技選手で陸上競技・十種競技元日本
チャンピオンです。

 

1973年5月6日生まれです。
東京都葛飾区出身で
「修徳中学校・高等学校」を卒業後
「神戸学院大学法学部」を卒業しています。
中学校・高校では成績がトップで
入学金が免除され奨学金が支給されて
いました。

 

中学校では野球、高校ではボクシングに
取り組んでいましたが
大学時代に短距離走を始めて神戸学院大学
3年時に十種競技へ転向をしました。

 

その後中央学院大学にスカウトされて
神戸学院大学卒業後に進学をしています。

 

1997年第81回日本陸上競技選手権大会
十種競技において競技歴2年半で優勝を
獲得しました。

 

中央学院大学卒業後に陸上をやめて
1998年から2000年までアメリカにゴルフ
留学をしています。

 

2001年の1月から2月にかけて
台湾プロ野球リーグ・中信ホエールズ
の冬季キャンプ特別コートを務めた後
スポーツトレーナーとしての活動も本格的
に始めました。

 

2010年までの間には
陸上選手・競輪選手・プロゴルファー
・プロ野球選手の個人トレーナーも
務めていました。

2003年ごろに本業の合間に芸能活動を
始めています。

 

ジムで犬用のガムを噛んで顎を鍛えている
ところをピエール瀧さんに発見されたこと
が芸能界に入るきっかけになったようです。

 

芸能界に出てきたころは「百獣の王」と
して取り上げられて、動物と戦うときに
はどう倒すか?などの面白いコメントが
うけて一気にブレイクしています。

武井壮の生い立ちや睡眠時間のうその衝撃真実とは?

 

スポンサードリンク

 

武井壮さんの睡眠時間が異常に短い
と話題になりました。

その睡眠時間とは?なんと45分という
のです。

しかし、人間がたった45分の睡眠時間
で生きていけるはずがないと「うそ?」
なのでは?と言われていますが・・・・

 

どうやら・・・・

武井壮さんは1日で45分から1時間の
睡眠時間を3回とっているということ
だそうです。

 

いやいや・・・・それでもさすがに
おかしくない?という感じですが・・・・

 

武井壮さんいわく医師によると武井壮
さんは45分の睡眠で一般人の7時間睡眠
と同程度の長さのレム睡眠が取れている
ということなのだそうです。

ということは・・・・
1日45分の睡眠を3回とるということで
普通の人だと21時間睡眠しているという
計算になるようで・・・・

 

その短い睡眠で体力の消耗が猛烈に
回復をするそうなのです。

 

人間にはショートスリーパーと
ロングスリーパーというタイプに
別れるようで・・・・・

 

ショートスリーパーは短い睡眠時間で
体力の回復が充分なタイプ

 

一方ロングスリーパーは長い睡眠時間を
とらないと体力を回復しないタイプ

 

これはあくまでも体質によるものだ
ということですね。

ロングスリーパーよりもショートスリーパー
のほうが起きている時間が多いので
人生をより長く自分のために使えると
いったことでは得なような気もしますが・・・


スポンサードリンク

お読み頂きありがとうございます

記事が役に立ったや面白かったなど 情報をシェアや拡散して頂けると嬉しいです♪ 日々記事更新のカテになります

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ