スポンサードリンク

遠野なぎこの母親は現在どうしているのか?父親との関係もあきらかに!

遠野なぎこの母親は現在どうしているのか?父親との関係もあきらかに!

遠野なぎこの過去の出演作品や夫との関係とは?

遠野なぎこさんは女優やタレントとして
活躍をしている方です。

 

1979年11月22日生まれなので
2018年には39歳になります。

 

1991年テレビ朝日「鳥人戦隊ジェットマン」
で本名の青木秋美の名でゲスト出演して
デビューとなりました。

 

1994年テレビ朝日「嫁の出る幕」に
レギュラー出演をしこのときから
「遠野凪子」と改名をしました。

 

1999年NHK朝の連続テレビ小説
「すずらん」でヒロインを演じて一躍
有名になります。

 

2002年映画「海は見ていた」で海女役で
初ヌー○を披露しました。

2005年昼ドラマ「冬の輪舞」ヒロイン
水島しのぶ役で「真珠夫人」や「牡丹と薔薇」
を抜く高視聴率を得ました。

2010年5月15日に芸名を「遠野なぎこ」に
改名したことを公式ブログで発表しています。

 

2012年3月いっぱいで契約満了により
東宝芸能を退社して4月からワイルドビジョン
に移籍をしています。

 

そもそも、子役として芸能界にデビューを
果たして以降はずっと芸能界の仕事を
続けています。

 

2回の結婚を経験していますが
1度目の結婚生活は72日間
2度目の結婚生活は55日間という
芸能人では最短を記録しています。

 

2度目の離婚後は新しく戸籍を取得して
元夫の姓を名乗ってさらに元夫とは
交際中で事実婚状態だそうです。

 

遠野なぎこさん曰く、結婚をすると
縛られて良い嫁でいなければいけないという
プレッシャーが強くでるために結婚という
形をとらないのだとか・・・

遠野なぎこの母親は現在どうしているのか?衝撃的な関係性があきらかに?

 

スポンサードリンク

 

遠野なぎこさんは母親から虐待を幼い
ころから受けていたと語っています。

 

母親の言われるがままに子役を続けなければ
いけなかったり人気子役のせいで中学校で
いじめにあったときも母親のいいなりになる
しかなく仕事を耐えてしていたとも・・・

 

母親は遠野なぎこさんが太ることを
懸念しこんなことを発言したそうです・

「吐けば太らないからやってごらんよ
白湯を飲むと吐きやすいよ!ママ、終わるまで
ちゃんとトイレの前に居てあげるからね
大丈夫だからやってごらん」といい続けた
そうです。

 

さらに・・・
「あんたが楽になるからっていうから
あんたの真似して手首きっちゃった!だから

これは全部あんたのせいだからね」と

 

「泣くな!あんたは泣いた後、目が腫れて
ヘビ女みたいで気持ち悪いんだよ」という
ようなことも言われ続けたそうです。

 

さらに・・・母親からダブル不倫をしている
などということも言われたそうです。

 

遠野なぎこさんは幼いころからの仕打ちを
ずっと耐えて仕事をしていたようですが
16歳のときにその限界を迎えたようです。

 

女優の仕事もできなくなるぐらいに
自身の精神も崩壊してしまいました。

 

遠野なぎこさんが小学校5年生のときに

両親は離婚をしています。

父親はお酒、サラ金、暴力とかなりダメ
親父だったようです。

 

20歳をすぎたころ母親との関係に嫌気が
さして父親に小学校5年生ぶりに連絡を

とったようですが・・・・

 

最初は、きれいな再会だったようですが

だんだんと本性が現れてきてやはり昔の
性根は変わらずにダメ親父のままだった
ようで・・・・そのまま連絡を取らなく
なったようですね。

 

遠野なぎこさんは父親も母親も
どちらの愛情も受けずに育ってしまった
ようです。

 

現在は遠野なぎこさんは母親とも連絡を
一切とらずに絶縁状態だそうです。

 

何年も前に絶縁状態になり母親の連絡先
すら知らないそうです。

 

平凡な家庭でも親の愛情を受けて育つ
ことができるというのはお金があるという
ことよりも、すばらしく豊かなことなんだと
感じます。

 

親の愛情を当たり前のように受けていると
こんな環境で育った人がいるんだという
ことに驚かされます。

 

この世に当たり前なんてことはないん
ですよね。日々感謝をして生きていきたい
と思います。


スポンサードリンク

お読み頂きありがとうございます

記事が役に立ったや面白かったなど 情報をシェアや拡散して頂けると嬉しいです♪ 日々記事更新のカテになります

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ