スポンサードリンク

遠野なぎこの離婚理由が本当は?2度の結婚相手は誰?

遠野なぎこの

離婚理由が本当は?

2度の結婚相手は誰?

toono_001

 

遠野なぎこの離婚理由が本当は?

遠野なぎこさんは今回の離婚をうけて

 

バツ2になったことになりますね

 

最初の結婚は2009年5月のことでした

お相手の旦那は飲食店勤務の一般男性でした

 

最初の結婚のときの交際期間は数カ月

だったそうなんです

その後・・・・結婚から離婚に至るまでの

期間は3カ月でした

 

2度目と同じような雰囲気ですが・・・

 

1度目の離婚理由としては

遠野なぎこさんは付き合いはじめた

当初に男性から結婚をしたいと

いわれていたそうなんですが・・・・

 

もちろん遠野さん的にはまだ結婚はと

思っていたそうです

しかし、遠野なぎこさんの恋愛観は

男性に尽くしたおすことだそうです

 

相手が結婚を求めているのなら

それに応じることが相手の要望を

叶えることになると思って結婚をした

ようですね。

 

結婚してすぐに遠野さんのマンションに

一緒に住み始めましたが、たった

1カ月で別居になりました

 

なぜ1カ月で別居してしまったのかというと

遠野さんは一緒にいる男性に

尽くしすぎてしまって相手の男性が

どんどんダメになっていくそうなんです

 

相手がどんどんダメになっていく

のを見てたまらず追いだしたそうなんです

 

これが最初の離婚の理由です

 

 

そして2度目の離婚理由は

 

2014年5月5日にバーを経営する

39歳の男性と再婚をしました

 

しかし2014年6月28日に離婚を

してしまいました

たった55日の結婚生活ということです

 

そして、離婚理由というのが

1度目の離婚理由に学ぶことなく

 

遠野さん自身が良い妻でなければならない

という形に縛られてしまったようです

 

そんな生活をしているうちに、夫婦ともども

心休まる日々を送ることができなくなった

そうなんです。

 

旦那のことを憎んで離婚するわけでは

ないようですね

 

2度目の旦那とはもう1度恋人同士に

もどってやり直すそうです

 

スポンサードリンク

遠野なぎこの母との関係が離婚に?

遠野なぎこさんは子供の頃から

実の母親に虐待を受けていたと

告白しています

 

母親からはお前はブスだといわれ

続けていたようです

 

母親は遠野さんを18歳のときに

産んでいるようですが、

生活がくるしく母親は遠野さんを

産んだせいで自分の人生が狂ったとも

思っていたようですね

 

その後母親は再婚したそうなんですが

小学校高学年になった遠野さんに

再婚相手と一緒にお風呂に入るよう

強要されたりしたそうです

 

小学校高学年といえば実の父親とも

お風呂に入るのは嫌な年齢なのに

他人のおじさんと一緒に入らされるなんて

虐待以外の何物でもないですね

 

そんな母親との関係から遠野さんは

摂食障害に陥ってしまいます

 

現在もまだ母親のことを許せず、

摂食障害も完治していなく精神が

不安定なことも多いようですね

 

そんな幼少時代を過ごしていた遠野さんは

大人になって屈折した恋愛を

しはじめます

 

1人の男の人と付き合うだけでは物足りず

最高では7股交際をしたことがあるそうです

 

そんな習慣は10代の頃から続いて

いるそうなんです

 

しかも男性1人につきデートは3回まで

ときめていたそうです

ドキドキする気持ちがなくなるから

なんだそうです

 

こんな恋愛観をもったのも

子供の頃の虐待が原因とも考えられます

 

子供の頃に虐待を受けた人と

いうのは大人になってなにかしら

人とは違ったことがでてくるそうです

 

人間の脳が育っている一番大事な

時期にそのような虐待をうけることによって

正常な発達をしない場合があるそうなんです

 

遠野さんが2度もの結婚が失敗したのは

やはり幼少のころの虐待とも

関係しているのではないでしょうか・・・

 

以前遠野さんはテレビ番組に出演

しているときに言っていましたが

自分を心底愛してくれて大事にして

くれるひとをどこかで望んでいるのかもと

 

親からの無償の愛を受けていない人は

自分をなによりも大事にしてくれる

存在に飢えているし、自分を大事に

してくれる人なんていないと思って

しまうのかもしれません

 

遠野さんは自分が好かれたくて

相手に尽くしすぎるという行動を

とってしまうのかもしれません

 

とすると・・・遠野さんが幸せな

結婚をすることができるのは

その見えない鎖から解き放たれたとき

なのかもしれませんね


スポンサードリンク

お読み頂きありがとうございます

記事が役に立ったや面白かったなど 情報をシェアや拡散して頂けると嬉しいです♪ 日々記事更新のカテになります

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ