スポンサードリンク

トランプの暗殺の可能性が予言者によって?以外なスクープが!

トランプの暗殺の可能性が予言者によって?以外なスクープが!

toranpu_001

ドナルド・トランプ氏の過去や実業家としての?

ドナルド・トランプ氏といえば・・・
アメリカの大統領就任する人ですが・・・

 

今まではアメリカの実業家として不動産
会社を経営して巨万の富を築いている人です。

 

1946年6月14日生まれなので、2017年には
71歳になります。

 

そもそも、父親のフレッド・トランプ氏が
ニューヨーク市で不動産開発業社として
成功をしていました。

 

ドナルド・トランプ氏はペンシルベニア大学
在学中から父親の経営する不動産会社を
手伝いその後、正式に社員として働くように
なりました。

 

1971年に父親から同社の経営権を与えられて
ホテル・カジノ・ゴルフコースなどを建設し
NBCのリアリティ番組「アプレンティス」に
出演などをして知名度を高めました。

 

3回もの結婚を経験しています。

1983年にはニューヨーク五番街に建設された
「トランプ・タワー」はトランプ氏の代表作
としても有名です。

 

アメリカの多くの有名人が住む高級マンション
としても有名ですね。

 

1988年ごろには巨万の債務を抱えるなど
して、カジノやホテルが倒産していましたが・・・

 

1990年代後半から好景気を背景に復活を
成し遂げています。

2015年6月16日にはアメリカ合衆国大統領選挙
へ共和党から出馬することを表明しました。

 

激しい発言などアメリカの景気をよくするのでは
という期待からアメリカ合衆国の第45代大統領
に就任することに決まりました。

 

あまりにも問題のある発言の多いことから
多くの人に支持される一方で反発の声も
多く聞かれます。

 

起業家として国のかなで成功するのとは違い
同じような感覚で国同士の利権を主張しすぎて
いることも問題となっていてこれからの
世界情勢が懸念されています。

トランプの暗殺の可能性が予言者によって?以外なスクープが!

 

スポンサードリンク

 

ドナルド・トランプ氏は大統領に立候補
した当初から差別的な発言やアメリカ人以外を
全く重要視しないなどといった観点から
もしかしたら「暗殺」されるのでは?といった
懸念があるようですね。

 

移民を排除するといった過激な発言などからも
「イスラム教徒」によるものとみられる
殺害予告がネット上に次々と書き込まれている
事態が発生しているようでトランプ陣営も
シークレットサービスが警護につくなど
かなりの警戒を高めているようですね。

 

アメリカ人のための政治をするといっている
ものの、女性軽視発言や障害者を馬鹿にするような
行動をとったことによって有名人からも
名指しでバッシングをされています。

 

アメリカのメディア関係者も続々と
トランプ氏の暗殺の可能性を予想し始めて
いるようですね。

 

多くの警護がつくアメリカのトップである
大統領であっても過去には何人もの大統領が
暗殺をされたという歴史があります。

 

暗殺未遂から暗殺の計画が明らかになった
人を含めると公の記録に残っているだけでも
歴代で16人もいるんです。

 

多くの人の記憶に残っているのは
「ジョン・F・ケネディ」ではないでしょうか。

 

パレードが行われる中での暗殺ということで
世界中が震撼しました。

アメリカは銃社会ということで暗殺をしようと
思えばどうにでもなる世の中ということも
あるのかもしれません。

 

国を変えるということは一筋縄ではいかない
でしょうが・・・あまりにも多くの敵をつくる
ということは暗殺の可能性も高まるということ
なんですね。

 

トランプ氏の暗殺の予言をしている人も
いるようです。

 

この人物は2062年からタイムトラベラーとして
現代にやってきたとされる人物で過去の大地震
などを的中させているようです。

 

しかし、この人物はトランプ氏が大統領に
ならないと予言したようなんです。

 

ということは、予言ははずれたということに
なりますが・・・・

もしかすると大統領就任の日に暗殺をされる
のでは?と噂されているようですね。

 

確かに就任日に暗殺をされると大統領には
ならないということなります。

 

さらには世界を裏で操作している組織が
暗殺をする可能性があるのでは?とも
語られています。

 

確かに、あまりにも自己中な考え方で
世の中を動かそうとすることはよくないこと
かもしれませんが、邪魔だと思った人間を
簡単に殺すということもなんだかやるせない
気持ちになります。

 

一体これからどうなるのか誰にもわからない
といったところではないでしょうか。


スポンサードリンク

お読み頂きありがとうございます

記事が役に立ったや面白かったなど 情報をシェアや拡散して頂けると嬉しいです♪ 日々記事更新のカテになります

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ