スポンサードリンク

辻仁成と中山美穂の子供の現在や離婚原因からなれそめまで

辻仁成と中山美穂の子供の現在や離婚原因からなれそめまで

辻仁成のロックバンドのボーカルの過去や小説家として?

辻仁成さんは作家やミュージシャンや
映画監督・演出家として活躍をしている
方です。

 

1959年10月4日生まれなので、2018年
には59歳になります。

 

東京都南多摩群日野町に生まれましたが
少年期は父親の仕事の都合で福岡市・
帯広市・函館市と各地を転々としました。

 

「北海道函館西高等学校」を卒業後
「成城大学経済学部」に進学するも中退を
しています。

 

1985年にロックバンド「ECHOES
(エコーズ)の ボーカリストとして
デビューを果たしています。

 

1991年日比谷野外音楽堂でのライブ
を最後に10年に及ぶバンド活動に
ピリオドを打ちECHOESを解散しソロ
活動へ。

 

1989年に「ピアニシモ」で第13回すばる
文学賞を受賞して作家デビューを果たします。

1991年本格的に作家として活動を始めます。

1994年「母なる凪と父なる時化」で
芥川賞候補となります。

「ミラクル」が青少年読書感想文課題図書
となりました。

 

1996年「アンチノイズ」が三島由紀夫賞
候補に

1997年「海峡の光」で第116回芥川賞
を受賞しました。さらに同年に
函館市栄誉賞を受賞します。

 

 

 

 

1999年「白仏」でフランスの五大文学賞
の一つであるフェミナ賞の外国小説賞を
日本人として初めて受賞しました。

2003年に渡仏し拠点をフランスに置いて
創作活動を続けています。

2017年4月11日に日本経済大学の
客員教授に就任をしました。

辻仁成と中山美穂の子供の現在や離婚原因からなれそめまで

 

 

 

辻仁成さんは1995年に南果歩さんと
結婚をして一男をもうけたんですが
2000年3月に離婚をしています。

 

その後・・・・

2002年6月に女優の中山美穂さんと
結婚をしました。

 

2004年1月に中山美穂さんとの間の
子である長男が誕生しています。

 

 

辻仁成さんと中山美穂さんの馴れ初めは
2001年に雑誌の対談で知り合って
意気投合したということのようですが・・・

 

実はその前に偶然に辻仁成さんが
中山美穂さんをパリの空港で見かけて
こう話しかけたそうです。
「やっと会えたね」

 

中山美穂さんも「私は宝物を見つけました」
と大喜びで交際から8ヶ月で結婚という
ことになったようですね。

 

結婚後には中山美穂さんは芸能活動を
休止してパリで生活をしていました。

 

その後子供さんを出産し子育てが
ひと段落した2010年に辻仁成さんの
原作映画「サヨナライツカ」で女優復帰
をしています。

その後、徐々に女優復帰をし公私共に
順調と見られていましたが・・・・

 

2014年3月に辻仁成さんと中山美穂さん
が離婚協議中であるという報道が流れました。

 

そして同年7月に離婚となってしまいました。

辻仁成さんと中山美穂さんの離婚理由
として当初いわれたのが・・・
辻仁成さんの中性的に変化した外見
だと・・・

 

スポンサードリンク

 

バンド活動を再開したこともあり
肩までかかるロングヘアや顔には化粧
といった感じに・・・

さらには辻仁成さんは1997年に
「海峡の光」で芥川賞を受賞して以来は
ヒット作品に恵まれずに収入の格差に
嫌気がさしたのではとも言われました。

 

しかし・・・・その後に新たなる事実
が発覚することになりました。

 

中山美穂さんは離婚協議中に音楽家の
渋谷慶一郎さんと仲良く手をつないで
デートしている姿が週刊誌で報道される
ことになりました。

 

数年前から渋谷慶一郎さんのことを
好きになっていたようで・・・

 

中山美穂さんは息子さんの親権を
辻仁成さんに譲ることで離婚を承諾
してもらったということです。

 

このことが明るみになって
子供をすてて彼氏を選んだという
イメージがついてその後の日本での
女優活動にも悪影響を及ぼすことに
なりました。

 

さらに、2015年には離婚の原因とも
いわれた渋谷慶一郎さんとも破局を
しています。

 

中山美穂さんは
「せっかく息子を手放してまで
渋谷さんとの生活を選んだのにこんな
状況ならなぜ息子と離れていなくては
いけないのか。」と後悔しているとも
いわれています。
後悔先に立たずということでしょうか。


スポンサードリンク

お読み頂きありがとうございます

記事が役に立ったや面白かったなど 情報をシェアや拡散して頂けると嬉しいです♪ 日々記事更新のカテになります

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ