スポンサードリンク

ブリリアンの現在や不仲説で解散するのか衝撃の真相とは?

ブリリアンの現在や不仲説で解散するのか衝撃の真相とは?

ブリリアンの学生時代や芸人として売れるwithBとしての

ブリリアンはお笑いコンビで
ブルゾンちえみとのユニット
「ブルゾンちえみwith B」のメンバー
で一躍有名になりました。

 

ブリリアンは
コージこと「徳田浩至」さんと
ダイキこと「杉浦大毅」さんの
2人のコンビです。

コージさんは
1987年12月20日生まれです。
大阪府出身で、
「大阪学芸高等学校」を卒業しています。
在学時にオーストラリアへ留学し
「法政大学文学部英文科」を卒業
しています。

 

その後、大手企業に内定をもらって
いましたが、なんとなく先が見える
ことを考えて内々定を断って
親の大反対にあいながらお笑いの
世界へ入ったそうです。

 

現在とは別の養成所には行ったそうですが
その時の相方が外国人でビザが切れた
から国に帰ると言われて解散をし
その後はひとりで舞台やお笑いライブ
に出ていました。

 

ダイキさんは
1987年6月19日生まれです。
静岡県浜松市出身で
「浜松学芸高等学校」を卒業しています。

 

時代劇のDVDをみたことがきっかけとなり
役者になることを決意しました。

 

そのために「工学院大学工学部
電気システム工学科」を3年で中退
しています。

 

その後は、大手事務所などの
オーディションを受けて落選するという
日々を送りました。

 

25歳のときに働いていたダイニングバー
の客として来店した芸能事務所経営者
に誘われて、その事務所に入った
そうです。
父親が脳神経外科医で父親は息子
も医者にしたかったそうです。
親族は地元・浜松でホテルチェーン
の呉竹荘を経営しています。

 

コージさんもダイキさんも俳優活動を
していましたが、2014年舞台で共演
した際に意気投合して親交を深めました。

 

お笑い好きのコージさんがダイキさんを
誘う形で、2015年10月に
ワタナベコメディスクールに23期生
として入学をしました。

 

事務所の先輩であるブルゾンちえみ
さんが、外国のアーティストが複数
の男性をはべらせて踊っている姿に
憧れて「自分もやってみたい」と思い
同じ事務所の後輩の中で一番シュとした
感じのブリリアンに声をかけて2016年
10月より、ユニット
「ブルゾンちえみwithB」を結成しました。

2017年1月
「ぐるナイ!おもしろ荘若手にチャンスを
頂戴今年も誰か売れてSP」に出演を
して優勝を果たしました。

ブリリアンの現在や不仲説で解散するのか衝撃の真相とは?

 

 

ブリリアンはシュとした芸人としては
イケメンの2人のコンビですが・・・

 

どうやら不仲説による解散の危機が
報じられているようです。

 

不仲説の原因としてはメンバーである
コージさんとダイキさんの2人の
扱いの差にあるようです。

 

そもそも2人とも俳優を目指していて
見た目もよく差がないように見えますが
決定的な差があるようです。

 

それはスポーツの才能のようです。

 

ダイキさんは短距離走や平泳ぎを
得意なスポーツにあげるようですが

コージさんはそもそも法政大学の
アメフト部でキャプテンを務めて
いたぐらいの運動神経万能人間!

 

スポンサードリンク

 

コージさんのスポーツの実績は
芸能界全体を見回してもトップクラス
のようです。

さらに芸能界ではアメフト経験者は
オードリーの春日さんや菅田将暉さん
など少数派のために
アメフト関連の仕事が回ってきやすい
とのこと・・・・・

 

コージさんは日本テレビのNFL中継
にゲストとして出演をした経験が
あり、アメフトファンにはおなじみ
の存在となっています。

 

2018年4月から
「ブリリアン コージと楽しむ
NFLライフ」という連載動画企画が
NFLジャパンの公式サイトで始まり
これでコージさんの顔がもっと売れて
いけば、ブリリアンという名前に
頼る必要がなくなる可能性があります
ので・・・・

 

しかも、ブリリアンとして売れたわけ
ではなく、最初はブルゾンちえみさん
ありきでwithBとして売れたので・・・

 

今後はブリリアンとしての色を
出していかないとコンビとしての
生き残りはかなり厳しいとみられて
いるようですね。

 

しかし、2017年2月から
「地球の走り方〜世界ラリ〜応援宣言〜」
にブリリアン単独でレギュラー出演
をしています。


スポンサードリンク

お読み頂きありがとうございます

記事が役に立ったや面白かったなど 情報をシェアや拡散して頂けると嬉しいです♪ 日々記事更新のカテになります

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ