スポンサードリンク

オリラジ中田と松本人志のその後は一体どうなったの?干される直前!

オリラジ中田と松本人志のその後は一体どうなったの?干される直前!

orirajinaka_001

オリラジ中田敦彦の学生時代とは?

オリラジの中田敦彦さんはお笑いタレント
でもあり俳優などで活躍をしている方です。

 

1982年9月27日生まれなので、2017年には
35歳になります。

 

大阪府高槻市出身ですが1992年4月からは
山履県山口市に引っ越しています。

 

1995年4月
「東京学芸大学附属小金井中学校」に進学をし
「東京学芸大学教育学部附属高等学校」を卒業後
「慶應義塾大学経済学部」を卒業しています。

 

高校生のときにビデオでみたダウンタウンや

千原ジュニアシティボーイズが好きになってお笑いに
興味を持ったそうです。

アルバイト先の保険会社の受付オペレーター
をしていた藤森慎吾と出会い
2003年8月1日に「オリエンタルラジオ」を
結成しました。

 

2004年4月に藤森の誘いで吉本総合芸能学院
NSC東京校に入学をしました。

 

デビュー後すぐに売れたためにまだ大学生だった
中田敦彦さんは2度留年をして6年がかりで
卒業をしたようですね。

 

2011年にタレントの福田萌さんとの交際
が発覚しました。

2012年6月3日に福田萌と結婚をしました。

2013年7月29日に第一子である女の子が
生まれました。

2017年1月22日には第二子である男の子が
生まれました。

オリラジ中田と松本人志のその後は一体どうなったの?干される直前!

 

スポンサードリンク

 

オリラジの中田敦彦さんといえば頭がよく
クイズ番組などにもよく出演しているイメージ
ですね。

しかし、周りの人からはすぐ天狗になるや
威張っているといった批判も多くあるようです。

 

視聴者からも鼻に付くといった意見が多数
見られます。

 

オリラジの中田敦彦さんの事務所の大先輩でも
あるダウンタウンの松本人志さんとの関係が
大きく報道され話題になっています。

 

そもそも話の発端となったのは脳科学者である
「茂木健一郎」さんの「日本のお笑いは終わっている」
といった発言からでした。

 

それから数度にわたり茂木健一郎さんは
ツイッターで芸人を批判していました。

 

その発言に大御所たちのお笑い芸人は
異論を唱えることになったのですが・・・・

 

松本人志さんもその一人で松本さんが司会を
するワイドナショーに茂木さんは出演して
結局は騒動を謝罪するということで一件落着
ということになったんです。

 

その騒動に対してオリラジの中田さんは
茂木さんを擁護し松本さんを批判する書き込みを
したのです。

 

「大御所の番組に出演して大御所におもしろくない
と言われて公開処刑をされていました。大御所に
センスがないとか価値を決められてしょげかえって
いる様子こそが茂木さんの意見通りだったのに」

 

そこで・・・吉本幹部が松本人志さんに
謝れと大騒ぎになったようなんです。

 

吉本幹部や周りの芸人は自分の正論を通すのが
お前の芸風だけどこれはやりすぎと言っている
ようなんです。

 

しかし、そんな周りの意見に耳を傾ける
ことはなく松本さんから何度も直接電話があるが
俺は出ないとまで話しているようです。

 

しかし・・・・ここでヤラセ説が浮上している
ようなんです。

 

そもそも松本人志さんはどうでもええわぁ〜と
全く関心もないぐらいの状態で社長に至っては
そんなのおもしろくていいんじゃない?というぐらい
の人だそうです。

 

吉本の一部の人が言っていたことを大きく膨らまして
大騒ぎになっているとわざとオリラジの中田さんが
炎上をさせているのではないか?と疑われています。

 

もともと策略家として芸人仲間にしられる
オリラジの中田さんはキャラクターづくりの
布石ではないかというんです。

 

去年に「PERFECT HUMAN」がフレークして
次の展開をどう持っていくかと考えていたところ
のようですね。

 

そもそも・・・過去にデビュー当初一気に人気
者になったときに天狗になっていたと反省をして
います。

 

現在再ブレイクをして過去の天狗になっての
結末を忘れて無自覚に松本人志さんを批判する
というのは考えにくということのようですね。

 

オリラジの中田さん自身が幹部がこう言っている
と火に油を注いでいる状態なので・・・・

 

現在はみんなが騒いでくれたとほくそ笑んでいる
のかもしれません。


スポンサードリンク

お読み頂きありがとうございます

記事が役に立ったや面白かったなど 情報をシェアや拡散して頂けると嬉しいです♪ 日々記事更新のカテになります

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ