スポンサードリンク

千原せいじの刺青は本物?息子や嫁画像って?ボクサーって!

千原せいじの刺青は本物?

息子や嫁画像って?

ボクサーって!

seiji_001

千原せいじの刺青は本物?

千原せいじさんは千原兄弟の兄として芸人を

していますね。

 

実の弟の千原ジュニアさんとの漫才は最近は
ほとんど見ることはできませんが
番組などでちょこちょこ絡んではいますね。

 

そんな千原せいじさんを検索すると・・・・
「刺青」というキーワードが目に付きます。

 

刺青をいれてるのでしょうか?

 

実は千原せいじさんの刺青をいれた画像が
出回ったことで本物なのか?と騒がれたようです。

 

こちらから画像を見ることができます。

 

スポンサードリンク

 

しかし!!!

 

この刺青は偽物ですw
ドラマ「塀の中の中学校」で役としてペイントを
ほどこしたということです。

 

「塀の中の中学校」とはどんなドラマ?

長野県松本市にある「松本少年刑務所」の中に
実在する刑務所の中にある公立中学校である
「松本私立旭町中学校桐分校」を舞台にした
先生と生徒の交流を描いたものです。

 

なんとこのドラマでは史上初!刑務所ないでの
ロケ撮影が行われたんです。

 

刑務所というドラマなためにエキストラやキャスト
もすべて男性だったというのがすごいですよね。

千原せいじの息子や嫁の画像って?

千原せいじさんは結婚をしています。

 

嫁とは2002年6月に結婚をしています
嫁は一般女性ということで顔などの公表は
していないということで残念ですね。

 

せいじさんは嫁や子供の話も番組などで話す
ことが多いようですが・・・・

 

実は昔に大阪で千原せいじさんが人気だったころ
学園祭にひっぱりだこだったそうです。

 

その時、セッティング会社が小さい車で迎えに
きたことに腹を立てて暴言を吐いたそうです。

 

このときに迎えに来ていたのが実はのちの
嫁の兄だったそうですw

 

嫁のお兄さんはその件があったのでせいじさんに
対して良い感情がないようで結婚式にも出席
しなかったとか・・・・

 

千原せいじさんのキャラを見ていると人が悪くて
暴言を吐いたというよりもノリで言って
しまったという感じは否めませんが・・・

 

それでもそんなことを言ってはダメですよね。

 

千原せいじさんの息子は?

せいじさんの息子さんは2015年で12歳になるそうです。

 

こちらから千原せいじさんの息子の画像をみることが
できます。

 

お父さんに似てかなりしゃべりが上手なようです。
父親である千原せいじさんの弟である
千原ジュニアさんは自身がまだ結婚していない
こともあり、せいじさんの息子さんが可愛くて
可愛くてしょうがないようですが最近では年齢が
微妙に思春期に入ってきているので少し距離を
置かれるようになってきているようですね。

 

千原ジュニアさんの自宅にせいじさんの息子さんが
遊びにきているときに芸人仲間も遊びに
きていたようですが、後輩芸人ばっかり
だったようで、ジュニアさんのことを褒め称えて
いたようですね。

 

すると・・・・せいじさんの息子さんが
自分の父親がいかにすごいかを語りだしたそうです。

 

それだけ息子に愛されている千原せいじさんは
幸せものですね。

 

しゃべりがたっしゃなことから将来は芸人に
なるのかとまで言われている息子さんに
期待したいですね。

千原せいじがボクサー?

千原せいじさんといえば誰にでも話しかけ
誰とでも友達になるということでも有名です。

 

一方弟であるジュニアさんは極度の人見知りと
いうことで親は一緒で同じように育てても
本人の資質が違うとこんなにも性格というのは
違ってくるのですね。

 

千原せいじさんは相手が誰であろうが物怖じ
しないんですが、かの有名な大スターのボクサー
パッキャオに突撃取材をして会ったりしているん
ですよね。

 

普通の社会で生きていくには常識というものを
求められますが、芸能界という世界では
人と違った才能があってのことですね。

 

千原せいじさんと千原ジュニアさんは
お互いに自宅を行き来するような間柄
ではないようですが、かなりお互いのことを
思い合っているようですね。

 

番組に2人で出演しているときなどに
ジュニアさんがみんなに責め立てられていたら
せいじさんが「もうやめたってくれ」って止めに
入ったりして弟を守るという兄の気持ちが
伝わってきました。


スポンサードリンク

お読み頂きありがとうございます

記事が役に立ったや面白かったなど 情報をシェアや拡散して頂けると嬉しいです♪ 日々記事更新のカテになります

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ