スポンサードリンク

ドランクドラゴン鈴木拓の減量した方法とは?結婚した嫁や子供って?

ドランクドラゴン鈴木拓の減量した方法とは?

結婚した嫁や子供って?

syuzuki2_001

 

ドランクドラゴン鈴木拓の減量した方法とは?

ドランクドラゴンの鈴木拓さんは

最近減量に挑戦しています!

 

減量をすることになった理由は

鳥人間コンテストに出場するから

ということですね。

 

鳥人間コンテストとは

飛行機のような手作りの物に

人間が乗ってどれだけ遠くまで

飛べるかというものを競う競技になっています。

 

ということは・・・

 

体重が重いとそれだけ不利に

なるということなんですね!

 

そのために67kgあった体重を

53kgまで減量しなければ

ならないということなんです。

 

ま・・・・しかし自分だけで

それだけの減量やダイエットはほぼ

不可能に近いですよね・・・

 

そこで利用したのが

現在話題になっているRIZAPです

RIZAPは個人個人にインストラクターが

つきっきりで筋肉トレーニングや

食事管理を徹底する減量やダイエットを

本気で考えている人には人気の

ところです。

 

しかし!!価格がなにせ高いので

相当な覚悟がないと踏み切れない

感じではないでしょうか・・・

価格はだいたい30万円ぐらい

痩せなかったら全額返却だそうですが

気合いの入った指導をされるのでしょうね

 

その甲斐あって鈴木拓さんは

見事減量に成功をして鳥人間として

飛ぶことができました。

 

鈴木さんいわく・・・

まるで本当に身体が軽くなって鳥に

なって飛んでいるようだったと

言っていたようですよ。

 

減量やダイエットはその場かぎりで

終わったら結局元の体重に

もどってしまいますね。

 

素晴らしいプログラムでの減量を

成功させたとしてもその後の

自分の努力がないとダメなのかも

しれません。

 

ある種ダイエットとは一生の

戦いなのかもしれませんね。

 

スポンサードリンク

ドランクドラゴン鈴木拓の結婚した嫁や子供って?

ドランクドラゴンの鈴木拓さんは

すでに結婚をしていて嫁も子供もいるんです。

 

実は2002年に鈴木さんは「はねるのトびら」

で当時お付き合いをしていた彼女に

強制的にプロポーズをさせられたんです。

 

その後2003年に挙式をして

2004年には長男が生まれているんです。

 

と・・・考えるとすでに子供さんは

2014年では10歳になっているんですね。

 

嫁については鈴木さんは恐妻家と

語っているようですね。

 

芸人さんはほとんどが恐妻家と

語りながら浮気をする人が多いので

どこまでが本当の話かわかりませんが・・・

 

以前ドランクドラゴンの相方の

塚地さんに鈴木さんが愛車を貸したところ

社内でタバコを吸われたようです。

 

その後帰ってきた車に乗って嫁を

乗せたところ・・・

車の臭いについて臭い!と問いつめ

られたようですが・・・・

 

鈴木さんがつかっちゃんに

貸したら・・・と暴露したところ

嫁がじゃあしょうがないと怒らな

かったそうです。

 

なんでも当時は塚地さんが稼いでいる

お金も折半で貰っていたので

嫁は塚地さんに車を買ってもらった

ようなものだからと語っていたようです。

 

子供にも鈴木さんはあまりにも

家にいることが多かったために

お父さんはどっかいかなくていいの?

と質問されたこともあるようです。

 

しかし、最近では炎上キャラで

売れてきた感じがありますよね。

 

一時期は塚地さんよりも鈴木さんの

方をバラエティ番組で見かけることも

多くなったぐらいに思います。

 

芸能界は何かのキャラを確立する

ことって大事なんですね。

 

鈴木拓さんの両親は居酒屋を経営

していたんですがなかなか

上手な経営方法ではなかったようで

かなりの借金を抱えてしまったようです。

 

そこで、鈴木さんが両親の借金を

返そうとしたところ嫁から

かなり怒られたようです。

 

両親としては芸能界で稼いでいる

息子にどうにかしてもらおうと

思ったのでしょうが・・・

 

嫁としては自分たちのザル経営で

そのような事態におちいったのでは?

と納得がいかなかったのかもしれませんね

 

現在は嫁と母親の確執が

すごいようですよ。

 

一般家庭だけに限らず芸能人も

嫁姑問題はかなり深刻なものなんでしょうね。

 


スポンサードリンク

お読み頂きありがとうございます

記事が役に立ったや面白かったなど 情報をシェアや拡散して頂けると嬉しいです♪ 日々記事更新のカテになります

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ