スポンサードリンク

沢田研二の息子が障害者という衝撃の真実とは?丸刈り頭の画像が!

沢田研二の息子が障害者という衝撃の真実とは?丸刈り頭の画像が!

沢田研二の学生時代や過去の黄金期とは?

沢田研二さんは歌手・俳優・作詞・作曲家
として活躍をしている方ですね。

 

1948年6月25日生まれなので、2017年には
69歳になります。

 

鳥取県鳥取市で生まれ、京都府京都市で育って
います。

 

1964年4月京都府立鴨沂高等学校入学後に
中退しています。
少年時代はプロ野球選手に憧れ中学時代には
野球部のキャプテンを務めていました。

 

京都市大会で4位となって京都府大会に
進出したんですが、ここで負けた時に
野球選手の夢は諦めたそうです。

 

高校では空手部に所属していました。

京都のダンス喫茶「田園」でドアボーイの
アルバイトをしていたときにサンダースに声を
かけられて、17歳のときにローディ兼ボーカリスト
になりました。

 

その後、正式にリード・ボーカルとして誘われて
サリーとプレイボーイズに正式加入。

 

その後、メンバー全員が渡辺プロと契約、
テレビ番組出演直前に「ザ・タイガース」と
名付けられました。

 

1967年2月5日にシングル「僕のマリー」で
デビューをしてセカンドシングル
「シーサイド・バウンド」で人気が爆発をして
その後の「モナリザの微笑」「君だけに愛を」で

一気にグループ・サウンズの頂点へと躍り出ました。

 

なかでも沢田研二さんは中性的な容姿で
貴公子的存在として10代の少女を中心に
熱狂的な人気を博しました。

 

1971年1月24日に日本武道館で行われた
「ザ・タイガース ビューティフル・コンサート」
で解散をしました。

 

1971年11月1日にシングル「君をのせて」で
ソロデビューをしています。
しかし売り上げはふりませんでした。

 

1972年3月11日発売の「許されない愛」が
オリコン最高位4位を記録してソロとして初の
オリコントップ10入りを果たしました。

 

1973年4月21日発売の「危険なふたり」が65万枚
を売り上げてソロ初のオリコン1位を獲得しています。

その後も続々とヒット曲を連発していくことに
なりました。

1985年1月から半年間の休養を経て、デビュー以来
所属してきた渡辺プロダクションから独立をしました。

 

渡辺プロダクション傘下の株式会社「ココロ」
を設立したのと同時にレコード会社も
ポリドールから東芝EMIに移籍をしています。

沢田研二の息子が障害者という衝撃の真実とは?

 

スポンサードリンク

 

沢田研二さんは1975年6月4日に7年間の
交際を経て「ザ・ピーナッツ」の「伊藤エミ
さんと結婚をしています。

 

しかし
1987年1月に伊藤エミさんに慰謝料18億1800万円
を支払って離婚をしています。

 

1986年8月から嫁の伊藤エミさんと別居をしていた
沢田研二さんは1982年の映画
「男はつらいよ花も嵐も寅次郎」で共演をした
女優の「田中裕子」さんと不倫をしていたんです。

 

その後、1989年11月に田中裕子さんと再婚を
することになりました。

 

沢田研二さんには元嫁伊藤エミさんとの間に
息子さんがひとりいるようです。

 

一人(かずと)さんというようで、1979年に
生まれているようですね。

 

ネットで検索をすると沢田研二さんの息子が
障害者なのでは?といった単語が見られますが
芸能人の子供さんが障害者では?とはよく
噂されることなんです。

 

特に子供さんが芸能界に属さずに一般で
働いているとよくこのようなことがいわれますが
事実ではないことがほとんどです。

 

沢田研二さんの息子さんは現在は音楽関係の
仕事をしているのではという噂もあるようですが
これまた全くの確証がないものですね。

 

母親である伊藤エミさんは2012年にがんのため
亡くなられています。

 

歌手として活動をしている「沢田正人」さん
という方がいるんですが・・・・

 

沢田という苗字と年齢を公開していない
ということからもしかしたら沢田研二さんの
息子さんなのでは?という噂もあるようなんですが
出身地が滋賀県で家族構成が父・母・弟と
あるので息子さんである可能性は限りなく低い
ようですね。

沢田研二の丸刈り頭の画像と自虐語りが!

沢田研二さんが2017年7月16日に東京渋谷の
NHKホールでデビュー50周年の記念ライブツアー
をスタートさせています。

 

そのときに丸刈りの状態のヘアスタイルで
登場したために驚きの声があがっています。

 

冒頭で若かりし日のスマートでロングヘアの
映像が流れると沢田研二さんは
「あれは俺じゃないからね。親戚のこだからね」
と自虐的な語りをみせたそうです。

 

人は誰しも年齢を重ねていきますし
それにあらがうことなく自然に年を重ねていく
沢田研二さんが逆にかっこよく眩しく見える
ように思います。

いつまでも美しい若さを保つことが最善では
ないということを注目を浴びる人が率先して
やってくれるということは希望の光のような
気がしてなりません。


スポンサードリンク

お読み頂きありがとうございます

記事が役に立ったや面白かったなど 情報をシェアや拡散して頂けると嬉しいです♪ 日々記事更新のカテになります

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ