スポンサードリンク

久保田利伸の結婚相手の嫁とは?子供の存在は?名曲からみる歌唱力とは

久保田利伸の結婚相手の嫁とは?子供の存在は?

名曲からみる歌唱力とは

tosi_001

久保田利伸の結婚相手の嫁とは?

久保田利伸さんは日本のミュージックシーンを

語る上では欠かせない人物といっても
過言ではないほどの影響力のあるミュージシャン
なのではないでしょうか。

 

そんな久保田利伸さんのプライベートは
謎に包まれているので気になる人も多いようです。

 

久保田利伸さんは1962年7月24日生まれです
2015年で53歳になるんですね!

 

なんともファンキーな50代ですね。

 

久保田利伸は結婚してるのか?嫁や子供は
いるのか?など調べてみました。

 

2004年に久保田さんは結婚をしています。

 

結婚相手の嫁は芸能人ではなく外国人でも
なく日本人の一般人の女性だそうです。

 

久保田さんよりも11歳年下で結婚する前には
ノルウェーの外資系の会社で働いていたそうです。

 

なんでも嫁がニューヨークで勤務しているときに
出会ったそうですよ。

 

ニューヨーク勤務の外資系の会社で働ける
女性ということはかなり優秀なことが
わかりますよね。

 

2人は6年の交際の末に結婚をしたそうです。

 

結婚後すぐに2004年の12月には子供さんが
生まれています。

 

2004年に子供さんは男の子だそうですよ。

 

2015年で11歳になるので音楽にも興味を
持ってきている頃かもしれませんね。

 

久保田さんは1993年からニューヨークに移り
住んでいます。
何かを変えるためにニューヨークにいったのでは
なく夢をかなえるためだったそうです。

 

やはりそこはブラックミュージシャンの本場で
同じ土俵で戦うというのが強い気持ちとして
あったようですね。

 

現在も家族でニューヨークに住んでいるので
もちろん息子さんも英語がペラペラでしょうね。

 

将来的には日本に住みたいというのか
アメリカにそのまま住むのかどっちなんでしょうね。

 

スポンサードリンク

久保田利伸の名曲からみる歌唱力とは?

久保田利伸さんは駒澤大学経済学部を
卒業しています。

 

大学在学中に軽音楽部ロック研究会に属して
そこでアマチュアバンド「HOTTENTOTS」を
結成しました。

 

その後、1982年にヤマハ主催のコンテストである
「EAST WEST 82」に出演をして
ベスト・ボーカリスト賞を受賞するんですね。

 

大学卒業ごの1985年に音楽業界に入ったんです。

 

数々のアイドルや鈴木雅之さんなどの歌手に
楽曲を提供していました。

 

久保田利伸さんをガチで知っている世代の
人は久保田さんの出す曲出す曲がすべて
名曲だと思えるぐらい新鮮な曲調に感じました。

 

中でのどの世代でも知っている曲といえば
「LA・LA・LA LOVE SONG」ではないでしょうか。

 

1996年にリリースされロングバケーションという
爆発的にヒットしたドラマの主題歌でした。

 

現在でもこの曲を聴くだけで胸がきゅんとなる
方も多いかもしれませんね。

 

久保田さんは高校時代には
スティーヴィー・ワンダーを毎日聞いていたそうです。

 

さらにはマイケル・ジャクソンに対しても
かなりの思入れがあり自身の存在もマイケル
あってのものだと発言しているようですね。

 

そう考えるとマイケル・ジャクソンは多くの
素晴らしいミュージシャンを生み出したと
いってもいいのかもしれませんね。

 

日本ではかなりの評価を得ている久保田さん
ですが、アメリカでの評価が気になるところです。

 

実は久保田利伸さんはアメリカの老舗の
音楽番組「Soul Train」に出演をしているんです。

 

出演するきっかけが、かつて番組の司会者で
あったプロデューサーのドン・コーネリアスさんが
久保田さんの声を聴いて実力を評価したため
だったそうです。

 

アメリカの30年以上もつづくテレビ番組に
歌声を評価されて出演するとはやはり本物の
実力だったということですね。


スポンサードリンク

お読み頂きありがとうございます

記事が役に立ったや面白かったなど 情報をシェアや拡散して頂けると嬉しいです♪ 日々記事更新のカテになります

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ