スポンサードリンク

稲葉篤紀のあざが消えた理由とは驚愕の?原因はそもそも何?

稲葉篤紀のあざが消えた理由とは驚愕の?原因はそもそも何?

稲葉篤紀の野球選手として引退後の活躍が?

稲葉篤紀さんは元プロ野球選手で現在は
コーチや代表チーム監督・野球解説者
などで活躍をしています。

 

1972年8月3日生まれです。
愛知県北名古屋市出身です。

 

少年の頃から野球に親しみ
「中京大中京高校」を卒業しています。
その後
「法政大学経営学部」に進学をし
野球部に入り1年性のころから試合に
出場をして活躍をしていました。

 

1993年には日米大学野球の代表にも
選ばれています。

 

1994年のプロ野球ドラフト会議で
ヤクルトスワローズに3位指名されて
入団をしています。

 

ヤクルトで活躍をしたのちに
2005年に北海道日本ハムファイターズへ
移籍をしています。

 

怪我などに悩まされながらも活躍をし
チームに貢献をしながら
2013年からは選手と兼任で一軍の打撃コーチ
としても活躍をしました。

 

第3回WBC日本代表選手28人に選出され
ましたが40代の選手が日本代表に選ばれる
のは史上初のことでした。

 

2014年9月2日に今季限りでの現役引退
を表明しました。

2015年の現役引退後にはテレビ朝日・
北海道テレビの野球解説者に就任をし
「報道ステーション」のスポーツコーナー
ではプロ野球解説者の担当をしています。

 

その傍らで北海道日本ハムファイターズ
のスポーツ・コミュニティ・オフィサー
に就任をしました。

 

さらに2015年7月16日に第1回WBSCプレミア
12の日本代表打撃コーチを務めることが
発表されました。

2017年には第4回WBCの日本代表コーチを
務めました。さらには4年後のWBCまでの
契約で日本代表監督に就任しました。

稲葉篤紀のあざが消えた理由とは驚愕の?原因はそもそも何?

スポンサードリンク

 

稲葉篤紀さんといえば顔の右側に
みられるあざがトレードマークのように
なっています。

このあざは稲葉篤紀さん曰く原因が
わからないと語っているようですが・・・

 

このあざは「太田母斑」(おおたぼはん)
といわれるもののようです。

 

太田母斑は大抵目のあたりやほっぺたに
できる青いあざです。

 

赤ちゃんの場合は白目の部分や鼻の中
、口の中にできる可能性もあるようですね。

 

この太田母斑といわれるあざは生まれ持った
ものではなくて成長過程でできるものの
ようです。

 

勝手になくなることはないようです。

あざを消すためには治療が必要といわれて
います。

 

治療法としてはレーザー治療で
青いシミの原因となっているメラニンを
除去する方法だそうです。

 

この太田母斑のあざが発生するタイミング
は生誕後1年以内に出現する傾向が強い
ようですが人によっては20代から40代で
症状が現れることもあるそうですが
確率はかなり低いようですね。

 

赤ちゃんのときよりも思春期に青褐色
へと変色をして目立つことが多いようなので
早めの診察や治療がすすめられているようです。

 

この太田母斑が起こる原因は明らかに
なっていないようですが遺伝的要素で
発生するのではなく先天的な理由があると
考えられているようです。

 

治療ができるにもかかわらず稲葉篤紀さん
は長い間あざを消すことはありませんでした。
その理由として本人はこう語っています。
「顔にコンプレックスがある方々に
堂々としてほしい」と・・・

 

しかし、現在の稲葉篤紀さんの顔をみると
顔のあざが消えた!なくなった!と思う
人も少なくないようです。

 

もしかして稲葉篤紀さんは最近になって
レーザー治療をしてあざを消したのか?
という疑問がわきますが・・・・・

 

どうやら治療はしていないようです。

ではなぜあざが消えたように見えるのか?

 

それは・・・・

メイクをして消しているようですね。

テレビ出演などでメディアに多く露出
することが多くなった稲葉篤紀さんですが
そのときにメイクをしているために
かなり消えてなくなったように見えるようです。

 

ということは・・・・

太田母斑で悩んでいてレーザーでもあまり
効果がなくてという方々はメイクでここまで
薄く目立たなくできるということがわかります。

 

現在は多くのあざが目立たないという
ファンデーションなどが出ているので
活用をするとコンプレックスも解消されるの
ではないでしょうか。

 

巷で有名なのは「マーシュフィールド」という
ファンデーションですね。
このファンデーションは大きなあざや傷
などで悩んでいる人もために開発されたもので
かなり消えると有名です。


スポンサードリンク

お読み頂きありがとうございます

記事が役に立ったや面白かったなど 情報をシェアや拡散して頂けると嬉しいです♪ 日々記事更新のカテになります

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ