スポンサードリンク

川崎宗則の日本復帰の時期や嫁の画像や子供との関係とは?

川崎宗則の日本復帰の時期や嫁の画像や子供との関係とは?

munenori_001

川崎宗則の学生時代や実家とプロ野球?

川崎宗則さんはプロ野球選手として活躍を
しているかたですね。

 

1981年6月3日生まれなので、2017年には
36歳になります。

鹿児島県姶良市出身で実家は父が開業をした
電気工務店「川崎電気工事」です。

 

お兄さんの影響で野球を始めたそうです。

小学生から高校生までは一貫して遊撃手
でした。元々右打ちだったんですが中学時代に
イチローの影響で左打ちに変えています。

 

「重富中学校」
「鹿児島県立鹿児島工業高等学校」を卒業

 

川崎宗則さんが在籍していた高校は甲子園
出場がない学校で全国的にも無名でした。

 

しかし、50m5秒8という俊足で左打ち
ということから薩摩のイチロー
「サツロー」と呼ばれていました。

 

1999年ドラフト会議において福岡ダイエー
ホークスから4位指名を受けて入団をしています。

 

2002年に第15回IBAFインターコンチネンタル
カップ日本代表に選出されています。

 

その後・・・福岡ダイエーから
福岡ソフトバンクに変わり活躍を続けていましたが
2012年1月5日に「シアトル・マリナーズ」と
マイナー契約を結んだことを明らかにしました。

 

憧れのイチローが活躍をしているメジャーリーグ
で川崎宗則さんも活躍をすることが夢だった
ようで、マイナー契約でもアメリカに渡るという
強い思いがあったようです。

 

2013年
3月13日には「トロント・ブルージェイズ」と
マイナー契約で合意したことが報じられました。
その後、10月31日には自由契約となり
さらに12月24日にマイナー契約で再契約を
しています。

 

2015年1月16日にはブルージェイズと
マイナー契約で再契約したことが発表されています。

シーズン終了後の1月2日にFAとなっています。

2016年1月21日に「シカゴ・カブス」とマイナー
契約で合意したことが報じられました。

 

その後、3月29日に自由契約となりましたが
当日中に新たにマイナー契約を結びなおしています。

 

4月3日にはメジャー契約となっていましたが
その後降格をし・・・
9月6日に今季3度目のメジャーへ昇格しています。

川崎宗則の日本復帰の時期とは?

 

スポンサードリンク

 

川崎宗則さんは2012年からアメリカで
活躍をしていますが・・・・

日本復帰はないのか?気になる人も
多いようですね。

 

年齢的に考えてもそろそろ日本復帰をしな
ければ、アメリカで引退なんてことにもなり
かねません。

 

川崎宗則さんは一体日本復帰について
どう考えているのでしょうか?

 

2016年の1月に日本に帰ってきて福岡の
中華料理店「八仙閣」で福岡博多ライのンズ
クラブの回例会ん出席したようです。

 

その回では川崎宗則さんは様々な経験を
語ったようですね。

2011年活躍当時には年収が2億6000万円
あったにもかかわらず、それを捨てて
報酬が6000万円とぐんとさがるアメリカに
渡る決断をしています。

 

年俸は下がったものの得たものは大きかった
ようですね。

そして・・・・私たちが気になる日本復帰については
2016年の秋には必ず日本の野球界に復帰すると
語っていたようです。

 

2016年の野球シーズンは終わりましたので
2017年の日本野球界への川崎宗則さんの
復帰を楽しみにしたいですね。

川崎宗則の嫁の画像や子供の関係とは?

川崎宗則さんは日本で活躍をしているときも
アメリカで活躍をしているときにもムードメーカー
でとても多くの人々に人気のある選手です。

 

性格が限りなく明るくどこの国行っても
好かれるというのはすごい才能ではないでしょうか。

 

川崎宗則さんは日本にいるときから女性人気
が高くアイドルのような存在でした。

 

性格だけではなく顔もイケメンということも
あったのでしょうね。

そんな川崎宗則さんは2011年に結婚をしています。

 

嫁は過去にグラビアアイドルをしていた
ことがある「原田麻衣」さんという方だそうです。

 

こちらから川崎宗則さんの嫁の画像を
見ることができます。

 

嫁のことをとても家庭的で優しい性格です
と語っていたようですね。

2013年8月16日には長男が生まれて
います。


スポンサードリンク

お読み頂きありがとうございます

記事が役に立ったや面白かったなど 情報をシェアや拡散して頂けると嬉しいです♪ 日々記事更新のカテになります

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ