スポンサードリンク

ケンブリッジ飛鳥の父親は離婚して現在の仕事は?母親の画像で?

ケンブリッジ飛鳥の父親は離婚して現在の仕事は?母親の画像で?

kenn_001

ケンブリッジ飛鳥の幼少時代や過去や憧れの?

ケンブリッジ飛鳥さんは男子陸上競技選手で
活躍をしている方です。

 

1993年5月31日生まれなので、2016年に23歳
になります。

 

出身地はジャマイカでジャマイカで生まれて2歳まで
を過ごしています。

 

その後は、日本に帰国をして大阪に移住をしています。

小学校の頃にはサッカーをやっていたそうです。
所属チームは「AVANTI KANSAI」で和製アンリと
呼ばれていました。

 

「江東区立深川第三中学校」
「東京高等学校」
「日本大学文理学部」を卒業しています。

 

現在は株式会社「ドーム」に所属をしています。

株式会社ドームとは?
スポーツ関連事業を展開する日本の輸入製造
販売会社です。
1998年にアメリカのスポーツアパレル
「アンダーアーマー」と契約を締結して日本総代理店
となっています。

 

大阪市立淀川中学に進学をして陸上部の顧問の
先生に勧められたことをきっかけに陸上を始めて
3年生のときに東京の「江東区立深川第三中学校」
に転校をしたそうです。

 

関東中学校陸上競技大会と全日本中学校選手権に
初出場を果たしています。

 

高校2年生のときには100mで10秒台に突入
しています。

2016年5月21日に行われた東日本実業団陸上
競技選手権男子100m予選で自己ベストの
10秒10を記録してリオデジャネイロオリンピック
参加標準記録を突破しています。

 

ケンブリッジ飛鳥さんの尊敬する憧れの選手は
「ウサイン・ボルト」さんなので2016年に行われた
リオデジャネイロオリンピックでの400m銀メダル
を獲得したときには喜びでいっぱいだったことでしょう。

 

私たち日本人も感動と喜びをもらいました。
ありがとうございます。

ケンブリッジ飛鳥の父親と母親は離婚しているの?

 

スポンサードリンク

 

ケンブリッジ飛鳥さんは父親が「ジャマイカ人」
母親が「日本人」というハーフです。

さすが!ジャマイカの血が入っているというだけ
あって陸上にたけた体に育ったわけですね。

 

ケンブリッジ飛鳥さんのお母さんはマーケティンブの
仕事をしていてジャマイカに滞在しているときに
父親と出会って恋におちて結婚ということに
なったそうですね。

 

ケンブリッジ飛鳥さんはジャマイカで生まれて
さらに妹の「サシャ」さんもジャマイカで生まれて
います。

妹さんの画像はこちらから見ることができます。

 

2歳で日本にきたようですが・・・・

 

ジャマイカ人の父親と日本人の母親が離婚したのか?
していないのか?話題になっているようです。

 

どうやら離婚をしているのかしていないのかは
はっきりしないようなんです。

 

情報が錯綜していて母親が女手一つで育てた
という記事もあれば、家族4人で日本にきたという
話もあるようですね。

 

リオデジャネイロオリンピックの様子は父親も
見ていたでしょうから大変喜んだのではないでしょうか。

 

もしかすると母国の金メダルよりも息子の銀メダル
のほうが嬉しかったかもしれないですね。

 

2歳までしかジャマイカにいなかったということで
ジャマイカのことは全く覚えていないようですが・・

 

2014年2月にトレーニングのために単身でジャマイカ
に渡ったそうです。まさに16年ぶりにジャマイカの地を
踏んだということになりますね。

 

トレーニングは母親の紹介で「ウサイン・ボルト」
選手が所属するクラブで1週間ほど練習をしたそうです。

 

残念ながらそのときにウサインボルトさんはいなかった
そうですが「ヨハン・ブレーク」選手と練習をしています。

ケンブリッジ飛鳥の父親や母親の仕事や現在は?

ケンブリッジ飛鳥さんの母親はマーケティングの
仕事をしていてジャマイカにいっていたという過去が
あります。

 

どうやらかなりのやり手の仕事人間のようですね。

雰囲気としては歌手の「綾戸智絵」さんに似ていて
猛烈大阪のおかあさん!といった感じのようです。

 

ケンブリッジ飛鳥さんが中学校3年生のときに
お母さんの仕事の都合で東京に転校をしているところ
からもやり手ということが伺えますね。

 

父親の仕事が何か?という話はまったくでてきていない
ようなのでやはり離婚をしているということが
信ぴょう性が高いのかな?と思ってしまいますが・・・


スポンサードリンク

お読み頂きありがとうございます

記事が役に立ったや面白かったなど 情報をシェアや拡散して頂けると嬉しいです♪ 日々記事更新のカテになります

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ