スポンサードリンク

成田緑夢の障害の程度とは歩けるのか?彼女の存在が明らかに?

成田緑夢の障害の程度とは歩けるのか?彼女の存在が明らかに?

成田緑夢の学生時代のオリンピックや競技とは?

成田緑夢さんはフリースタイルスキー、
スノーボード、トランポリン、陸上選手
として活躍をしている方です。

 

1994年2月1日生まれです。

大阪市住之江区出身で
1998年の長野オリンピックではスノーボード
のデモンストレーターを務めて
小学校時代から国際大会に出場していました。

 

2010年の時点でバンクーバーオリンピック
金メダリストのショーン・ホワイトが
見せた新技「ダブルマックツイスト1260。」
を一発で決める技術を持っていました。

 

平行してトランポリン競技もこなして
上宮高等学校2年生のときに2010年8月
全国高校選手権の男子個人で歴代最高得点
16,3点で最高難度賞を受賞しています。

 

2012年11月からフリースタイルスキー・
ハーフパイプに取り組み始めて
2013年1月、2月のFISWワールドカップに
3回出場した後、2013年フリースタイルスキー
世界選手権の日本代表に選出されて出場を
果たしています。

成田緑夢の障害の程度とは歩けるのか?

 

スポンサードリンク

 

成田緑夢さんは2013年4月にトランポリンの
練習中の事故によって左足の腓骨神経麻痺の
重症を負いました。

トランポリンの練習中に足が滑ってしまった
ことがきっかけでした。
練習のためにつけていた足首の20kgの
おもりで思うように体勢を立て直せないまま
落下をしてしまったんです。

 

その結果「左肩」が「左ひざ」に強く当たって
しまいました。
バキッという大きな音と一緒に膝が逆方向へ
曲がってしまいました。

 

医師からは
「歩けるようになるには20%の可能性」
「切断の可能性のある」と告げられました。

 

しかし、父親が脚を切断しないでほしい
と懇願したこともありなんとか切断には
いたりませんでしたが

 

手術が4回と半年も入院生活を送るという
壮絶なものでした。

 

成田緑夢さんの障害の左ひざからしたの
感覚を失う障害等級6となりました。
障害を克服してハーフパイク競技に復帰を
果たし、さらに2020年開催の東京
パラリンピックに出場をするために
走高跳びなどの障害者スポーツにも取り組む
ようになりました。

2017年12月にはサニーサイドアップと
アライアンス契約を結び、さらに競技に
集中できる環境を整えました。

 

障害を抱えてもくじけることはなく
すべての障害を持つ人たちの光に
なりたいと現在も精進する成田緑夢
さんの姿は素晴らしいですね。

成田緑夢の彼女の存在が明らかに?

成田緑夢さんの兄は成田童夢さんで
姉は今井メロさんと兄と姉がオリンピック
出場経験のある家系です。

 

成田緑夢さんはイケメンということもあり
かなり女性人気も高いようですね。

 

そのために彼女がいるのか?
気になる人も多いようです。

 

現在、彼女がいるのかは情報はない
ようですが・・・・

 

女性がほっとかないさわやかさと
イケメンさと努力の人ということで
いてもおかしくはありませんね。


スポンサードリンク

お読み頂きありがとうございます

記事が役に立ったや面白かったなど 情報をシェアや拡散して頂けると嬉しいです♪ 日々記事更新のカテになります

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ