スポンサードリンク

火の粉のネタバレやあらすじで驚愕の最終回とは!原作からみる

火の粉のネタバレやあらすじで驚愕の最終回とは!

原作からみる

hinoko_001

火の粉の2016年と2005年のドラマの違いとは?

火の粉は2016年4月からフジテレビ系列で
始まるドラマですが・・・・

 

2005年に一度テレビドラマ化されているもの
なんですね。
2005年放送当時には2016年でユースケサンタマリア
さんが演じる「武内真伍」役を「村田雄浩」さんが
演じていました。

 

当時は「土曜ワイド劇場」として放送
されたものです。

 

2016年の火の粉は「オトナの土ドラ」として
9回の連続テレビドラマになります。

 

ユースケサンタマリアさんは9年ぶりになる
連ドラ主演ということで楽しみにしている方も
多いようです。

火の粉の原作とは?

 

スポンサードリンク

 

火の粉は原作があります。

 

火の粉の原作は幻冬舎文庫から出版されている
「火の粉」「雫井脩介」さんになります。
2003年2月10日に発行されたものです。

 

原作の小説は人気がありドラマ化をすでにされて
いるということもあり期待の作品ですね。

火の粉のネタバレやあらすじで驚愕の最終回!

火の粉のあらすじ

「元裁判官とその家族の住む梶尾家の隣に
かつて無罪判決を下した男が引っ越してきたこと
から物語がはじまります。
まさにそこからが恐怖のはじまりです。

 

無罪判決を下された男というのがユースケサンタマリア
さんが演じる武内真伍になります。

 

火の粉のネタバレが含むあらすじ

たぐいまれなる善意で多くの人々の心をつかむ
武内真伍ですがなぜか周辺では不可解な事件が
次々と起こるんです。

 

当時、武内真伍の裁判官で裁判長を務めたのが梶尾勲
でした。

 

この事件は子供を含む一家3人殺人事件
その事件の容疑者として隣に住む隣人の武内真伍が
つかまった過去があるのです。

 

武内真伍の無罪の主張はこういうのもでした
「被疑者宅に遊びに行っていて事件に巻き込まれて
自分も犯人に背中を強打されて怪我を負った」と・・・

 

しかし・・・検察側はバットで殴られたという背中の
傷は自作自演だと主張します。

 

しかし・・・自分でバットでしかも背中を強打
できるものなのか?・・・・

 

結局検察側はこのことが立証できずに梶尾勲は
無罪という判断を下しました。

 

この裁判を最後に梶尾勲は母の介護を理由に退官
をしています。

 

その後は、大学の法学部教授となってオープンキャンパス
の講座を受け持っています。

 

実はそこで武内真伍に偶然出会い・・・梶尾勲は
冤罪事件じついて武内に講演を依頼したんですが・・・

 

その数日後に偶然にもたまたま空いていた隣の家に
武内真伍が引っ越してきたんです。

 

それからの日々というもの穏やかに暮らしていた
梶尾家にトラブルが起こり始めます。

 

これは?武内真伍がやっているのか?それとも・・・
武内をおとしいれるために他のだれかのしわざなのか・・

 

しかし、ここで疑問がわきます・・・
武内真伍が仮に犯人だったとしても犯人じゃなかった
としても梶尾勲は恩人なはずです。

 

その恩人に対して仕返しのような嫌がらせを
することがおかしいと思ってしまいます。
ここから先はネタバレがあるので読みたくない方は
見ないでくださいね!
武内真伍は子供の頃から他人の好意を買うため
土を超えて相手に尽くすような性格でした。

 

しかし、その尽くしに対して応えてこれないと
逆恨みをして逆上する人間でした。

 

家族殺害事件の犯人は武内真伍だったのです。

 

プレゼントしたネクタイを相手が使ってくれなかった
ために殺害したというのが動機です。
背中の殴打された傷はネクタイを結びつけて
ふりまわしたもの・・・・

 

じつは幼少のころから自傷壁があったんです。
自分のミスが許せなかったり他人の同情を買うために
つけていたそうです。

 

梶尾家の隣に引っ越してきた理由としては自分を
救ってくれた梶尾勲い善意を捧げるため・・・

 

しかしその善意は一方的で過剰なものでした。
寝たきりの姑の介護で苦労して報われないのを見ると
邪魔な姑を事故に見せかけて殺害。

 

しかし梶尾家で雪見だけが警戒心を抱いていたことを
敏感に感じとった武内は画策して雪見が梶尾家に
いられないように仕組むんです。

 

梶尾勲は裁判官という職をしていたときには他人の
事件をさばいていました。
しかし急に風向きが変わり自分に「火の粉」が
ふりかかってきたので慌てふためきます。

 

数々の梶尾家に対する悪事もついにはすべてばれて
梶尾家を全員ころうそうと武内は考えます。

 

俊郎に重症をおわせさらに危害を加えます。
外には刑事がいますが・・・

 

勲は鍵をこっそりあけ、刑事が飛び込んできた
目の前で武内の頭に思いガラスの灰皿を叩きつけ
ました。

 

結局は最後に梶尾勲は自身が裁判にかけられる身
となるんです。

 

死ねと叫びながら刑事の制止を振り切って
10回殴ったために正当防衛と認められませんでした。

 

その後1年半ほどの実刑判決がくだされました。


スポンサードリンク

お読み頂きありがとうございます

記事が役に立ったや面白かったなど 情報をシェアや拡散して頂けると嬉しいです♪ 日々記事更新のカテになります

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ