スポンサードリンク

家族狩りの最終回ネタバレは?原作は小説で相関図は

家族狩りの

最終回ネタバレは?

原作は小説で相関図は

kazoku_001

 

家族狩りの最終回ネタバレは?

テレビドラマの「家族狩り」の原作は天童荒太さんの

長編小説です。

 

テレビドラマは脚本されますが、だいたいのあらすじは

原作にそっていくので小説の内容がわかれば

だいたい最終回とネタバレがわかることになります

 

ここからはネタバレ注意

 

第一章

児童相談センターの職員である氷崎遊子はアルコール依存の

男を警察に逮捕させて、彼に虐待されていた8歳の娘

である玲子を保護する

 

美術教師の巣藤浚介は恋人の清岡美歩に仕事のことを

避難されると同時に妊娠していると言われる

 

刑事の馬見原光毅は冬島綾女と研司と疑似親子で

関係性を築いている

 

彼の本当の家庭はさまざまな問題を抱えて崩壊

状態にあります

 

馬見原は裏社会とのつながりがある

 

巣藤の隣の家の麻生家が一家心中をはかっている

しかし本当に心中なのか?と不可解なことが残る

 

第二章

遊子は母のことをきにかけながらも玲子の事に

対応しているが、アルコール依存症の父親に恨みを買う

 

巣藤は隣家の事件のショックを弾きずる

そんななか巣藤は少年グループに暴行を受け入院する

 

事件の後遺症から街中で暮らすことができなくなった

巣藤は田舎に引っ越すことに決める

 

馬見原は麻生家の心中を断定する

そんな中事件の犯人を名乗る人物が出てくる

しかし首脳陣は相手にせず馬見原が独断で捜査を始める

 

第三章

実森家の事件は麻生家と同様に無理心中と判断される

巣藤は生徒の亜衣がテレビカメラに怒りの暴言を吐く

事に対して否定せずに肯定をしたことにより

学校からは自宅謹慎処分となる

 

第四章

遊子や山賀がアルコール依存症の父親の代理に

玲子に会いに施設に言っている事を知る

 

巣藤と遊子は交流を楽しんでいたがそのときに

害虫駆除の薬剤の臭いをかいだ巣藤は、麻生家でも

同じ臭いがしたことを思い出す

 

馬見原は害虫駆除が事件に関わった可能性を追う

 

大野が山賀と元夫婦であって過去に家庭内暴力を

振るう息子を殺害し服役した過去を持つことを

知ったんです

 

馬見原が大野のもとに訪れたんですが

アルコール依存症の父親が玲子を連れ出し遊子を責める

 

遊子は刃物に刺され重傷を負う

 

最後の終わり方が小説と同じなのか脚本されて変わるのか

わからないところではありますが・・・

 

 

※財前直見さんの役である山賀葉子は

かなり怪しい言動をしているように

思いますね。

 

しかしドラマでもかなり重要な役どころに

見える財前さんが友情出演となっている

ところにも犯人と思わせておきながら

犯人ではないといった感じも見えますね

 

最初からずっとからんでいる

大野は山賀と元夫婦ということが

重要になってきますよね

 

山賀は過去に子供を亡くしたことが

あるといっていますが・・

たしかにあらすじのなかには

大野との夫婦関係があったときに

息子を亡くした過去を持ちます

 

この夫婦がキーパーソンに

なる感じがしますよね。

※最後に最終回を終えての追記があります

 

スポンサードリンク

家族狩りの原作は小説で相関図は

家族狩りは今回「松雪泰子」さんが主演でテレビドラマ化

されていますが

 

元々は人気小説家の天童荒太さんの小説が

原作となっています

 

天童荒太さんといえば・・・

明治大学卒業

1986年「白の家族」で第13回野生時代新人文学賞を

受賞しています

 

1994年「孤独の歌声」第6回日本推理

サスペンス大賞優秀作

 

1995年「家族狩り」第9回山本周五郎賞を受賞

 

2000年「永遠の仔」第53回日本推理作家協会賞

などなどでかなり有名な人気作家さんですね

 

かなり人気の推理小説が原作ということで

テレビドラマも話題になりそうですね

 

出演者もかなりの豪華なメンバーです

松雪泰子(氷崎遊子)

財前直見(山賀葉子)

馬見原光毅(遠藤憲一)

巣藤浚介(伊藤淳史)

 

ほかにも多くの有名俳優さんや女優さんが

出演されますね

 

相関図が画像コミで見れるので

こちらからご覧ください

 

※最終回を終えて

結果的には害虫駆除の大野と山賀が元夫婦でした。

大野と山賀は息子がいる3人家族だったんですが

人の相談にのって役立つ仕事をしていました。

 

しかし、他人の家族ばかりに時間をとられている

うちに自分の息子のことをおろそかにしてしまいます。

 

息子はだんだんとおかしくなっていき家庭内暴力を

振るうようになり・・・大野である父親と争っているうちに

山賀である母親がとめにはいりますが・・・・

 

結局は大野は息子を自分の手であやめてしまうんです。

 

刑に服するつもりでしたが、世論があまりにもひどい

家庭内暴力をきっかけにこのような犯行に及んだと

刑が軽く外にでてきてしまいます。

大野や山賀は自分達のせいで子供があんなことになったのにと

苦しみます・・・そして苦しんでいる家族を送るという

行為によって自分たちのような人を出さないように

するといったことを考えてしまいます。

 

樹海にはいって死んだと思われていた大野と山賀は

実は生きていていまだ同じ犯行を続けているようでした。

 

氷崎さんと巣藤さんはお互いを意識するようになり

お互いを大事な存在と思っているようです。

 

氷崎さんのお母さんは手術を終えて無事に

家に帰ってきます。

父親はボケはあるようですが楽しく過ごしているようです。

 

巣藤さんの元カノは体育教師と婚約していますが

やっぱり巣藤さんが好きだったようですね。

 

最後の家族狩りを免れた女子高生の家族は

お金も仕事もなくなり一からやり直すために

お母さんの実家である北海道に3人で引っ越すように

なったようです。

女子高生も働いてくそ親父の気持ちを

理解してみるという発言をしていました。

 

かなり多くの現代家族の問題を提起した

ドラマでしたが、いまだ問題を解決できずに

苦しんでいるひとが沢山いるのかと思うと胸が

苦しくなりますね。

人が人を育てることのむずかしさを感じずには

いられませんでした。

 


スポンサードリンク

お読み頂きありがとうございます

記事が役に立ったや面白かったなど 情報をシェアや拡散して頂けると嬉しいです♪ 日々記事更新のカテになります

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ