スポンサードリンク

佐良直美とキャッシーの同性愛レズ騒動の真実とは衝撃の?

佐良直美とキャッシーの同性愛レズ騒動の真実とは衝撃の?

佐良直美の歌手デビューや芸能界引退とは?

佐良直美さんは歌手・タレント・女優
・作曲家として活躍をしていました。

 

現在は実業家として活動中です。

1945年1月10日生まれです。

 

東京都出身で
明治時代の漢学者「川田甕江」の
玄孫で住友財閥の常務理事の
川田順の従曾孫にあたります。

 

遠縁に吉永小百合さんがいます。

 

「日本大学藝術学部」を卒業後に
1967年に歌手デビューを果たして
います。

 

デビュー曲である
「世界は二人のために」は
120万枚のレコードが売り上げを
記録しています。

 

第9回日本レコード大賞の新人賞
を受賞しています。

 

さらに同年第18回NHK紅白歌合戦
に初出場を果たします。

第40回選抜高校野球大会の
入場行進曲に採用されました。

 

1969年には「いいじゃないの幸せならば」
で第11回日本レコード大賞を受賞しています。

 

女性歌手として日本レコード大賞の
新人賞・大賞を両方受賞したのは
史上初の快挙でした。

 

1971年に所属事務所である
オールスタッフプロから独立して
(株)佐良直美音楽事務所を設立

 

その後は、歌手としてだけでなく
作曲・タレントとしてのバラエティー
番組への出演やテレビ番組の司会
、女優としても石井組の一員として
「ありがとう」に出演するなど
多方面で活躍をしました。

 

1980年にタレントのキャッシーさん
とのスキャンダルが報道されて以後は
次第に芸能活動から遠ざかっていき
同年のNHK紅白歌合戦にも落選を
しました。

 

1987年歌手業を含めた芸能活動を
長期休業して実業家へと転身しています。

 

水島早苗さんに捧げたカセットアルバム
を出したところで燃え尽きたことと
声帯ポリープの手術を行い1年ほど
声が出せなくなったため歌うどころでは
なくなったようです。

 

1993年からは動物愛護の啓蒙の貢献
しまた優良家庭犬普及協会専務理事
をも務めています。

2003年5月25日に放送のNHK-FM
「日曜喫茶室」へのゲスト出演をし
このとき出た芸能界への復帰に関する
質問には「もう復帰しなくてもいいでしょう」
と否定をしています。

 

2009年5月16日朝日放送
「朝だ!生です旅サラダ」で出演の
女優「草苗光子」さんが佐良さんの
経営する
「アニマルファンスィアーズクラブ」
を訪問して久々のテレビ出演と
となっています。

 

2010年9月24日新聞にて27年ぶりに
歌手復帰をすることが報じられました。

佐良直美とキャッシーの同性愛レズ騒動の真実とは衝撃の?

 

 

佐良直美さんは歌手としてデビュー
をして大スターとなっていました。

しかし運命が大きく変わりました。

 

スポンサードリンク

 

それは・・・
佐良直美さんとタレントのキャッシー
さんによるレズ生活を大々的に報じ
られたからです。

 

その発端となったのは相手とされる
タレントのキャッシーさんの赤裸々
告白でした。

 

キャッシーさんは佐良さんと
別れさせられたと主張をして芸能
リポーターである故梨元勝さんに
訴えたようです。

 

その訴えを受けた梨元さんが
週刊現代に2人の官能の日々を綴り
ました。

 

その後、週刊誌の報道の影響で
佐良直美さんは紅白に出場ができず
テレビ出演は激減し、1987年に芸能界
を去ることになったそうです。

 

しかし、現在、佐良直美さんは
語ります。
「あれについては、今でもよくわから
ないんです。もちろん事実無根ですよ
キャッシーがなぜあんなことを
いいはじめたのかわからないし
不思議なことに巻き込まれちゃった」

 

と・・・・・

当時の佐良直美さんの友達は
佐良さんはキャッシーさんにはめられた
と語っていたようです。

 

佐良直美さんは当時世田谷区の豪邸
に住んでいて大勢の友達を招いていた
そうです。
キャッシーさんも招かれた一人
だったようです。

 

レズ騒動が起きると・・・
佐良さんのお母さんとおばさんに
3000万円払わなければレズをばらすと
脅されたと語っていたようです。

 

佐良直美さんを当時を知る人は
レズっ気が全くなく、キャッシーさん
は男漁りが激しいことが有名だった
そうです。キャッシーさんは
騒動後に男性プロレスラーと結婚を
しています。


スポンサードリンク

お読み頂きありがとうございます

記事が役に立ったや面白かったなど 情報をシェアや拡散して頂けると嬉しいです♪ 日々記事更新のカテになります

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ