スポンサードリンク

大渕愛子のウィッグの話題はなぜ出たのか?真相にせまる

大渕愛子のウィッグの話題はなぜ出たのか?真相にせまる

大渕愛子の高校や大学!弁護士としての経歴とは

大渕愛子さんは弁護士として活躍を
している方です。

 

1977年8月12日生まれです。

 

東京都出身で
「跡見学園高校」
「中央大学」を卒業しています。

 

大渕愛子さんの祖父は
名古屋高騰検察庁の検事長で
一族に裁判官や検事が多かったそうです。

 

大学在学中の1999年に旧司法試験
に合格をして、司法修習54期を経て
東京弁護士会に登録をして
2001年に糸賀法律事務所へ入所
をしています。

 

2010年に独立をして法律事務所
インフィニティを開所しています。

 

2011年にアムール法律事務所へ
名称を変更して銀座から表参道に
移転をしています。

 

主に取り扱っている案件は
「離婚・親権・遺言・相続・
ドメスティックバイオレンス・
ストーカー・セクハラ・パワハラ・
子供の権利・公益通報者の支援」など
です。

 

糸賀法律事務所時代に日系企業と
中国企業の企業法務案件に携わりました。

 

2011年11月から日本テレビ系
「行列のできる法律相談所」に
住田裕子さんの公認としてレギュラー
出演をしました。

 

その後、離婚した女性の元夫に対する
養育費請求事件を法テラス制度を
利用して2010年に受託したが
法テラスが定めた着手金と実費などを
超える金銭を受領したとして
2016年8月に東京弁護士会が
業務停止1カ月の懲戒処分を課しました。

大渕愛子の旦那や子供とは?

 

スポンサードリンク

 

大渕愛子さんは行列のできる相談所
に出演をして以来、認知度が上がった
弁護士さんの一人ですが・・・

 

糸賀法律事務所入所後に事務所の
同僚弁護士と結婚したのですが
その後、離婚をしています。

 

2014年8月24日に生放送された
「行列のできる法律相談所」で
6月から同棲中だった俳優の
金山一彦さんと再婚をしたことを
発表しました。

 

2015年3月26日に第一子となる
長男を出産しています。

2016年12月6日第二子となる
次男を出産しています。

2018年9月19日には第三子となる
長女を出産しています。

 

弁護士というかなりハードをしながら
3人のお子さんを生み育てるのは
並大抵のことではないですよね。

 

旦那さんである金山一彦さんが
家事のほとんどを担っているようで
家族の形ができあがっているのでしょうね。

大渕愛子のウィッグの話題はなぜ出たのか?真相にせまる

大渕愛子さんは現在はメディアには
出演せずに本業である弁護士として
忙しく生活をしているようですが・・・

 

最近、ブログでの発言が話題になりました。

 

大渕愛子さんは丸坊主にしてウィッグに
したいという発言をしたんです。

 

なぜ?丸坊主にしてウィッグにしたい
という発言をしたのかという
真相は・・・

 

3人の小さいお子さんがいる中
弁護士として忙しく生活している
毎日で、毎晩髪を洗ってドライヤーで
乾かして、毎朝はねている髪を
直したり、結んだりして出かける・・・
この時間を他のことに使えたらと
いう考えのもとに発言をしたものでした。

 

しかし、この発言に対して世間から
このような反応がありました。

 

「髪を失って悲しんでいる人に失礼です」
などといったこと・・・

 

どんな発言に対してもすべての人の
同意は得られないもので・・・

 

しかし・・・女性なら一度は誰しも
丸坊主にしてウィッグにしたいと
思った人は思ったことがあるのでは?
というぐらいかなり共感できる考え方
でもあるのではないでしょうか・・・

 

最近は一人握りのクレームに対して
多くの賛成意見が潰されている世の中
という感じがしてなりません。

 

基本的に同意をしたり賛成をしたり
クレームがない人というのは
意見を世間に発信しないものですから
どうしてもクレームの意見が目立って
しまうのも事実ですね。

 

しかし、髪を失って悲しんでいる人
がいることも事実ですが・・・

 

世間が女性が丸坊主にしてウィッグで
おしゃれをするということが普通で
あるという認識で浸透をすれば
髪を失ってウィッグで生活をする人
にとっても生きやすくなるのでは?
とも考えてしまいます。

 

一つの固定概念に縛られずに
自由に発想することでどんな立場の
人も実は生きやすくなるかもしれない
なと思ってしまいました。


スポンサードリンク

お読み頂きありがとうございます

記事が役に立ったや面白かったなど 情報をシェアや拡散して頂けると嬉しいです♪ 日々記事更新のカテになります

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ