スポンサードリンク

古舘伊知郎は離婚したの?嫁との現在の関係や画像とは?

古舘伊知郎は離婚したの?嫁との現在の関係や画像とは?

furutati_001

古舘伊知郎の過去の実況時代が?

古舘伊知郎さんはフリーアナウンサーや
タレントや司会者として活躍をしている方です。

 

1954年12月7日生まれなので、2017年には
63歳になります。
還暦を過ぎているとは思えない若さがありますね。

 

東京都北区出身で、
「北区立滝野川第二小学校」
「千代田区立今川中学校」
「立教高等学校」
「立教大学経済学部経営学科」を卒業
しています。

 

1977年全国朝日放送にアナウンサーとして
入社をしました。

 

面接では広辞苑の丸暗記という特技を披露
したことで採用に至ったようですね。
やはり人とは違う一面を見せることが就職
の面接で合格しやすい一因になるのかもしれません。

 

入社後「ワールドプロレスリング」担当に配属
をされて実況デビューをしました。

 

古舘伊知郎さんの独特な表現方法で「過激実況」
と呼ばれて人気が急上昇しました。

 

1984年6月にテレビ朝日を退社後に大学時代の
友人と芸能事務所「古舘プロジェクト」を設立
します。

 

フリーに転身後もプロレスの実況を続け
1983年に勇退をしています。

その後はフジテレビのF1や競輪の実況中継
などを担当するなど数々のテレビ番組に出演を
して知名度を上げました。

 

1996年にはNHK紅白歌合戦の司会を担当して
史上初の民放アナウンサー出身紅白司会者
となっています。

 

1985年にはフジテレビの「夜のヒットスタジオ」
の司会者として活躍をし、司会者としてのキャリア
をあげることになりました。

 

2004年4月5日からテレビ朝日
「ニュースステーション」の後継番組であった
「報道ステーション」の初代メインキャスター
に就任しました。

 

長年勤めていた報道ステーションを2015年
12月24日に降板することを発表しました。

 

やはり毎日毎日のライブの放送は縛られた生活
だったようで、不自由な12年間だったと語って
いるようですね。時間だけではなく言動にも
言っていいことと悪いことに縛られていたと
当時の心境を語ったようです。

 

2016年からはフジテレビにで
「フルタチさん」「トーキングフルーツ」などを
担当しています。

古舘伊知郎は離婚したの?嫁とは!

古舘伊知郎さんは1987年7月にJALの

客室乗務員をしていた一般女性と結婚を
しています。

 

スポンサードリンク

 

嫁の画像といわれているものです。

このぐらいの時代は芸能人が客室乗務員
と結婚をするというパターンが多かった
ように思います。

モデルのような容姿の人が多かったために
男性に人気の女性職業だったようですね。

 

古舘伊知郎さんが離婚をしたという噂が
出ているようですが・・・

 

離婚はしていません。

どうやら報道ステーションの降板理由が
妻から離婚をつきつけられたのでは?という
ことからきているようですね。

 

報道ステーションを担当していたときには
月曜日から金曜日まで深夜までの放送のあとに
帰宅をしていたので疲労困憊した状態で毎日を
送っていたようです。

 

さらには土日も資料の読み込みや取材などで
家を離れることも多かったので家族との
コミュニケーションはほとんどなかったようです。

 

嫁は古舘伊知郎さんの体が弱っていく様子を
見て大変心配していたようで・・・・

 

さすがに年齢的なものもあり古舘さんに
もう降板をしてほしいという願いを伝えた
ようですね。

 

しかし、嫁の願いに対して古舘伊知郎さんは
久米宏さんは18年間も務めたからと東京五輪
まではやりたいという意思を伝えたそうですが・・・

 

嫁はさすがに堪忍袋がきれたようで離婚届
までつきつけたようです。

 

さすがにそこまでされると古舘伊知郎さんも
折れたようで降板することを決意したようです。

 

それだけ嫁は古舘伊知郎さんのことを心配して
いたのでしょうし、お金より名誉より
旦那さんとの穏やかな時間を過ごしたかったのかも
しれませんね。

古舘伊知郎に関する書籍が?面白そう

古舘伊知郎さんのことだけではないですが
いろいろな芸能人の話題を切り込んでいる
内容に面白いという人が続出している本のようで
かなり読んでみたいなと思いました。

古舘伊知郎さんといえば早口のアナウンサー
という感じですがこちらの
「ゆっくり話すだけで伝わる!」という本を
推薦していますが・・・こちらも内容が
きになるところですね。


スポンサードリンク

お読み頂きありがとうございます

記事が役に立ったや面白かったなど 情報をシェアや拡散して頂けると嬉しいです♪ 日々記事更新のカテになります

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ