スポンサードリンク

はるな愛の手術箇所や性別は完全に?性格の真相で仲悪い噂が!

はるな愛の手術箇所や性別は完全に?

性格の真相で仲悪い噂が!

haruna2_001

はるな愛の学生時代の過去!

はるな愛さんはタレントとして活躍して
います。

 

ニューハーフとしての地位を確立して
バラエティに出演しているのを
よくみかけますよね。

 

はるな愛さんは1972年7月21日
生まれなので
2015年に43歳になります。

 

はるな愛さんの生まれながらにしての
性別は男性で本名は「大西賢示」さんと
いいます。

 

はるな愛さんは物心ついたときから
自分は男性ではなくて女性だと意識していた
そうです。

 

小学校時代からものまね番組などに
女装をして出演していたんですね。

 

男性として高校時代は男子高校に通って
いたそうで、当時「大西ケンジ」として
レコードデビューを果たしているんです。

 

どちらにせよ芸能界に入るべき
人だったのかもしれませんね。

 

しかし、中学時代などは壮絶ないじめを
経験していてほとんど勉強する状態では
なかったのでかなり成績は悪かったようですね。

 

中学時代からニューハーフになることを
心にちかっていたそうです。

 

高校は中退をして1991年にショーパブで
働くようになったようですが
それと同時に性同一性障害であることを
父親に告白をしたそうです。

 

スポンサードリンク

はるな愛の手術箇所や性別とは?

はるな愛さんは生まれてきたときには男性
でした。

 

そのために美容整形手術や性別適合手術など
様々な手術が体のいたるところに
施されています。

 

さて、はるな愛さんが整形した箇所というのは
一体どこなのでしょうか?

 

・性別適合手術   350万円
・豊胸手術     100万円
・おしり手術    100万円
・歯科矯正     260万円
・目の整形     80万円
・鼻の整形     40万円
・エラの整形    65万円
・ヒゲ永久脱毛   5万円
・脇の永久脱毛   3万円
・ヒアルロン酸   50万円

整形手術で合計1093万円かかったっという
計算になりますね。

 

 

しかし女性で美しあり続けるためには
維持費というものがかかります。

 

いわゆる化粧代やエステなどですね
その金額は年間で算出すると
ざっと500万円ぐらいだそうです。

 

もちろんはるな愛さんがもともと男性
ということでの整形代もおおいにあると
思いますが美しくあり続けるには努力も
お金もかかるということなんですね。

 

こちらからはるな愛さんの整形前の
画像を見ることができます。

 

こちらから整形後のはるな愛さんの
画像を見ることができます。

 

女性としての機能は外見上は形成されて
いるようですが、もちろん現在はまだ
日本では男性同士の結婚などは認められて
いないので完全なる女性として生きていくのは
厳しいんですね。

はるな愛の性格の真相で仲の悪い噂が!

はるな愛さんはアイドルのあややのものまね
で出だした頃にはテレビに引っ張りだこでしたね。

 

最近ではオネエ系の芸能人も数々出現し
現在は少し影を潜めているように思います。

 

その根底にある噂があるんです。

視聴者からテレビを通して見るはるな愛さんは
根性が腐ったような人にみえず
どちらかというと人が良く見えますね。

 

しかし、オネエ界ではかなり嫌われている
存在だというんですね。

 

以前はかなり仲の良かったクリス松村さんとも
最近は険悪なムードなのだとか・・・・

 

そのきっかけは旅行にいったときに
クリスさんが絶対にいくからねと言っていた
店があったそうですが・・・・

 

旅行にいったときに急遽イケメンとの
仕事がはいったはるな愛さんがクリス松村
さんとの約束をキャンセルしたのだとか・・・・

 

これだけをきくと仕事だから仕方が
ないじゃないと思いますが
2人きりでいった旅行で最初から決まって
いたわけでもない仕事を急遽いれられて
じゃあねと言われてしまったらなんだか
もやもやしますね。

 

現在は毒舌で人気のマツコさんも
オネエ界ではるな愛さんが嫌われている
といったコメントをしているのだとか・・・

 

同性に嫌われる人というのは確かに
何か周りが気に食わないことをしている
節があるように思います。

 

はるな愛さんの同性といったら男性でも
女性でもなくオネエの方々ですからね。


スポンサードリンク

お読み頂きありがとうございます

記事が役に立ったや面白かったなど 情報をシェアや拡散して頂けると嬉しいです♪ 日々記事更新のカテになります

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ