スポンサードリンク

吉川晃司の嫁のフライデー画像とは?子供や結婚までの衝撃のエピソード

吉川晃司の嫁のフライデー画像とは?子供や結婚までの衝撃のエピソード

吉川晃司の学生時代やデビュー秘話がすごい!

吉川晃司さんはロックミュージシャン
シンガーソングライター・俳優として
活躍をしている方です。

 

1965年8月18日生まれなので
2018年には53歳になります。

 

広島県安芸郡府中町出身です。
「府中町立府中小学校」
「修道中学校」を卒業しています。
その後「修道高等学校」に入学しましたが
2年生のときに中退をしました。

 

中学校のときから水球の選手として
活躍をして高校時代には世界ジュニア
水球選手権大会の日本代表にもなっています。

 

さらに、2年連続全日本高校最優秀選手
にも選ばれたほどの逸材でした。

 

同じ水泳部だった酒井麿さんに誘われて
ロックバンドに加入をしました。
そこから、音楽一本に将来の夢を
絞るようになったそうです。

 

渡辺プロに自ら
「広島にスゴいヤツがいる、見にこないと
一生悔いを残す」という手紙を送りつけて
います。
その後、渡辺プロの関係者が高松の
松本明子を見に行った帰りに本当に会い
にきてくれたそうです。

 

その後オーディションを経て
渡辺プロに入りました。

 

しかし、修道高校から水球の推薦で
慶應義塾大学に特待生として入れる道が
あったために、教師や両親から猛反対を
されたそうです。

 

高校を中退し上京をしましたがすぐには
デビューできず、マネージャーの家に
居候していたそうです。

 

その後レッスンをこなしていきましたが
全然デビューの機会はこず社長のところに
直談判にいき、そのことが社長に気に入られ
デビューへとなりました。

 

1984年2月1日「モニカ」でデビュー
を果たしました。

モニカは同年に公開された主演映画
「すかんぴんウォーク」の主題歌でも
あります。

 

この曲がヒットしさらにその後も
立て続けにヒット曲を排出しました。

 

1985年にはNHK紅白歌合戦に出場
をしています。

 

1988年に一時活動を停止した後に
渡辺プロダクションから子会社という
形で22歳のときに独立をしています。

 

1989年4月に布袋寅泰さんと
「COMPLEX」を結成して
「BE MY BABY」をリリース大ヒット
をしています。

1990年から活動は停止・・・理由は
不仲が原因のようですね。

その後は俳優としても活動をしています。

吉川晃司の嫁のフライデー画像とは?子供や結婚までの衝撃のエピソード

 

 

スポンサードリンク

 

吉川晃司さんは2011年に結婚を
しています。

嫁は一般人の女性ということ以外は
公表をしていません。年齢は結婚した
ときに40代ということで吉川晃司さんが
45歳なので同年代の女性ですね。

 

吉川晃司さんと嫁は2008年ごろから
交際をしていたようです。
しかし、驚くのは結婚したときには
すでに2人の間には2歳になる娘さんが
いました。

 

子供が生まれていたにもかかわらず
結婚に至らなかった理由は・・・

 

何かの枠には絶対にはまりたくない。
家庭をもったりすると自分の中のナイフ
が錆びちゃう気がして・・・と語っている
ようです。

 

レコード会社関係者は
仕事や女性ファンのことを考えたら
やっぱり足がすくんだ部分もあったと
思いますよと語っています。

 

さらに・・・吉川晃司さんは結婚をした
ときには・・・と聞かれこう語っています。

 

もし結婚をしたら離れを作ってそこみ
嫁と子供を住まわせて、こっちからは
いけるけど、向こうからは来られない生活
かなと・・・・

 

かなり身勝手ですねw

そんな吉川晃司さんが結婚しようという
決断に至ったきっかけというのが・・・

 

東日本大震災だったようです。

ボランティア活動に参加して人との
絆を再確認し家族の大切さを痛感して
夫と妻そして親と子は別々に暮らすべきでは
ないという思いになり入籍したようです。

 

ネットでは吉川晃司さんの嫁画像や
フライデーに画像が掲載されたという
噂があるようですが・・・

 

どうやら2008年におつきあいしていた
ときにツーショット写真を撮られて
いるようですが、画像にはモザイクが
かけられているために顔の判断はできない
ようですが・・・

 

しかし、目撃情報によると相当な美人
だということです。


スポンサードリンク

お読み頂きありがとうございます

記事が役に立ったや面白かったなど 情報をシェアや拡散して頂けると嬉しいです♪ 日々記事更新のカテになります

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ