スポンサードリンク

宮沢りえが太ったりふっくらした理由は再婚の森田剛との関係か?

宮沢りえが太ったりふっくらした理由は再婚の森田剛との関係か?

宮沢りえの幼少期や芸能デビューからの過去が!

宮沢りえさんは女優やファッションモデル
歌手などで活躍をしている方です。

 

1973年4月6日生まれなので、2018年
には45歳になります。

 

11歳の頃にモデルとしてデビューをして
1985年小学校6年生のとき明治食品
「チャルメラ」のCMで芸能活動をスタート
しました。

 

その後、雑誌「週刊セブンティーン」の
表紙モデルとなりました。

 

1987年CM「三井のリハウス」の初代
リハウスガール「白鳥麗子」役を務めて注目
を集め一気に知名度が上がり人気がでました。

1988年映画「ぼくらの七日間戦争」の主演で
女優デビューを果たし、日本アカデミー賞
新人賞を受賞しました。

1989年4月フジテレビ系「青春オーロラ・
スピン スワンの涙」で連続ドラマ初主演
をします。

 

同年小室哲哉さんの楽曲提供による
「ドリームラッシュ」で歌手デビューをして
当時大人気だった音楽番組
「ザ・ベストテン」の最終回にランクインした。

 

1990年にはセカンドシングル「NO TITLIST」
がオリコン最高1位を獲得して紅白出場を
果たします。

 

1991年には人気絶頂期のときに写真集
「Santa Fe」のヌー◯写真集を出し大ヒット
しました。なんと!150万部のベストセラー
となりました。

宮沢りえさんはオランダ人の父親と
日本人の母親とのハーフですが両親が
はやくに離婚をしたために全く交流は
ありませんでした。

 

母親はいわゆるステージママの代表とも
言える人でメディアにも多く取り上げられた
方でした。

 

第一線のアイドルとしても人気を得た
宮沢りえさんはその後も人気が衰える
ことなく第一線の女優として活躍を続けて
います。

宮沢りえの過去の婚約や結婚そして離婚とは?

 

 

 

宮沢りえさんといえば1992年11月27日
人気絶頂期のときに関取で大人気だった
「貴花田」との婚約が発表されました。

2人の婚約は世紀の大カップルと世間に
騒がれました。

 

しかし・・・1993年1月27日
「人生最高のパートナーになれなかった」
とコメントを発表してわずか2ヶ月間で
婚約解消を発表したんです。

 

当時は婚約解消の理由がいろいろと騒がれ
ましたが、宮沢りえさんのお母さんが
強く反対してダメになったのではないかという
理由が強くいわれていました。

 

2009年2月14日に妊娠6ヶ月であることが
所属事務所のFAXから発表されました。

 

お相手は40歳のハワイ在住の日本人
実業家で元プロサーファーであることが
明らかになりました。

 

その後2009年4月上旬に婚姻届を提出
し6日に東京都内で挙式を行いました。

 

2009年5月20日に第一子である女の子
を出産しています。

しかし、2016年3月18日に離婚が成立
しています。

離婚理由としては旦那さんは宮沢りえさんに
仕事をセーブしてもらいハワイで一緒に
家族の時間を大事にしてほしいという希望に
宮沢りえさんが答えられなかったすれ違い
にあるといわれています。

 

離婚には4年もの協議が続けられていました。
子供さんの親権が問題だったようですね。

宮沢りえが太ったりふっくらした理由は再婚の森田剛との関係か?

宮沢りえさんはデビュー当初はもちろん
若かったこともありますがかなりふっくらした
可愛らしい女の子でしたが・・・・

 

貴乃花との婚約破棄以降は痛々しいぐらいに
痩せていきました。

 

スポンサードリンク

 

一時期は拒食症になっているのでは?
といわれるほどの激やせぶりで見ている
ほうもつらいぐらいでした。

その後、拒食症ほどの痩せ方はしていな
かったもののかなり細い体型ということは
続いていましたね。

 

頬が痩せすぎているために口元の
しわは隠せないぐらいでした・・・・

 

しかし、現在宮沢りえさんがふっくらした?
少し太った?といわれているんです。

 

そのふっくら(太った?)動画がこちらから
見ることができます。

 

確かに顔のお肉がついてふっくらしたように
見えますが・・・逆にこのぐらいのほうが
若々しくしわも目立たないで綺麗になった
のではないでしょうか。

 

現在はジャニーズ事務所のV6の森田剛
さんとの熱愛も騒がれていますので
幸せでふっくら(太った?)のかもしれませんね。


スポンサードリンク

お読み頂きありがとうございます

記事が役に立ったや面白かったなど 情報をシェアや拡散して頂けると嬉しいです♪ 日々記事更新のカテになります

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ