スポンサードリンク

小林聡美が三谷幸喜と離婚をした本当の理由って?子供や現在の活動は?

小林聡美が三谷幸喜と離婚をした本当の理由って?

子供や現在の活動は?

satomi_001

 

小林聡美が三谷幸喜と離婚をした本当の理由って?

小林聡美さんはとても

味のある素敵な女優さんですね。

 

私生活のことはあまり明かしませんが

以前結婚していた脚本家の

三谷幸喜さんとの離婚理由などを

調べてみました。

 

小林聡美さんは1965年5月24日

生まれなので

2015年で50歳になります。

とてもそんな年齢には見えない

若々しさと透明感がありますね。

 

小林さんが結婚したのは

1995年のことでした

小林さんが30歳のときという

ことになりますね。

 

フジテレビの深夜ドラマである

「やっぱり猫が好き」に出演を

したんですが、この中の数話を

三谷さんが脚本したことで仲が深まり

結婚にいたっていますね。

 

しかし、2011年5月23日に

小林さんは三谷さんと離婚を

してしまいました。

 

2人はとてもお似合いで

人気のある夫婦としても

有名だったので、なぜ離婚に

なってしまったのかという

疑問がわきました。

 

小林さんと三谷さんは離婚理由について

大きな何かがあったわけではなく

小さな価値観の違いがつもりにつもって

離婚になりましたと説明しています。

 

そんな説明になんとなく周りは

納得いっていないようで

憶測をよんだようですね。

 

その中でもショックだったのは

三谷さんの不倫説・・・

舞台女優とかれこれ10年以上の仲

だったという話も・・

 

確かに三谷さんは離婚後の

2013年の7月31日に19歳年下

である一般女性と再婚をしています。

 

え?舞台女優じゃなかったのという

話もありますが、実は一般女性では

なくて女優の仕事をしていた

方だという話もありますよね。

 

その一方で三谷さんのマザコン説も

ありますよね。

幼い頃に父親を亡くした三谷さんを

母親は女手ひとつで育ててくれた

こともあって、絆が深いようで・・・

 

犬の散歩中に頭にけがを

負ったときに救急隊員に教えた連絡先が

小林さんではなくて母親だったそうです。

 

よくよく考えると小林さんが

調度仕事で忙しくて

いなかったのかもしれないしと

思うところがありますが・・・

 

他の理由も挙げられていましたよね。

 

小林さんは大の猫好きだった

けれど三谷さんは猫アレルギーだったん

ですが・・・小林さんのために

我慢をしていたとか・・・・

 

小林さんは三谷さんのイビキがうるさくて

眠れないのでイライラしていたとか

パーティーでちょこちょこ

動く三谷さんにもっとゆったりしようと

と言ったりなど・・・・

 

いろいろなことが目につき始めて

いたということもあるようです。

 

確かに1度は好きになった人でも

嫌なところが目につき始めると

すべてが気になることってあります

もんね。

 

やはり、本当の理由は

本人達が言っているささいな

ことの積み重ねなのかもしれませんね。

 

スポンサードリンク

小林聡美の子供や現在は?

小林聡美さんと三谷さんの

間には子供さんはいませんでした。

 

子供さんをつくらなかったのか

出来なかったのかは定かでは

ありませんが、三谷さんがとても

子供を欲しがってはいたようですね。

 

すでに三谷さんは再婚している妻との

間に子供を授かっています。

 

もしかすると子供のことも

離婚の原因の一つにあるのかも

しれません。

 

小林さんは現在はあまり

テレビで顔を見ない気がしますが

以前からテレビドラマにというよりも

映画や舞台の仕事が多かったように

かんじます。

 

小林さんが出演するだけで

とても素敵な映像に変化すると

定評があるので女性にもとても人気が

高い女優さんですよね。

 

中でも人気が高いのが

「かもめ食堂」ではないでしょうか

 

北欧で撮影されたかもめ食堂は

とてもおしゃれでインテリアの

勉強にもなるぐらいの素敵さです。

 

実際に撮影に使用されたカフェは

現在もカフェとして

営業をしていて日本からの

観光客がひっきりなしに

訪れるそうですよ。

 

2014年に公開される

「紙の月」でも隅より子役で

出演するようなので楽しみに

したいですね。


スポンサードリンク

お読み頂きありがとうございます

記事が役に立ったや面白かったなど 情報をシェアや拡散して頂けると嬉しいです♪ 日々記事更新のカテになります

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ