スポンサードリンク

寺島しのぶの子供写真がかわいい?旦那の仕事で離婚はない?

寺島しのぶの子供写真がかわいい?

旦那の仕事で離婚はない?

terasi_001

 

寺島しのぶの子供写真がかわいい?

寺島しのぶさんは演技力が

すばらしい女優さんですね。

 

子供さんや旦那さんのことを

調べてみました。

 

寺島しのぶさんは2007年に日本在住の

フランス人である

ローラン・グナシアさんと結婚しています。

 

こちらから画像をみることができます。

 

その後

2012年9月12日に男の子を

出産しています。

眞秀(まほろ)くんです。可愛らしい名前ですね。

 

寺島さんが39歳のときに生まれて

いるんですね。

高齢出産なので大変だったでしょうね

 

芸能人の子供は顔を隠すことも

多いのですが、寺島さんは子供さんを

お披露目しています。

 

やはりハーフということもあって

とにかくかわいい!!

 

ブログにも息子さんのことが

頻繁につづられています。

 

日本で暮らしているはずなのに

なんだか外国のような雰囲気に

感じるのはやっぱり被写体が

ハーフの息子くんだからかも

しれませんね。

 

こちらから画像をみることができます。

 

トイレトレーニングをしている

様子などがわかるので

一般のお母さんと同じなんだなと

なんだかほほえましくなってしまいます。

 

そんな寺島さんと旦那さんですが

旦那さんはフランスに別の女性との

間に子供がいたんです。

 

寺島さんと旦那さんはもちろん

その女性と別れた後に出会った

そうです。

 

旦那さんの娘さんはフランスで

暮らしているんですが、よく日本にも

遊びにきていたようですね。

 

フランスは両親が離婚をしたら

どちらかが親権をとるということ

ではなく共同親権というかたちを

とるそうです。

 

娘さんは日本に遊びにきたいとき

は来るという状態だったようです。

 

しかし、東日本大震災が起こって

フランスの母親が放射能を心配して

娘を一切日本にいかせなくしたそうです。

 

そのために旦那さんはかなり

落ちこんでいたようですね。

 

確かにフランスの母親の気持ちも

わからなくはないですよね。

実際に暮らしている私たち日本人

からすると、大丈夫だよ!と言いたい

ところですが・・・

確かに今後の影響がどうなるか

なんて誰にもわかりません。

 

日本に行くことを認めない母親と

裁判にまで発展したそうです。

 

結局は日本に行きを認められる

ようになったようですが・・・

 

父親も母親も娘さんを愛するが

ゆえにの行動なんだなと思いますね

 

とても難しい問題なのでは

ないでしょうか。

 

寺島さんの息子とは異母兄弟に

なるので娘さんもとても可愛がって

くれているようですね。

 

スポンサードリンク

寺島しのぶの旦那の仕事は?離婚は?

寺島しのぶさんの旦那さんの仕事が

何なのか気になるところですが

 

旦那さんはアートディレクター

だそうです。

 

ん?アートディレクターとは

なんぞや?と思ったので

調べてみました。

 

アートディレクターとは

美術表現、芸術表現をもちいた総合

演出を手掛ける職務

 

仕事の主な内容としては

広告・宣伝・グラフィックデザイン

などの視覚的表現手段を計画して

総括、監督する職務だそうです。

 

日本人も多くのアートディレクターは

働いています。

アートディレクターになる

学校があるほどです。

まさにあこがれの職業ですね。

 

アートな世界なのでかなりの

センスが必要とされる世界で

あることは間違いありませんね。

 

女優とアートディレクターって

なんだかステキすぎますね。

 

そんな2人に離婚の噂があった

ようなんです。

 

実は寺島さんは仕事に対して

とてもストイックなことでも

有名なんですが、結婚をして以来

なんだか当たりの仕事がなかった

ようなんです。

 

もしかしたら結婚して幸せオーラが

出すぎて寺島しのぶが

ダメになったと思われているのでは

ないのか・・・・女優として

生きていくためには離婚をしなければ

ならないのか?と本気で

考えたそうですよ。

 

ま・・・しかしその後自分の

納得のいく仕事や演技ができたことで

離婚問題は解決したようですね。

 

息子さんも生まれたことですし

末長く幸せに暮らしてもらいたいですね。


スポンサードリンク

お読み頂きありがとうございます

記事が役に立ったや面白かったなど 情報をシェアや拡散して頂けると嬉しいです♪ 日々記事更新のカテになります

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ