スポンサードリンク

イモトアヤコ太った理由とは?病気なのかエベレストは大丈夫?顔がパンパンに

イモトアヤコの太った(激太り)理由とは?

病気なのか山登りし過ぎなのか

顔がパンパンに

イモトアヤコ_001

イモトアヤコの激太り理由とは?

山登りの登山家としてもいまや有名になっているイモトアヤコさんですが

最近は激太りしていることで噂になっています

 

イモトアヤコの激太り(太った)画像はこちらから

 

なぜあんなにも激太りしているのでしょうか?

理由を調べてみました

 

イモトアヤコさんは元々痩せていてとても太っている

イメージではないんですよね

しかし顔がパンパンになっていてめちゃくちゃ激太りしている

ような顔になっているんです

 

しかし、よく見てみると顔はパンパンなんですが

体は以前と変わらないぐらいの体型に気づくんですよね

 

ということは顔だけが太ったのか?と思いましたが

どうやら理由があったようです(原因?)

 

スポンサードリンク

 

イモトアヤコさんは歯が何度も抜けていたりと歯がもろいことでも

有名なんです、以前の山登りの際にも歯が痛くなって

その山のふもとで歯を抜くといった治療をしています

 

その後も撮影中にかみついた料理で歯が抜けるなどの

ハプニングも起こっていますね

 

どうやら歯が弱いようでそのことで笑いもとれているんですが

歯が抜けたり弱かったりすると登山にはかなり

悪影響があるようです

そのために完全に歯を治すための治療を始めたようです

 

もちろんそれはエベレストを目指すための準備ともいえるのかもしれませんね

 

その歯を完全にきれいに治すための治療によって

顔がパンパンに張れているようなんです

その治療のなかにステロイドを用いているのではないか?

という話もあるようです

ステロイド治療は薬を服用しているときに

太ってしまったり、腫れたようになったりすることがあるそうです

まるで太ったように映っているので、

以前ドラマのために多くの番組へ宣伝に出てきているのですが、
スッキリに出演した際に、司会の加藤さんから
「顔パンパンだぞ!」と突っ込みが入れられていたぐらいです

 

誰が見ても「えっ?」と思うぐらいの顔のパンパン具合に

歯の治療の怖さを感じますが

イモトアヤコさんは半端ない強い精神の持ち主なので

まったく何も感じていないように笑っていて、またもや

尊敬の念がこみあげてきますね

 

急に激太りして太ったり、激やせしたりすると病気の治療によって?

と心配になってしまいますよね

これからも強い根性の持ち主のイモトさんを応援したいと

思いました

 

*エベレスト登山の断念は非常にイモトアヤコさんにとって残念なことだったと

思いますが、エベレストの登頂には計り知れない命がけの行動だと

思われます。

 

エベレストには多数の遺体がいまもなお、残っているといわれています

洋服をきた、骸骨が何百体とあるといわれているんです

それだけ、危険が伴う登山であるということですし

その遺体を見ながらの登山ということにもなるんですね。

 

今回のイモトアヤコさんのエベレスト登頂の断念によって出た

損失は1億円以上だといわれています。

イモトアヤコさんに支払われるお金は2000万円だったともいわれていますね

 

視聴率をとるために危ない決断をしなくて本当に良かったと

思いますし、これからもがんばっている姿はみたいですが

無謀なことは見たくないなと思いますね。

イモトアヤコの年収や経歴がすごい!

イモトアヤコさんは大学在学中にWCS3期生として芸能界に

入っています

 

フォーリンラブのバービーさんとは以前コンビを

組んでいましたね

 

売れてしまった今ではこの2人がコンビを組んでいてなんで

売れなかったのかと不思議ですが

 

コンビは解消したわけでなく自然消滅だったようです

恋人関係のようですがw

 

現在ではイッテQでの珍獣ハンターや登山家としての

イモトさんで有名ですよね

 

イモトさんの年収は1000万円ぐらいといわれているようです

 

最近では仕事も増えてきていますし

知名度も上がってきているので、もう少し年収は上がっているのでは

と思われますが

 

なにせイッテQの仕事で縛られていることが多いようなので

海外での生活も1年のうちほとんどをしめるようです

 

そのために他の仕事ができないと考えると年収に関しても

激的に増えたということはないかもしれませんね


スポンサードリンク

お読み頂きありがとうございます

記事が役に立ったや面白かったなど 情報をシェアや拡散して頂けると嬉しいです♪ 日々記事更新のカテになります

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ