スポンサードリンク

関暁夫は結婚して嫁とは?今現在は何をしてる?都市伝説情報って?

関暁夫さんは結婚しているの?嫁は誰なの?

子供はいるの?画像はあるの?

関暁夫さんは今は何をしているの

現在の主な活動や仕事ってなに?

都市伝説情報のネタはどこから仕入れてくるの?

関暁夫の都市伝説がすごい!動画は?

seki_001

 

関暁夫さんのアメリカテロ事件の9・11に関する

20ドル札に隠されたお札の新事実の動画があったんですが

かなりすごい鳥肌ものの内容ですので

一度は見ておいた方がいいかもしれません

 

スポンサードリンク

 

関暁夫は結婚してる?嫁や子供は?

2010年11月に知り合って14年になる

一般人のOLさんと結婚をしています

 

プロポーズの言葉は「芸人の嫁になってくれないか」と

言ったところ「別にいいけど」と 言われたそうですよ

 

関さんの苦労時代をずっと支え続けてきた嫁なので

大事にしたいと語っているようですよ

 

結構売れてきたりすると、モデルや芸能人に

手を出す人も多い中・・・

ずっと苦労時代を支えてくれた人を結婚相手に選ぶとは

好感が持てる感じですね

 

子供さんは現在はいないようですが

欲しいと語っているようです

しかし、都市伝説テラーとして売れっ子になった

関さんなので忙しく飛び回っているのでなかなか

ゆっくりと嫁と過ごす時間がないようですね

 

でも嫁はお金や仕事がない時代を知っているので

陰ながら応援しているんじゃないでしょうか・・・

忙しいのは仕事がある証拠ですからね

関暁夫のプロフィール

関暁夫(せきあきお)
生年月日 1975年6月21日
出身地 東京都杉並区高円寺
身長 168cm
血液型 A型

関暁夫の今現在の活動や仕事って?

関暁夫さんは元々お笑い芸人として活動していました

1996年に「ハローバイバイ」というコンビを相方の金成公信さんと

結成していますが、結局売れることなく

関さんは都市伝説テラーとして成功したんですね

 

2009年には方向性の違いで解散をしています

 

関さんはお笑い芸人で活動していて全く売れなかったので

やめようと思ったそうですが、自分が以前から好きだった

都市伝説でもう一度と思い頑張ったところブレイクしたそうです

 

今の活動は執筆活動や都市伝説テラーとしてテレビや

ラジオ出演をしています

最近では東京の自由が丘に

「SEKIELBERG CAFE / セキルバーグカフェ」を

オープンさせています

 

出版した都市伝説の本も4まで出版されていますね

都市伝説5を検索されている方も多いようなので

ファンは新刊を待ち望んでいるんでしょうね

 

出版した本の売り上げも累計200万部突破しているそうです

もう印税だけで生活していけそうな勢いですね

関暁夫の都市伝説の情報源は?

関暁夫さんはかなりの知識量でメディアにも出演依頼が

多いようですね

 

さて、この知識はどこから得ているのでしょうか?

もちろん関さん自身が子供のころから都市伝説が

好きだったこともあり、それまでに培ってきた情報というのは

多いと思いますが

新しい情報を次々に得ていかないと飽きられることに

なってしまいますよね

 

関さんは、自信独特の都市伝説を集めるために

色々な場所に独自で足を運んで取材をしているそうです

 

そのために人がしらない情報まで知っているということ

なんでしょうね・・・・

 

やはり人より秀でるためには人とは違う行動と

人よりも面倒くさいと思われる行動をとらないと

ダメだということですね


スポンサードリンク

お読み頂きありがとうございます

記事が役に立ったや面白かったなど 情報をシェアや拡散して頂けると嬉しいです♪ 日々記事更新のカテになります

“関暁夫は結婚して嫁とは?今現在は何をしてる?都市伝説情報って?” への2件のフィードバック

  1. 毒ウサギ より:

    関さんには脱帽です。わたしも都市伝説が大好きでたくさんネットで調べたりしていますが、関さんは現場に足を運んでまで徹底しているので、百聞は一見に如かずともいうように、ほんとうに尊敬します。まさに人生の成功者ですね!わたしも関さんを見習いたいと思います。ご結婚もされたんですね!わたしもすごくうれしいです。奥さんといつまでも末永くお幸せに!わたしは関さんの幸せを願っています。これからもテレビやネット、本でお世話になります(笑)

    • リネン より:

      やはり、本当の情報は足を
      運んでこそなんだと思いますね。
      努力した物には必ずその恩恵はあるんですね

サブコンテンツ

このページの先頭へ