スポンサードリンク

ダニエル太郎の父親や日本語の能力とは?世界ランキングが衝撃の

ダニエル太郎の父親や日本語の能力とは?世界ランキングが衝撃の

ダニエル太郎の父親や世界ランキングが衝撃の?

ダニエル太郎さんは男子プロテニス
選手として活躍をしている方です。

 

アメリカ合衆国出身です。

1993年1月27日生まれです。

 

ダニエル太郎さんの父親は
アメリカ人で母親は日本人です。
7歳からテニスを始めました。

 

14歳のときに名古屋市から
スペインに移住をして
ダビド・フェレールが所属する
バレンシアのアカデミーで練習を
しています。

 

2010年にプロに転向をしました。

2012年6月にスペインF15
フューチャーズ優勝を果たします。

7月、スペインF20フューチャーズ
優勝。

2013年5月スペインF14
フューチャーズ優勝。

10月、ポルトガルF9フューチャーズ
優勝。

2014年全豪オープンで4大大会の
予選に初挑戦しました。

準々決勝まで進みましたが
ニコラス・アルマグロに敗れました。

 

2014年4月のデビスカップワールド
グループ準々決勝のチェコ戦で
日本代表入りを果たしました。

 

2015年ヴェルチェッリ・チャレンジャー
決勝にてフィリッポ・ボランドリに
勝利をしてATPチャレンジャーツアー
初優勝を果たしました。

 

5月、全仏オープン予選を突破して
同大会自身初・グランドスラム
2度目の本戦出場を果たしました。

 

第32シードのフェルナンド・
ベルダスコと対戦をして敗れました。

 

9月、デビスカップワールドグループ
・プレーオフのコロンビア戦では
日本代表の2番手として出場。
シーズン初のATPワールドツアーでの
本戦勝利を飾りました。

 

11月、日本チャレンジャー大会に
出場して2大会連続の決勝進出。
準優勝に終わりました。

 

翌週のランキングでは自己最高位
となる93位を記録しました。

 

キャリア初のATPランキングトップ
100入りを果たしました。

 

2016年4月には大会後の世界ランキング
で自己最高の85位となりました。

 

2017年3月ATPチャレンジャーの
コパ・シティ・ティグレでは
レオナルド・マイエルに勝利して
今季初優勝を果たしました。

 

9月には、拠点をこれまでの
スペイン・バレンシアから日本
へと移しました。

 

2018年BNPパリバ・オープンでは
予選と本戦1回戦を突破して、2回戦
に進出。

 

第10シードで元世界ランキング
1位のノバク・ジョコビッチを破る
金星を挙げました。

 

ATPツアーで初の決勝進出を果たし
ました。
決勝で同じくツアーの初優勝が
懸かったマレク・ジャジリに勝利
して、ツアー初優勝を果たしました。

ダニエル太郎の日本語の能力や父親や母親や妹とは?

 

 

 

ダニエル太郎さんは父親がアメリカ人
で母親が日本人ということで

日本語と英語とスペイン語が話せる
トライリンガルだそうです。

 

ダニエル太郎さんは幼少時は埼玉県
で過ごしていました。
小学校は「久喜市立太田小学校」
中学校は「名古屋国際学園中学」
名古屋国際学園中学は中高一貫の
インターナショナルスクールで
授業は全て英語で行われていたそうです。
ダニエル太郎さんの父親は
元テニス選手だということで
やはり息子にもテニスをさせたかった
のでしょうね。

 

スポンサードリンク

 

こちらから父親と母親の画像
見ることができます。

ダニエル太郎さんの父親は
現役引退後はテニスコーチをしていた
そうですが、現在は会計士の仕事に
就いているとの噂があるようです。

 

ダニエル太郎さんには妹さんが
いて「ダニエル可菜」さんといいます。

 

実は妹さんも現役のテニス選手として
活躍をしています。

 

世界ランキングではまだ200位に
入っていないということなので
これから期待していきたいですね。


スポンサードリンク

お読み頂きありがとうございます

記事が役に立ったや面白かったなど 情報をシェアや拡散して頂けると嬉しいです♪ 日々記事更新のカテになります

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ