スポンサードリンク

バカリズムの彼女との結婚は?ヤンキーだった過去?ドラマの脚本で!

バカリズムの彼女との結婚は?

ヤンキーだった過去?

ドラマの脚本で!

bakari_001

バカリズムの彼女との結婚は?

バカリズムさんは現在はピン芸人として活動

をしていますが、実は過去にコンビを組んで
活動していたんですね。

 

その時のコンビ名がバカリズムだったんです。
ピン芸人になった後にもバカリズムを名乗って
活動しているんです。

 

当時一緒にバカリズムとして活動していた
松下敏広さんは2005年11月30日に脱退して
以来は芸能活動をおこなっていないようで
現在は一般人として暮らしているようですね。

 

彼女との結婚は?

バカリズムさんは1975年11月28日生まれなので
2015年に40歳になります。
小柄なのでもっと若い感じに見えますね。

 

そろそろ結婚をしていてもいい年齢なのですが
どうなんでしょうか・・・

 

バカリズムさんといえば、女性が苦手という
くくりでも有名なんですね。

 

最近では菊池亜美さんとの熱愛が噂された
ようですが・・・

 

これに関しては共演して絡みが多いことから
噂されただけのようですね。

 

確かにバカリズムさんが好きなタイプでは
ないような感じがします。

 

自身で公表しているようですが、経験人数は10人
だそうです・・・・

 

以前は同棲していた彼女もいたようですね
バナナマンの日村さんが暴露していたようですが
どうやらすごいヤンキーの彼女だったとか?

 

これに関してもなんだかイメージと違うと
いった感じがしますね。
最近では熱愛の報道もでていないので
彼女がいない可能性が大きいかもしれませんね。

 

バカリズムさんは頭でいろいろ考えるタイプ
の芸人さんなので女性に対しても結構厳しく
目につくことが多いようですね。

 

嫌いないタイプの女性は多いようですし
昔ながらの男性の考え方もまだまだあるよう
なので、3歩さがってついていくような
女性でないと難しいのかもしれませんね。

 

スポンサードリンク

バカリズムのヤンキーだった過去とは?

バカリズムと検索をすると「ヤンキー」という

言葉が目に付きます。

 

え?バカリズムって学生時代にヤンキーだった?
と思ってしまいすよね・・・

 

そこで調べてみました。

 

すると・・・・レンガで殴られた経験が
あると語っていたんです・・・ということは
やはりヤンキーだったのか?・・・

 

しかし、真相はこうだったようです。

 

高校時代にインフルエンザの予防接種を受けるために
ブッチャーというあだ名の友人と市の施設に
いったそうです。

 

そこでブッチャーは何を思ったのか並んでいる列を
無視して割り込みをしたそうなんですね。

 

すると、ガラの悪そうな生徒と乱闘騒ぎに
なったそうです。

 

そこでバカリズムはこちらが悪いから俺が
謝りにいくからと必死に止めたそうです。

 

すると相手からバカリズムさんが殴られて
しまったそうです。

 

そこでバカリズムさんは頭にきてさらなる乱闘
騒ぎに発展・・・お互い羽交い締めにされて
いたんですが自分の羽交い締めがとかれたときに
羽交い締めにされている相手をバーンと殴って
2人で逃げたそうです。

 

その後、相手がブッチャーの連絡先を突き止め
度々連絡がくるようになったそうです。

 

なんでもバカリズムに殴られて逃げられたため
負けた形になっているのが納得がいっていなかった
様子で・・・相手は名前がしれた不良だったので
余計にみせしめをつけたかったようです。

 

そこで、バカリズムはタイマンを張ることを
了承してどっちが勝とうが負けようがこれで
終わりにしてくださいとお願いしたそうです。

 

しかしバカリズムのほうが優勢だったようです。
勝とうとしているときに邪魔がはいったので
一旦喧嘩をやめて再度始めるときに
相手がレンガを持って後頭部から頭を殴って
きたそうで・・・・

 

あまりの痛さにしゃがんでいるバカリズムに
これで終わりにしてやると去っていったそうです。

 

このようなエピソードがあるためにヤンキー?
と思われたようですが違ったようですね。

 

学生時代は野球部で頑張っていたようですから。

 

男性は喧嘩の1度や2度は学生時代に経験して
いるかもしれませんが、1歩間違うと
命を奪うことになりかねませんので怖いですよね。


スポンサードリンク

お読み頂きありがとうございます

記事が役に立ったや面白かったなど 情報をシェアや拡散して頂けると嬉しいです♪ 日々記事更新のカテになります

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ